清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  旧島津公爵邸竣工100年記念企画 > 旧島津公爵邸竣工100年記念フォトコンテスト

旧島津公爵邸竣工100年記念企画

清泉女子大学本館(旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館)は、1915年に竣工、2年後の1917年は内装も完成して落成披露が行われました。清泉女子大学では2015-2017年を本館竣工100年記念と位置づけています。
竣工100年記念企画として、2015年にひき続き2016年は竣工100年記念フォトコンテストを開催します。さらに、落成披露の行われた1917年5月8日からちょうど100年となる記念すべき2017年5月8日には、特別なイベントや企画を予定しています。詳細はこちらのページでご案内いたします。

旧島津公爵邸について

2016年 旧島津公爵邸竣工100年記念フォトコンテスト

テーマ「コンドルの建てた西洋館」

皆様の視点で旧島津公爵邸の歴史と美を表現した作品を募集いたします。

本館と桜

応募について

応募資格

「一般の部」はどなたでも可、「学生の部」は高校生・大学生(応募時点)

応募期間

2016年11月1日(火)~2016年12月9日(金)必着 
※持ち込みの場合は、平日9:00~17:00(要事前連絡)

応募方法

所定の応募票(こちらからダウンロード可)(2.48MB)を、作品に貼付の上ご郵送ください。
※応募1作品ごとに、必ず1枚の応募票を作品の裏に糊またはセロハンテープで貼付ください。

応募サイズ

【一般の部】 
A4または六つ切

【学生(高校生・大学生)の部】
はがきサイズまたはA5

【一般の部・学生の部共通】
①カラーまたは白黒のプリント
②応募は一人何点でも可
③作品はオリジナルで未発表のもの
④人物が写っている場合、肖像権は応募者の責任で承諾を得るようにしてください。
⑤郵送中の破損や紛失等は責任を負いかねます。
⑥応募作品は返却いたしません。
⑦応募作品の使用権は清泉女子大学に帰属し、広報用に使用することがあります。
⑧入賞者は、必ず原版(カメラ:ネガ、メディア等/携帯、スマートフォン:データ等)をご提出ください。

注意事項

・PC、スマートフォンでの大幅な合成によるイメージ加工を禁止します。
・撮影の際は、文化財の保護・維持のため大学の注意・指示にしたがってください。
・応募者の個人情報は、フォトコンテストの運営に関わる事項以外には利用いたしません。

撮影日(特別公開日)

被写体が現在大学の施設として使用されている建物のため、限られた特別公開日の中で撮影してください。
また、授業・会議等の都合により、邸内すべてのお部屋をご覧いただくことはできませんので、ご承知おきください。
≪2016年≫ 
  4月・・・30日(土)※
  5月・・・15日(日)
  6月・・・  5日(日)
11月・・・  6日(日)※  23日(水・祝)
12月・・・  4日(日)


【撮影可能時間】10:00~15:00 
【事前申し込み】 不 要
(ただし、当日守衛所で氏名・住所等の記帳有り

※4/30(土)と11/6(日)はイベントを開催します:写真家土田ヒロミ氏による撮影指導、学生課外活動発表会、㈱リコーによる一眼レフカメラ・レンズ貸出等を予定。

※ご来校の際は、学外者入構確認のため、必ず大学正門脇の門衛所にお立ち寄りいただき、ご記帳ください。
※お車でのご来校はご遠慮ください。
※未就学児のご同伴はお断りしております。
※以前撮影した写真(昨年度の撮影日・懐かしい昔の本館・卒業記念に本館で撮影したものなど)の応募も可能です。
※学生の部(大学生・高校生)に写真部としてご参加の場合は、公開日以外にも対応いたします。顧問の先生や代表者を通してフォトコンテスト係までお問い合わせください。

審査員

【審査委員長】 
土田 ヒロミ 氏(写真家) 福井県生まれ(1939)

◆主な作品
「俗神」(1976)、「ヒロシマ三部作」(1985)、「砂を数える」(1995)、「Aging」(1986〜)、「BERLIN」(2011) 、「フクシマ」(2014)など
◆受賞
「土門拳賞」など
◆作品コレクション先
東京都写真美術館(東京)、ポンピドーセンター(パリ)など

【審査委員】
清泉女子大学学長、清泉女子大学本館建物保存委員会委員長

土田ヒロミ先生

※本学生涯学習講座ラファエラアカデミアでの一日講座も予定しています。
講師:土田ヒロミ氏 「写真表現で自分史は可能か?」(1/21)
ご興味のある方は生涯学習センターへお問い合わせください。

選考方法

審査委員により審査を行い、各賞を選出

入賞発表

2016年12月20日(火)に入賞者全員へ郵送で通知し、清泉女子大学ホームページ内・校内掲示にて発表
2017年1月14日(土)~1月31日(火)に清泉女子大学1号館ロビーにて入賞作品の展示会を行います。

展示会

《昨年の入賞作品展示会》

授賞式

2017年1月14日(土) 清泉女子大学

hyoushoushiki

   《昨年の表彰式》

各賞と賞品

一般の部

≪グランプリ≫ 1作品
デジタル一眼レフカメラ K-70/㈱リコー

≪準グランプリ≫ 4作品
・清泉女子大学学長賞(大島紬ストール(14MB)
・島津宗家記念財団賞(薩摩切子)
・鹿児島県賞(品評会受賞焼酎)
・土田ヒロミ特別賞(写真集、図書券)

≪入選≫ 10作品
清泉女子大学グッズ

K70


学生(高校生・大学生)の部

≪グランプリ≫ 1作品
「RICOH THETA SC」/㈱リコー

≪準グランプリ≫ 4作品
・清泉女子大学学長賞(大島紬ストール(14MB)
・品川区長賞(「しながわみやげ」のセット)
・清泉女子大学泉会賞(ディズニーリゾートペアチケット)
・清泉女子大学麗泉会賞(商品券)

≪入選≫ 10作品
清泉女子大学グッズ

THETA

昨年の入賞作品

昨年の入賞作品(グランプリ・準グランプリ)をご紹介します。

一般の部:応募人数222名、応募作品数1,159点
学生の部:応募人数 26名、応募作品数 179点

一般の部

≪グランプリ≫1作品

photo1

タイトル 『新緑』
澤田 隆 様 

≪準グランプリ≫ 4作品

清泉女子大学学長賞

photo2

『絆』
細川 弘明 様
島津宗家記念財団賞

photo3

『16』
クリストファー・ベイン 様
鹿児島県賞

photo4

『イオニアへ導く光』
高木 一二  様
土田ヒロミ特別賞

photo5

『コンドルの肖像』
廣瀬 裕二  様

学生の部

≪グランプリ≫ 1作品

photo1

『日常』
鈴木 舞夕(清泉女子大学)

≪準グランプリ≫ 4作品

清泉女子大学学長賞

photo2

笠間 あこや(清泉女子大学)
『晩秋の陽光』
清泉女子大学泉会賞

photo3

岩﨑 愛未(清泉女子大学)
『見上げれば』
清泉女子大学麗泉会賞

photo4

西村 明結加(富士見中学高等学校)
『せーの』
聖心侍女修道会賞

photo5

斎藤 奏絵(富士見中学高等学校)
『見守られた空間』

主催/後援・協力

主催

学校法人清泉女子大学

後援・協力

東京都教育委員会、品川区、鹿児島県、島津宗家記念財団、リコーイメージング株式会社、清泉女子大学泉会、清泉女子大学麗泉会

応募宛先/お問合せ

〒141‐8642
東京都品川区東五反田3-16-21
清泉女子大学 学長室フォトコンテスト係


TEL: 03-3447-5551(代)   / MAIL:photo@seisen-u.ac.jp
(受付:平日9:00~17:00)

TOP