清泉女子大学

清泉女子大学で、
一生ものの幸せを
見つけてみませんか。

SCROLL

あなたは大学に入ったら、何を身につけたいですか。
清泉女子大学が目指すのは、
ずっと続く一生ものの幸せ。
これは、このキャンパスで学び、体験したことが、
卒業後もそれぞれの中で生き、歳月とともに成長し、
心の支えとなりながら
理想の自分をつくり上げていくということ。

清泉女子大学は、小さな大学かもしれません。
でも、そのぶん一人ひとりと本気で向き合うことができます。
目に見えない良いところを見つけ、
まっすぐに伸ばすことができます。
清泉女子大学は、生きることも学べる大学。
たくさんの発見と喜びを通して、
人のココロまで育てていきます。

大学選びは、未来の自分を選ぶこと。
生涯の幸せへの道、清泉女子大学からはじめてみませんか。

まっすぐ、生涯の幸せへ。

体験授業情報

前期: 2018年5月14日(月)~  6月29日(金)

あなたを支える3つのポイント大学を選ぶとき、あなたが大切にするのは何ですか?
これからは、「自分に何をしてくれるか」で選ぶ時代。
清泉女子大学は、3つのポイントで生きるチカラを育てます。

1一人ひとりを大切にし、
個々の良さを伸ばす
丁寧な指導を行います。

feature1-001
feature1-02

One to Oneで個を引き出す[少人数教育]

一人ひとりの個性を伸ばす丁寧な指導。これが、清泉女子大学が最も大切にしていること。「あなた」ではなく、名前でコミュニケーションが行われる親密さは、清泉ならではの魅力。キャンパスの主役は、ここで学ぶ一人ひとりの学生です。

その人がいちばん生きる仕事へ[就職支援]

清泉女子大学の就職支援は、1年次から始まります。その人が最もその人らしく生きることのできる就職・進路をめざして、パーソナル・コンサルティングが丁寧に行われます。360度さまざまな角度からのその時々に応じた支援の積み重ねが、毎年の高い内定率を実現させています。

2国内で、海外で。
実践的な学びを通して、
自立する女性を育成します。

feature2-01
feature2-02

フィールドワーク

研究対象の土地を訪れ、現地の生活を体験し、人々とのコミュニケーションを通して、学内では学び得ない知識と経験を身につけることができます。学内にとどまることなく、学外へも飛び出す実践的な学びを通して視野を広げ、より高度な思考力・判断力・表現力・行動力を身につけます。

海外研修

清泉女子大学の学びに国境はありません。「自分の新しい可能性を見つけに海外へ行ってみたい」、清泉の海外研修プログラムが、そんな願いに応えます。さまざまな歴史的背景をもつ他文化に触れることで、「本物」と出会うチャンスを数多く設け、幅広い教養・知識の習得を図ります。

3100年の時を越える本館をはじめ、四季折々の自然、
穏やかに流れる時間は、豊かな感性を育てます。

feature3-01
feature3-02

都心にありながら閑静なロケーション

清泉女子大学は山手線内、品川区のほぼ中心に位置し、JR品川駅・大崎駅・五反田駅、都営地下鉄高輪台駅の4駅から徒歩圏内とアクセスの良さが自慢。品川駅は東海道新幹線も停車するため、新幹線通学も可能。そんな都心にありながら、キャンパスは自然にあふれ、落ち着いた雰囲気の中で学べます。

feature3-03
feature3-04

本物の文化に触れるという贅沢

清泉女子大学のシンボルである本館。イギリス人建築家ジョサイア・コンドルにより設計された洋館で、東京都指定有形文化財にもなっています。歴史的価値のあるこの建物は、現在も学生たちの学びの場として使われ、本物の文化に触れる貴重な機会を提供しています。

文学部5学科の学び清泉女子大学は、個性あふれる学びを実践。
あなたが思っている文学部を超えているかもしれません。

学生インタビュー清泉女子大学の学び、
それがどのような価値を生みだすのか。
実際にインタビューしてみました。
※インタビュー内容・学年は取材当時のものです。

スペイン語スペイン文学科
4年 小川磨衣亜さん

スペイン語スペイン文学科 小川さん

英語英文学科
4年 高橋奈津美さん

英語英文学科 高橋さん

地球市民学科
4年 後藤理紗子さん

地球市民学科 後藤さん

文化史学科
4年 岩田有香子さん

文化史学科 岩田さん

日本語日本文学科
4年 岩渕真優さん

日本語日本文学科 岩渕さん

スペイン語スペイン文学科
4年 齊藤友理さん(2017年度)

スペイン語スペイン文学科 4年 齊藤友理さん

英語英文学科
4年 白倉ゆかりさん(2017年度)

英語英文学科 4年 白倉ゆかりさん

地球市民学科
4年 山田幸奈さん(2017年度)

地球市民学科 4年 山田幸奈さん

文化史学科
4年 宮川早織さん(2017年度)

文化史学科 4年 宮川早織さん

日本語日本文学科
4年 川邊泰葉さん(2017年度)

日本語日本文学科 4年 川邊泰葉さん
スペイン語スペイン文学科 小川さん

スペイン語スペイン文学科

4年 小川磨衣亜さん

スペイン語スペイン文学科に興味を持ったきっかけは

語学に興味があり、特にスペイン語は、公用語として中国語や英語の次に多くの国々で使用されているので、興味を持ちました。また、スペイン人建築家アントニオ・ガウディの作品に興味があり、彼の故郷の言語を学びたいと思いました。

進学先として、清泉女子大学を選んだ理由は

入学者のほとんどがスペイン語を初めて学ぶので、ゼロからスタートして安心して学ぶことが可能だからです。また、清泉の授業は少人数制教育を中心としているので、豊かなコミュニケーション能力を育むことができると思いました。

スペイン語スペイン文学科の魅力は

スペイン語弁論大会や西文フィエスタ、スペイン研修旅行、HABLEMOSなど、豊富なイベントが魅力的です。

大学の授業で印象に残っている授業は

2年次の夏に、スペイン研修旅行に参加しました。現地でのクラスのメンバーは多国籍で、年齢も20代から70代までと幅広い人が在籍していました。わからないことがあると、皆でヒントを出したり、お互いに助け合ったりしながら、楽しい時間を送ることができました。初めての土地で学んだ経験は、一生忘れることのできない思い出です。

卒業論文のテーマは

音声学を学んでいるので、”r”, “rr”, “l”の発音について研究しようと考えています。スペイン研修旅行に参加した際、先生から”r”, “rr”, “l”の発音を注意されている学生が多かった印象を受けたので、研究してみたいと思いました。
英語英文学科 高橋さん

英語英文学科

4年 高橋奈津美さん

英語英文学科に興味を持ったきっかけは

清泉の公開講座に参加したとき、シェイクスピアの『マクベス』を知ったのがきっかけです。シェイクスピアの作品のおもしろさがわかり、もっとシェイクスピアやその他英文学作品について勉強してみたいと思いました。

進学先として、清泉女子大学を選んだ理由は

公開講座で『マクベス』の授業をしてくださった先生の授業をもっと受けてみたいと思ったのと、清泉の落ち着いた雰囲気に惹かれて選びました。

英語英文学科の魅力は

英文を書いたり読んだりする能力はもちろん、英語でプレゼンテーションをする力など様々なスキルを伸ばすチャンスがあることだと思います。また、英語で劇を上演する授業では、会話をするときの表現を使いながら覚えられるのも魅力の一つだと思います。

大学の授業で印象に残っている授業は

1年生の時の「Performance Workshop」です。授業では自分たちで劇の台詞を考えたり、演出や衣装を考えたりすることで、自分たちのやりたいことをどのように観客に伝えるか、また伝えるためには、どのように台詞をつないでいけば良いかなど、高校の英語の授業とは違う形で英語を学ぶことができます。

卒業論文のテーマは

コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズが大好きなので、それに関連したことを書く予定です。
地球市民学科 後藤さん

地球市民学科

4年 後藤理紗子さん

地球市民学科に興味を持ったきっかけは

中学3年生の時、スタディーツアーに参加したことがきっかけで、国際協力に興味を持つようになりました。実際に現地に行き貧困という問題が見えた一方、困難な状況の中でも伝統を大切にしながら生活し、明るく笑顔が素敵な人たちに心を動かされました。

進学先として、清泉女子大学を選んだ理由は

大規模大学ではないので、のびのびと学生生活を送れそうだと思ったことと、他の大学にはない学科というのも魅力に思いました。また、授業で知識を得るだけでなく、フィールドワークの場で生かせるという点に惹かれました。

地球市民学科の魅力は

地球市民学科にはフィールドワークがあり、講義での学びに加え、問題解決のために実際に行動を起こすことができるので、より深く実践的な学びができると思います。さらに自学科専門科目では文化や政治、法律、環境など幅広い分野について深く学ぶことができます。

大学の授業で印象に残っている授業は

2年次の「フィールドワーク」です。アメリカのワシントン州へ行き、先住民の方の文化や生活について学びました。人の温かみや自然の美しさも実感することができた一方で、先住民の方が抱えている問題について考えることもできました。実際に現地へ行き、様々な人と話し、同じ時間を共有したからこそ分かることもたくさんあると知りました。

卒業論文のテーマは

テーマはカルトについてです。カルトによる被害の大きさや深刻さをテレビや本などで知り、カルトによる被害を減らす方法を見つけたいと思っています。
文化史学科 岩田さん

文化史学科

4年 岩田 有香子さん

文化史学科に興味を持ったきっかけは

中学生の時にフィリピンのミンダナオ島に行き、諸宗教、平和や共生について関心を持ち、高校生の時の授業で、20世紀21世紀の中国について興味を持ちました。そのため、現在は、中国や東アジアの宗教と平和、宗教と国家について学んでいます。

進学先として、清泉女子大学を選んだ理由は

進路の先生に勧められ、幅広く学べること、宗教学があることや、素敵な旧島津公爵邸で、4年間学べたら幸せだなと思い、受験しました。

文化史学科の魅力は

中国史などの歴史学、宗教学、美術、哲学や聖書学などを一通り学んでみたい方、また各分野について専門的に学びたい方にも、とても楽しい学科だと思います。学べる分野が幅広いので、様々な視点から一つの問題を考察できるのも魅力の一つだと思います。

大学の授業で印象に残っている授業は

「文化史入門演習(歴史・東洋史)」です。一年を通して、文化大革命前後の中国のお笑いや伝統文化、チベット民族のアイデンティティであるチベット仏教について学びました。チベット仏教の思想は、とても奥深く、難しかったのですが、今後も東アジアの宗教について、より学びを深めていきたいと思うきっかけとなった授業です。

卒業論文のテーマは

明確には決まっていませんが、20世紀21世紀の具体的事例を通して、東アジアの平和と宗教、国家と宗教について、学んでいきたいです。

日本語日本文学科 岩渕さん

日本語日本文学科

4年 岩渕真優さん

日本語日本文学科に興味を持ったきっかけは

読書が趣味で、特に日本文学を読むことが好きでした。日本文学の奥深さについて学んでみたいと思うようになりました。

進学先として、清泉女子大学を選んだ理由は

典文学、近代文学、日本語学の全ての分野を様々な観点から学ぶことができるからです。また、授業では少人数教育を中心としているため、先生方との距離が近く、丁寧な指導のもとで、より学びを深めることができると感じたからです。友人たちともコミュニケーションがとりやすいので、お互い分からない点を教え合うことや、意見交換をすることもできます。

日本語日本文学科の魅力は

日本文学について様々な観点から正確な知識を身につけることで、自らの考えをしっかりと持ち、表現することへの自信をつけることができます。また、自信を持って自らの意見を積極的に主張する力を育むことで、これからグローバル化していく社会へ柔軟に対応していくことができるようになると思います。

大学の授業で印象に残っている授業は

「くずし字解読基礎演習」です。古典を読むうえで必要となるくずし字を、必修科目として学べます。くずし字を学べる機会は少ないので、非常に貴重な経験ができました。最初は全く読むことがでませんでしたが、最終的には積極的に読み進めていきたくなるほど、読めるようになりました。

卒業論文のテーマは

普段何気なく接している自分の身近な日本語の変化について研究していきたいと考えています。
スペイン語スペイン文学科 4年 齊藤友理さん

スペイン語スペイン文学科

ico-flower
4年 齊藤友理さん

スペイン語スペイン文学科に興味を持ったきっかけは

もともと外国語学習に興味があって、大学では外国語を学びたいと思っていたときに、スペインにはスペイン語だけではなく、カタルーニャ語やバスク語などが存在すると知って、非常に興味を引かれ、勉強したい!と思ったことが大きなきっかけです。

進学先として、清泉女子大学を選んだ理由は

ほとんどが少人数の授業で、しっかりと学べる環境があることに魅力を感じました。語学以外にも、スペインやスペイン語の歴史、スペイン美術などを学ぶことができるので、幅広い知識を得ることができるのも選択した理由のひとつです。

スペイン語スペイン文学科の魅力は

少人数での授業のおかげで、先生方との距離がとても近く、こちらがわかるまで丁寧に指導してくださいます。授業教室の中はもちろん、授業外でも気軽にお話しできるくらい、先生方との間に信頼関係を築くことができます。

大学の授業で印象に残っている授業は

スペイン語の必修の授業です。1,2年次には、文法・読解・会話・作文の授業が6コマずつあり、本当に勉強が大変でした。しかし、勉強していくにつれて、しっかりとスペイン語が身についていると感じられる瞬間が何度もあり、「スペイン語の勉強は大変だけど、楽しい!」と、やりがいを感じて頑張ることができました。

卒業論文のテーマは

スペイン語の文法、特に時制や前置詞に興味があるので、スペイン語特有の時制「線過去」と「点過去」についてや、前置詞の使い分けなどについて、研究したいと考えています。
英語英文学科 4年 白倉ゆかりさん

英語英文学科

ico-flower
4年 白倉ゆかりさん

英語英文学科に興味を持ったきっかけは

高校時代に、オードリー・ヘップバーンの伝記を原書で読み、ユニセフ親善大使としての活動に感銘を受けました。将来、日本だけでなく、世界の国々の実情を知るためには英語を学ぶ必要があると考え、英語英文学科に興味を持ちました。

進学先として、清泉女子大学を選んだ理由は

オープンキャンパスに参加し、落ち着いた雰囲気と、案内してくれた学生の親切な様子に感動し、進学を希望しました。歴史ある本館や、資料・設備ともに充実している図書館、キャリア教育の手厚さや就職の際のきめ細かいサポートにも魅力を感じました。

英語英文学科の魅力は

英米文学や英語圏の文化、英語学だけではなく、異文化間コミュニケーションや英語教育学など、幅広い分野を学べることが魅力です。英語で演劇をする授業もあります。先生方は気さくな方ばかりで、どの授業も明るく、アットホームで、日々楽しく学ぶことができます。

大学の授業で印象に残っている授業は

「児童文学基礎演習」です。演習の授業では、自分で調べ、資料を作成し、発表します。私は、4人のグループでRoald Dahl(ロアルド・ダール)の”Revolting Rhymes”(『へそまがり昔話』)について発表しました。英語で書かれた絵本を子どもに読み聞かせるように感情をこめて抑揚をつけたりして読むのがとても楽しかったです。

卒業論文のテーマは

小さな頃から本を読むのが好きで、特に英米の児童文学に興味があるので、児童文学のゼミに入り、Philippa Pearce(フィリパ・ピアス)、”Tom's Midnight Garden”(『トムは真夜中の庭で』)について研究する予定です。
地球市民学科 4年 山田幸奈さん

地球市民学科

ico-flower
4年 山田幸奈さん

地球市民学科に興味を持ったきっかけは

大学では、英語力を身につけ、さらに英語を使い、プラスアルファで何かを学びたいと考えていました。地球市民学科では、英語に加えて現代社会の諸問題や異文化間コミュニケーションについて学ぶことができ、さらにフィールドワークでは実際に現地に赴いて学ぶことができる点に魅力を感じました。

地球市民学科の魅力は

ただ先生のはなしを聞くだけの講義形式の授業が少ないのが魅力です。自分の意見を述べたり、グループで話し合って共有したり、発表したりする授業がほとんどで、主体的に授業に参加する必要があります。また、大学生活の相談や授業の内容について悩んだときには、自分からアプローチをしていけば、先生方がいつも温かく迎え入れてくれ、真剣に考えて、アドバイスをしてくれます。そのアドバイスを胸に、次の行動への一歩を踏み出すことができる環境も魅力だと感じています。

大学の授業で印象に残っている授業は

何と言っても「フィールドワーク」です。昨年、アフリカのマラウイ共和国へのフィールドワークに参加しました。授業での学びだけではなく、事前準備から報告書を作成するまでの過程で、チームワークや責任感なども培うことができました。授業以外でも積極的にミーティングを行い、皆で夜遅くまで検討したり、作業を行ったりと苦労も多かったのですが、メンバー全員で支え合って、乗り越えることができました。現地ではホームステイも体験し、生活環境が極端に異なる国で、現地の生活がどれほど困難かを痛感しました。それでもホームステイ先の家族はいつも笑顔で接してくれて、心を通わせることができた経験は大きな喜びとして心に刻まれています。

卒業論文のテーマは

食の安全、特に食品偽装について、英語で執筆したいと考えています。私たち自身が「地球市民」として主体的に行動し、自分たちで食の安全を守っていくためにはどうすればよいのかを、これまでに学んだ調査の手法や論理を活用して、私らしいオリジナルの論文に仕上げたいと張り切っています。

文化史学科 4年 宮川早織さん

文化史学科

ico-flower
4年 宮川早織さん

文化史学科に興味を持ったきっかけは

妹が哲学に興味があって、その影響を受けているうちに、気がついたら私の方がはまってしまったというのがきっかけです。

進学先として、清泉女子大学を選んだ理由は

オープンキャンパスに参加した際に、本館(旧島津公爵邸)と奥庭のつつじの美しさに魅了され、「大学生になったらこの奥庭を眺めながら授業を受けたい!」と思い、入学を希望しました。

文化史学科の魅力は

歴史、美術、宗教、哲学と様々な分野を学ぶことができるのが、文化史学科の最大の特徴です。1,2年次に各分野の基礎を学び、自分がどの分野に最も関心があるかを考えた上で3年次以降の専攻を決定、深く研究できるのも魅力です。

大学の授業で印象に残っている授業は

「文化史学序説」と「基礎演習」です。この2つの授業で、文化史学科の専任教員全員の講義を受けることができます。先生方の顔とお名前が一致し、研究内容を詳しく知ることができるので、自分が学びたい分野を考えるのに役立ちます。また、グループや個人での発表もあるので、友人が沢山できるのも嬉しいことの一つです。

卒業論文のテーマは

哲学のゼミに所属しています。詳しいテーマはまだ決めていませんが、「平等とはなにか」について考えていく予定です。
日本語日本文学科 4年 川邊泰葉さん

日本語日本文学科

4年 川邊泰葉さん

日本語日本文学科に興味を持ったきっかけは

高校時代に本居宣長の文章を朗読したのがきっかけです。桜を美しいと思う日本人の心は、今も昔も変わらない。古典を学ぶことで、時を越えて昔の人々と気持ちを共有することができると知って、もっと古典を学びたいと思うようになりました。

進学先として、清泉女子大学を選んだ理由は

大学の雰囲気が落ち着いていて、少人数で授業が受けられるため、勉学に集中できる環境だと思ったからです。

日本語日本文学科の魅力は

1、2年次に、古典文学、近代文学、日本語学の基礎を学べる点です。大学に入ってから初めて学んだ内容を面白く感じたり、もっと学びたいと思える分野を発見することができます。私も入学当初は古典文学を専攻するつもりでしたが、授業を受けて日本語学の面白さに目覚め、現在は日本語学を専攻しています。

大学の授業で印象に残っている授業は

「日本古典文学入門・基礎」です。上代・中古・中世・近代の文学の基礎を学びます。高校までとは違い、文学を学問として扱うということはどういうことなのかがわかりました。また、江戸文学の面白さをこの講義で学びました。

卒業論文のテーマは

将来、国語科の教員になりたいと考えているので、生徒に国語を教える際、どのように指導したらよいのかということを研究したいと考えています。たとえば、敬語表現の中には、丁寧語、尊敬語、謙譲語の3つでは分類や説明が難しい言葉があります。そのような敬語をどのように指導すればわかりやすく教えることができるのか、というようなことを調べていくつもりです。

卒業生インタビュー清泉女子大学で学び、
現在どのような活躍をしているのか。
実際にインタビューしてみました。

2008年 スペイン語スペイン文学科 卒業
永渕三惠さん

スペイン語スペイン文学科卒業生 永渕さん

2017年 英語英文学科 卒業
前田日和さん

英語英文学科卒業 前田さん

2013年 地球市民学科 卒業
亀山あや子さん

地球市民学科卒業 亀山さん

2012年 地球市民学科 卒業
橋本絵梨子さん

地球市民学科卒業 橋本さん

2015年 文化史学科 卒業
瀬尾彩加さん

文化史学科卒業 瀬尾さん

2000年 日本語日本文学科 卒業
北方早穂子さん

日本語日本文学科 北方さん
スペイン語スペイン文学科卒業生 永渕さん

スペイン語スペイン文学科

ico-flower
2008年卒業 永渕三惠さん
勤務先 [JICA 青年海外協力隊]
(2017年インタビュー)

現在のお仕事の内容について

ドミニカ共和国の首都にある国立総合大学であるサントドミンゴ自治大学で、週2日の日本語のクラスを受け持っています。

清泉女子大学で学んだ4年間がお仕事や生活など、人生で活かされていると感じることはどんなことですか

スペイン語を勉強したことや日本語教員課程で学んだことなど、今、仕事をするうえで大切なことは全て大学で身につけたことばかりです。

清泉女子大学の良いところは

清泉女子大学は、卒業してからも、先生だけでなく職員の方々も喜んで迎えてくださる温かい場所です。世の中にはたくさんの大学がありますが、「帰りたい」と思える大学は多くはないと私は思っています。

スペイン語スペイン文学科 卒業生の声

英語英文学科卒業 前田さん

英語英文学科

ico-flower
2017年卒業 前田日和さん
勤務先 [JALスカイ札幌 千歳旅客部]
(2017年インタビュー)

現在のお仕事の内容について

現在はパイロット訓練生として地上業務実習先の新千歳空港で、グランドスタッフとして経験を重ねています。

清泉女子大学で学んだ4年間がお仕事や生活など、人生で活かされていると感じることはどんなことですか

「伝える英語」を4年間で学びました。清泉では英語劇の上演、英語でプレゼンテーションを行うイベント、performance skillsといった相手を意識した英語を扱う授業が多くあります。それらを通して自然に「伝える」ことを意識した英語が身に付きました。

清泉女子大学の良いところは

挑戦できる環境が清泉にはあります。初めから誰も止めたりはしません。自分の意志さえあれば、親身に相談に乗ってくれる先生、職員の方がいらっしゃいますし、学校全体で応援してくれます。

英語英文学科 卒業生の声

地球市民学科卒業 亀山さん

地球市民学科

ico-flower
2013年卒業 亀山あや子さん
勤務先  [NEC Asia Pacific Pte. Ltd. (Singapore)]
(2017年インタビュー)

現在のお仕事の内容について

社長秘書として働いています。

清泉女子大学で学んだ4年間がお仕事や生活など、人生で活かされていると感じることはどんなことですか

机を「コ」の字にして学生同士が向かい合って行う授業を多く経験しました。その中で私は、話し合いを円滑に進めるために必要なスキル、プレゼンテーションやネゴシエーションで必要となってくるスキルなどを多く学びました。

清泉女子大学の良いところは

私は在学中に時折、卒業生が先生方に会いにいらしているのを目にしました。その時は何故、先輩方がまた大学にいらしているのか理解できませんでした。しかし、私も卒業後、先生方や同期・後輩とも連絡を取り合っていて、一時帰国中に時間を作り大学に寄る事もあるのです。在学中に大学に通うのが楽しいのはもちろん、卒業後も足を運びたくなるアットホームさが清泉女子大学の魅力であると思います。

地球市民学科 卒業生の声

地球市民学科卒業 橋本さん

地球市民学科

ico-flower
2012年卒業 橋本絵梨子さん
勤務先  [SMBC信託銀行]
(2017年インタビュー)

現在のお仕事の内容について

現在は銀行の窓口にいらしたお客様に応対する「テラー」として働いています。私が働く支店は土地柄か、来店される方の約半数が外国人のお客様です。そのため、接客時は英語を使用する機会が多く、好きな英語を活かすことができ、とてもやりがいを感じています。

清泉女子大学で学んだ4年間がお仕事や生活など、人生で活かされていると感じることはどんなことですか

地球市民学科ではディスカッションをする授業が多く、他人と意見を交換し、共有することの大切さを学びました。仕事に関しても、言われたことをこなすだけではなく、自分で考え、積極的に意見を出し、周りと話し合うことの重要さを感じています。

清泉女子大学の良いところは

先生と学生の距離が近く、アットホームな雰囲気があります。また、都会にありながら自然に囲まれた落ち着いた環境で勉強できることも魅力の一つです。

地球市民学科 卒業生の声

文化史学科卒業 瀬尾さん

文化史学科

ico-flower
2015年卒業 瀬尾彩加さん
勤務先 [株式会社MORITA]
(2017年インタビュー)

現在のお仕事の内容について

「仏像コンシェルジュ」という肩書きで仕事をしています。仏像の資料収集やコンテンツの製作、SNSの更新、接客など幅広く仕事をしています。

清泉女子大学で学んだ4年間がお仕事や生活など、人生で活かされていると感じることはどんなことですか

日本美術史のゼミナールで仏像を専攻したことが今の仕事に役立っています。たとえば、仏像に関する資料収集の仕方を知っているおかげで、仕事に必要な資料をスムーズに探すことができています。

清泉女子大学の良いところは

都心ですが、自然に囲まれた落ち着いた校舎。学校内ですれ違うと友人はもちろん先生や来訪者の方とも挨拶を交わすのが当たり前でした。教職員の方も学生をしっかりと見てくださり、いつも親身になって相談に乗ってくださいました。

文化史学科 卒業生の声

日本語日本文学科 北方さん

日本語日本文学科

2000年卒業 北方早穂子さん
勤務先 [集英社]
(2017年インタビュー)

現在のお仕事の内容について

「ココハナ」の副編集長として働いています。仕事内容としては、担当作家との打ち合わせ、入稿校了作業、単行本作成、企画本作成等です。

清泉女子大学で学んだ4年間がお仕事や生活など、人生で活かされていると感じることはどんなことですか

少人数制のゼミナールだったので、自分の意見を述べることは当たり前でした。またいろいろな分野に興味を持っていたゼミナール仲間とのディスカッションの中で、自分の意見に固執することなく、多様性を受け入れ、柔軟に考え方を変えることも学びました。今も役立っているこれらは大学時代に得たことだと思います。

清泉女子大学の良いところは

自分の得意分野、これなら誰にも負けないということを作っておくと、それがそのまま「個性」につながり、仕事をするうえでも自分の軸になり芯になると思います。そんな『自分』を作る場所を与えてくれる大学だと思っています。

日本語日本文学科 卒業生の声

卒業後の進路は?

2017年度卒 就職状況(2018年3月31日現在)

99.0%

2017年度卒 主な就職先

三井住友銀行/東京海上日動火災保険/スウェーデンハウス/日本航空/東日本旅客鉄道/Francfranc
/三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行/日本郵便/みずほフィナンシャルグループ/日本住宅ローン/全国銀行協会/AIU損害保険/野村證券/全日本空輸/JALスカイ/ANAエアポートサービス/オリエンタルランド/星野リゾート/プリンスホテル/JTBビジネスイノベータ―ズ/ソフトバンク/資生堂ジャパン/三菱食品/久光製薬/竹中工務店/双葉鉄道工業/スターツ出版/日本オーチス・エレベータ/スタジオアリス/ロフト/イッセイミヤケ/オンワード樫山/オリックス・リビング/ベネッセスタイルケア/日本保育サービス/大塚商会/有隣堂/東京都弁護士共同組合/教員・公務員など

まずは清泉女子大学に行ってみよう

清泉女子大学を受験する前に
知っておくべきこと