清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  大学案内 >  情報の公開 >  教育情報の公表 > 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

文学部3つのポリシー

文学部の教育研究上の目的

本学の建学の精神である「キリスト教ヒューマニズム」に基づき、教育目標である「まことの知・まことの愛」を具現するために、人格的な触れ合いを通して、豊かな教養と専門領域の学芸を教授し、思考力、判断力、表現力、行動力を身に付けさせる。人間の尊厳や文化の多様性を深く理解し、広い人間愛の立場から自律的に社会貢献し、国際的に活躍できる女性の養成を目的とする。

文学部・学科 ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

【文学部ディプロマ・ポリシー】

清泉女子大学文学部は、本学に所定の年限在籍し所定の単位を修得し、次のような知識、技能、態度、資質を備えた学生に対して卒業を認め、学士の学位を授与する。
  (1) 豊かな教養と専門領域の学芸を修得している。
  (2) 建学の精神であるキリスト教ヒューマニズムを理解し、他者を思いやる人間性を持ち、奉仕的精神を持って行動できる。
  (3) 複雑な事象を前にしても、問題の根源にさかのぼって論理的に思考を重ね、解決を目指すことができる。
  (4) 言語等によるコミュニケーションの能力を備え、多様な立場や考え方が交錯する中でも対話を続ける姿勢を保つことができる。
  (5) 文化の多様性を理解し、個々の文化の個性を尊重し、国際社会の中で活躍するための基本的な資質を備えている。
  (6) 常に学ぶ態度を忘れず、知識を広め教養を深めて、自分を豊かにしていくことができる。

●日本語日本文学科ディプロマ・ポリシー

  (1) 日本語学・日本古典文学・日本近代文学の三分野において豊かな教養と深い専門的知識を修得している。
  (2) 日本語及び日本文学の知見に立って、論理的な思考力と優れた表現力を備えている。
  (3) 国際貢献の土台となる、自国の文化への深い理解を持っている。

●英語英文学科ディプロマ・ポリシー

  (1) 英語運用技能(読む、書く、話す、聴く)を修得している。
  (2) 英語学と英米文学を中心とした英語で書かれた文学における専門的知識を持っている。
  (3) 広い視野と深い教養を持っている。
  (4) 多様な文化への理解がある。
  (5) 国際社会に貢献できる。

●スペイン語スペイン文学科ディプロマ・ポリシー

  (1) スペイン語の基本技能(読む、書く、話す、聴く)を修得している。
  (2) スペイン語で書かれた文学を学修している。
  (3) 広い視野と深い教養を持っている。
  (4) 多様な文化への理解がある。
  (5) 国際社会に貢献できる。

●文化史学科ディプロマ・ポリシー

  (1) 歴史・美術史・思想史・宗教史の四つの専門分野ならびに関連分野を学修し、いずれかの分野の専門的能力を備えている。
  (2) 先入観や偏見にとらわれることなく、広い視野から専門分野にかかわる諸問題に取り組み、批判的・自律的に考えることができる。
  (3) 異文化や他者を理解し、よりよい世界の構築に寄与しようという意識をもって思索を重ねることができる。

●地球市民学科ディプロマ・ポリシー

  (1) 主体性・責任感・協調性を修得している。
  (2) 判断・批判・対話・創造・実践の各能力を修得している。
  (3) 地球社会の諸問題を国家や民族の枠組みを超えて、人類の共生という視点を理解し、解決していくことができる。
  (4) 英語等外国語運用能力を修得している。

文学部・学科 カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

【文学部カリキュラム・ポリシー】

 本学のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成する。
  (1) 本学での学びの基礎と人格形成の基盤を築くために、学科の枠を越えて、必修科目として共通基礎科目群を置く。ここには、建学の精神を学ぶ科目、心身の健康を学ぶ科目、英語等の外国語を学ぶ科目、情報科学の基礎を学ぶ科目がある。この科目群は、本学が推進する初年次教育の核となる。
  (2) 学科の枠を越えて知的素養を培うために共通教養科目を置く。建学の精神につながるキリスト教関連科目、幅広い教養を身につける科目、多様な文化や社会のあり方を学ぶ科目、社会人としての基礎力の育成をはかるキャリア形成支援科目などからなる。
  (3) 各学科の専門領域を学び、専門の知識・技能を高め広い知見を獲得するために、学科専門科目を置く。
  (4) 所属学科以外の専門分野を学ぶことができるよう、他学科に専門科目を開放する。また、副専攻制度、資格取得のための諸課程を設置する。
  (5) 留学やフィールドワーク、学外研修、インターンシップ等、学外での体験・実践を通じて能動的、主体的に学ぶ機会を設ける。
  (6) すべての科目に関して、学生の能動的な学修を促進するように、授業方法やクラス編成法に配慮する。
  (7) すべての科目に関して、学生が段階的に計画性を持って学修できるように、履修順序、内容レベル、時間割編成に配慮する。
  (8) すべての科目に関して、学生の学修が適切に進むように、各科目の到達目標に照らして学生の知識、技能、能力等を形成的・総括的に評価する。
  (9) 学生会活動やボランティア活動等のカリキュラム外の活動を、体験・実践を通じて学ぶ機会と位置づけ、カリキュラムとの関連に配慮する。

●日本語日本文学科カリキュラム・ポリシー

 日本語日本文学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の指針に基づいてカリキュラムを編成する。
  (1) 学生が主体的に調査・考察・発表を行い、学生同士で対話・討論を行う演習科目と、教員の講義によって専門知識や技能を修得する講義科目を置き、学生はその両方を履修する。
  (2) 日本語と日本文学に関する基礎的な知識と研究方法を修得するための必修科目と、学生自身の興味や関心に応じて選択できる選択科目を置き、学生はその両方を履修する。
  (3) 1年次・2年次においては、日本語学・日本古典文学・日本近代文学の全分野にわたって基本的な専門知識を修得するための科目を置く。なかでも、我が国を代表する古典である「源氏物語」を重視する。くずし字の読解を訓練しつつ、古典文学作品を原文で理解できるようにする。また、課外授業として劇場に赴き、歌舞伎、文楽、能、狂言などを鑑賞する。
  (4) 3年次においては、各自の興味関心に従い、三分野のいずれかに重点を置き、演習科目を核として、学生が主体的に学修できるようにする。
  (5) 4年次においては、4年間の学修の総仕上げとして、「卒業論文」を必修とする。卒業論文の作成を通じ、専門的能力と汎用的能力のさらなる育成を図る。
  (6) 高校での漢文・古文読解・文法に関する勉学を補う科目や、教養としての日本語日本文学を修得する科目を置き、専門知識修得の土台となる基礎的知識の充実を図る。
  (7) 文学館・博物館等の見学、漢字検定・日本語検定の受検、文学散歩など、学外での学修をカリキュラムに取り込み、学生が多様な体験を積むことができるようにする。
  (8) 世界言語の中の日本語、世界文学の中の日本文学という新たな認識に立って、グローバルに研究・考察が進められるような科目を設置する。
  (9) カリキュラム外においては、日本語日本文学会という学生組織を中心とした、学生の主体的活動も学修の一部と位置づける。学外の研究者を招いた講演会・シンポジウムの開催、学会誌の刊行、留学生のバディとしての活動などを通じ、学生の日本語日本文学に対する興味関心を一層深めさせると同時に、種々の事柄に対する実践的な運営能力の育成を図る。

●英語英文学科カリキュラム・ポリシー

 英語英文学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の指針に基づいてカリキュラムを編成する。
  (1) 学生が主体的におこなう調査・考察や発表・討論を主とする演習科目と、専門知識・技能の修得を主とする講義科目を置き、学生はその両方を修得する。
  (2) 専門分野の基礎や必要な研究方法などを修得するための必修科目と、学生自身の興味・関心に応じて、一分野を集中的にも幅広い分野を横断的にも柔軟に選んで学ぶことができる選択科目を置き、学生は合わせて所定の単位を修得する。
  (3) 英語基本技能の修得のための必修科目を1、2年次に置き、大学における研究や卒業後の活動において必要とされる英語コミュニケーション力が修得できるようにする。この際、少人数制のレベル別クラス編成を行い、各人の能力に適した英語学修を可能にする。
  (4) アクティブ・ラーニング、問題解決型学習を導入し、英語技能の必修科目はすべて発表やコンテストなどと連動し、学生が目標を持って学修に取り組むと同時に、授業に加えてさまざまなプログラムに沿って自学を深める機会や、英語での実践的表現力を磨く機会、また、集団での間題発見・解決力を涵養する機会を設ける。
  (5) 卒業論文または卒業レポートの作成を通じて、専門的能力と汎用的能力のさらなる育成を図る。
  (6) 希望に応じて海外における語学研修に参加できるようこれらをカリキュラムに取り入れる。

●スペイン語スペイン文学科カリキュラム・ポリシー

 スペイン語スペイン文学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の指針に基づいてカリキュラムを編成する。
  (1) スペイン語の基礎的・実践的技能の修得を目指す語学科目、専門的知識・技能の修得を主とする講義科目、学生の主体的な調査・考察・発表と学生同士の対話・討論を主とする演習科目から成り、学生はそれら三種の科目をいずれも修得する。
  (2) 基礎的な専門の素養や必要な研究方法などを修得するための必修科目と、学生自身の興味・関心に応じて選択履修できる選択科目から成り、学生はそれらを合わせて所定の単位を修得する。
  (3) 1、2年次においては、スペイン語の基本的な文法事項を修得し、「話す、聞く、読む、書く」という四技能の基礎的運用能力を身につける。また、スペイン語圏の文学・文化を学ぶ上で必要となる知譏を修得する。
  (4) 3、4年次においては、より高度で実践的なスペイン語能力を磨きながら、原則として学科専任教員が担当するゼミナールに所属し、スペイン語学・スペイン語圏文学・スペイン語圏文化の三分野のいずれかにおける専門的知識および研究方法を学ぶ。
  (5) 自由選択制をとる卒業論文では、専門分野における学習内容を、教員による個別指導のもとに、特定の主題について学術的に掘り下げることができる。
  (6) 学内での授業以外に、一年ないし半年の長期留学、世界遺産等の見学を含む学科主催のスペイン研修旅行、スペイン語検定試験(西検・DELE)の受検など、学外での学修をカリキュラムに取り込む。
  (7) 上記以外にも、スペイン語弁論大会、スペイン語劇、その他学科主催イベントなどの自主的活動を通じて、学生が多様な体験を積むことができるように図る。

●文化史学科カリキュラム・ポリシー

 文化史学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、以下の指針に基づいてカリキュラムを編成する。
  (1) 専門的能力の育成のために、まず、1~3年次の必修科目および選択必修科目として、演習科目・講義科目・文献講読科目を設ける。前二者においては、本学科で学びうる各学問分野について、学生がそれぞれの特徴や研究方法、基礎的知識を理解することを目的とし、後者では漢文と英文の文献や史料読解能力の育成が目指される。そのうえで、4年次の必修科目として、「卒業論文」と「研究法演習」を設け、4年間の専門的学習の総仕上げとしての機能を担わせる。
  (2) 批判的・自律的な思考、広い視野からの考察、独自の洞察力を育成するために、歴史・美術史・思想史・宗教史の四つの専門分野に関わり、かつヨーロッパ・アジア・日本の諸地域にわたる科目を設ける。また、演習科目と講義科目を科目編成の柱とし、前者においては調査・読解・思索・発表・質疑応答・レポート作成等を通じた主体的な学習を狙いとし、後者においては知識や思考法の体系的な修得に力点を置く。
  (3) 異文化や他者の理解力を育成するために、ヨーロッパやアジアの現地でその歴史・文化・風土・生活を実体験し、異文化についての理解と思索を深めることができる科目として、「文化史学特別演習」を設ける。
  (4) 授業方法としては、プロジェクターなどのメディア機器を通じた視覚教材の活用、博物館・美術館の見学や寺社・教会その他の歴史遺産の探訪などの学外での実地学修などを重視する。
  (5) 評価方法としては、授業内で触れられた主題の理解や解釈、それを応用した独自の分析などによって、成績評価を行う。具体的には、テスト・レポート・参加態度等によって授業内容の理解度を測る。

●地球市民学科カリキュラム・ポリシー

 地球市民学科のディプロマ・ポリシーを達成するために、グローバル社会系(GLSH)、グローバル・コミュニケーション系(GLGC)、
フィールドワーク(GLFW)の3つの学習領域を設定し、以下の指針に基づいてカリキュラムを編成する。
  (1) 3つの学習領域の基礎となる研究・調査方法は必修科目(GLRM)とし、学生は年次ごとに体系的に修得する。1年次のチュートリアルは少人数クラス編成を行い、入学後速やかに大学での自主的な学びに慣れるようにする。同じく1年次の英語科目も少人数のレベル別編成を行い、以後の学修に必要な基礎的英語力と、海外フィールドワークに役立つ実践的英語運用能力の確実な育成を目指す。
  (2) GLSH、GLGC、GLFW各領域の選択科目はレベル別に分類し、学生は自分の興味・関心に応じ、レベルに合った科目を段階的に履修できる。
  (3) GLSHは、諸分野の基礎をレベル1で、応用科目をレベル3で、応用科目の英語版をレベル4で学ぶ。GLGCは、各分野についてレベル1からレベル4まで段階を踏みながら修得する。
  (4) 本学科の特徴であるGLFWは選択必修科目である。海外、国内の現場でコミュニケーション能力を駆使し現地の人々と交流しながら、自分の関心のあるテーマについて、情報収集・調査・ボランティア活動等を行う。学内での予備学習➡現地での体験学習➡学内での総括学習(報告書の執筆等を含む)という循環型学習を行う。
  (5) 異なる民族的・文化的・宗教的背景を持つ講師を招く機会を多く設け、多文化共生社会の実現に向けての実践・体験を積むことができるようにする。
  (6) 4年次では、4年間の学びを通じて修得した専門的知識や論理的思考、情報収集・分析・処理能力を用いて卒業報告書を作成し、プレゼンテーションを行う。
  (7) 英語圏に加え、アジアの協定大学への長期の留学も推奨する。
  (8) カリキュラム外の活動も重要な教育の機会であると考え、学科等の主催イベントや、学科の学生が組織する地球市民学会の主体的活動、学科通信の発行などを通じ、学生が多様な場面で実践能力を身につけ、体験を積むことができるようにする。留学生の受け入れにはバディー・システムを導入し、授業内外で留学生との親睦・交流に取り組むことを可能にする。

文学部・学科 アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

【文学部アドミッション・ポリシー】

清泉女子大学文学部は、ディプロマ・ポリシーに定める(1)~(6)の知識、技能、態度、資質等(以下「資質等」という。)を備えた学生に学位を与え、卒業生として送り出す使命を有する。
これらの資質等は「学力の3要素」とも対応関係にあり、(1)は大学に入学するに当たって修得しているべき「知識・技能」に、(3)(4)は「思考力・判断力・表現力等の能力」に、(2)(5)(6)は「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」に対応する部分が大きい。入学者選抜は、本学の教育を通じてそのような資質等を備えるための基礎的学力を持つ入学者を選抜するためのものである。ただし、多様な文化を持った人間が共生しなければならない現代においては、本学が求める入学者像も、多様なものであってよい。そのため各入学者選抜は、学科の求める入学者像に応じて、どのような資質等を、どのような評価方法を用い、どのような比重で測るかについて、それぞれ異なった形をとることになる。以下は本学の入学者選抜方法を7種類に分け、それぞれの目的、資質等の評価方法を示したものである。
なお、各評価方法の比重については、各学科のアドミッション・ポリシーのところで、比重が大きい順に◎、○、△で示す。

1. 指定校推薦等の各種推薦入学

本学を第一志望としていることが前提の入試であり、本学の教育目標・内容を十分理解し、高等学校で履修する教科に真摯に取り組んでいる者を受け入れることを目的とする。
出願に当たっては、一定の評定平均値を満たしていることと、学科によって英検などの資格・検定試験において一定の英語力を有していることを条件としている。「知識・技能」についてはある程度担保されているため、「思考力・判断力・表現力等の能力」「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」を中心に、以下のア、イの方法により評価する。
  ア 調査書、志望理由書、学校長の推薦書等 
  イ 面接

2. 公募推薦入試

本学を第一志望としていることが前提の入試であり、本学の教育目標・内容を十分理解し、高等学校で履修する教科に真摯に取り組んでいる者を受け入れることを目的とする。
出願に当たっては、一定の評定平均値を満たしていることと、学科によって英検などの資格・検定試験において一定の英語力を有していることを条件としているため、「知識・技能」についてはある程度担保されているので、「思考力・判断力・表現力等の能力」「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」を中心に、以下のア、イの方法により評価する。ただし、どの高等学校・中等教育学校からでも推薦できることから、学科によってはウの基礎学力試験を課し、「知識・技能」も評価している。
  ア 調査書、志望理由書、学校長の推薦書等 
  イ 面接
  ウ 基礎学力試験 

3. 帰国子女入試、外国人入試、社会人入試

外国における学修経験、国籍、社会における経験など、多様な能力や背景を持った学生を広く受け入れることを目的とする。これらの選抜では、「知識・技能」をア、イ、ウ、エ、「思考力・判断力・表現力等の能力」をイ、ウ、エ、「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をア、イの方法により評価する。
  ア 調査書(成績証明書)、志望理由書、学校長の推薦書等
  イ 面接
  ウ 小論文
  エ 日本語(外国人入試のみ)

4. AO入試

本学の教育目標と内容を十分理解し、様々な場で意欲的に活躍することが期待できる多様な能力を持った学生を、多面的・総合的に評価し、受け入れることを目的とする。そのため、出願に際して評定平均値などの出願条件は設けていないが、学科によって英検などの資格・検定試験において一定の英語力を有していることを条件としている。本選抜では、「知識・技能」をア、イ、ウ、「思考力・判断力・表現力等の能力」をイ、ウ、「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をア、イの方法により評価する。
  ア 調査書(成績証明書)、志望理由書、活動報告書等
  イ 面接
  ウ 小論文

5. 奨学生入試

学業に優れ、高い勉学意欲を持つ者を選抜するとともに、経済的に困難な事情を抱えた学生に対して学費面での援助を行うことを目的とする。出願に際しては、一定の評定平均値や、学科によって英検などの資格・検定試験で一定の英語力を有していることを条件としているため、「知識・技能」についてはある程度担保されている。本選抜では、「知識・技能」をア、ウ、「思考力・判断力・表現力等の能力」をイ、ウ、「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をア、イの方法により評価する。
  ア 調査書、志望理由書等
  イ 面接 
  ウ 学力試験

6. 大学入試センター試験利用入試

英語、国語、地理歴史といった文系科目だけでなく、数学、理科などの理系科目についても幅広く勉強してきた者の中から、学業に優れ、高い勉学意欲を持つ者を選抜することを目的とする。本選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等の能力」をイ、「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をアの方法により評価する。
  ア 調査書
  イ 学力試験(3科目)

7. 一般入試

英語、国語、地理歴史といった文系の核となる科目をしっかりと学んできた者の中から、学業に優れ、高い勉学意欲を持つ者を選抜することを目的とした入試である。本選抜では、「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等の能力」をイ、「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をアの方法により評価する。
  ア 調査書
  イ 学力試験(2科目)

各学科が求める入学者像、および入学者選抜方法ごとの資質等の評価方法とその比重は次のとおりである。

●日本語日本文学科アドミッション・ポリシー

 日本語日本文学科では、以下のような興味・関心、能力、資質を備えている学生を求める。
  (1) 日本語学・日本古典文学・日本近代文学の三分野に興味を持っている。
  (2) 日本のものに限らず、広く様々な文学作品に触れている。
  (3) 文学の背景となる歴史や文化にも興味を持っている。
  (4) 主体的な調査能力や論理的思考力、豊かな表現力を習得することに意欲的である。

●英語英文学科アドミッション・ポリシー

 英語英文学科では、以下のような興味・関心、能力、資質を備えている学生を求める。
  (1) 英語という言語を通して自分とは異なる考え方・感じ方に触れ、異文化を知ることにより、自己・他者についての考察を深めることができる。
  (2) 英語によって自己を表現し、他者との交流を深める実践的英語力の習得に熱心に取り組むことができる。
  (3) 実用英語技能検定準2級以上合格、またはGTEC for STUDENTS 485点以上取得レベルの英語の基礎力を修得している。
  (4) 英語以外の教科、分野にも関心を持っている。

●スペイン語スペイン文学科アドミッション・ポリシー

 スペイン語スペイン文学科では、以下のような興味・関心、能力、資質を備えている学生を求める。
  (1) 未知のものや異文化に対する開かれた心を持っている。
  (2) コミュニケーションに前向きな姿勢を持っている。
  (3) スペイン語圏やそれ以外の世界全体について幅広い関心を持っている。
  (4) 新しいことを学ぶために時間をかけて努力することをいとわない。
  (5) 古今東西の古典的文学作品に親しみ、外国語への関心を深めている。
  (6) 世界史、世界地理、現代の国際情勢について興味をもって学んでいる。

●文化史学科アドミッション・ポリシー

 文化史学科では、以下のような興味・関心、能力、資質を備えている学生を求める。
  (1) 人類がこれまで形成してきた様々な歴史と文化、とりわけその中で深化・発展してきた真理や美に関する思索、あるいはその形象に関心を持っている。
  (2) 異なる諸文化の理解を通じて、先入観や偏見にとらわれることなく、日本や世界を広い視野で見ようとしている。
  (3) 歴史の中で蓄積された文化や芸術に興味を持ち、読書や博物館・美術館の観覧等を積極的に行っている。

●地球市民学科アドミッション・ポリシー

 地球市民学科では、以下のような興味・関心、能力、資質を備えている学生を求める。
  (1) 自分の考えを持ちながらも、多様なものの見方を認め、他者と協調し、各種の活動に積極的に参加し、責任ある行動をとることができる。
  (2) 現代地球社会の動向、問題、諸文化への関心を養い、多方面の読書をしている。
  (3) 多文化を受け入れ、異なる環境に順応できる。
  (4) 実用英語技能検定準2級以上合格、またはGTEC for STUDENTS 485点以上取得レベルの英語の基礎力を修得している。

各学科では、上記のような資質等をもった入学者を受け入れるために、以下のような評価方法、比重により入学者選抜を行う。

入学者選抜方法評価方法 日本語日本文学科 英語英文学科 スペイン語
 スペイン文学科
 文化史学科 地球市民学科
指定校推薦等の
各種推薦入学
ア 調査書、志望理由書、学校長の推薦書等
イ 面接
公募推薦入試ア 調査書、志望理由書、学校長の推薦書等
イ 面接
ウ 基礎学力試験なしなしなし
帰国子女入試
外国人入試
社会人入試
ア 調査書(成績証明書)、志望理由書、学校長の推薦書等
イ 面接
ウ 小論文
エ 日本語(外国人入試のみ)
AO入試ア 調査書*、志望理由書、活動報告書等
(*地球市民学科は調査書(成績証明書))
イ 面接
ウ 小論文なし
奨学生入試ア 調査書、志望理由書等
イ 面接
ウ 学力試験
大学入試センター試験利用入試ア 調査書
イ 学力試験(3科目)
一般入試ア 調査書
イ 学力試験(2科目)
 

人文科学研究科3つのポリシー

人文科学研究科の教育研究上の目的

本学大学院は、建学の精神であるキリスト教ヒューマニズムに基づいた「まことの知・まことの愛」という教育理念をかかげ、総合的で精深な学識を教授するとともに、教員と学生が研究や討論の場を通して学術研究の成果を挙げ、真に国際社会に活躍し得る人材を育成し、文化の進展に寄与することを目的とする。
その目的のため本大学院では、キリスト教の精神を尊重し、広い視野に立って世界を考える深い専門知識と研究能力を備えた、学問への真摯な情熱を有する学生を求める。

人文科学研究科・専攻 ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

清泉女子大学大学院は、キリスト教ヒューマニズムの精神に基づき、総合的かつ精深・高度な学識を授けるとともに、教員と学生が研究や討論の場を通じて学術研究の成果を挙げ、専門的知識と研究能力を備えた国際社会に活躍し得る人材を育成し、文化の進展に寄与することを目的とし、男女を問わず、次のような能力を有する人材を養成する。

(1)修士課程

修士課程に言語文化専攻、思想文化専攻、地球市民学専攻の3専攻を置く。

修了要件について

修士課程には2 年以上在学し、所定の方法により32単位以上を修得し、かつ研究指導を受けて修士論文を提出し、その審査および最終試験に合格した場合は、修士の学位が授けられる。(在学期間に関しては、優れた業績を挙げたと認められた場合は、1年以上在学すれば足りるものとする。)
その際、具体的に次の諸能力が修了要件として求められる。
  1 広い視野に立った精深な学識と専攻分野における優れた研究能力
  2 高度な専門性を要する職業等に必要な高等能力
  3 文学・言語研究における、体系的・総合的・横断的学識や、幅広い視野および高い専門能力(言語文化専攻)
  4 哲学、宗教学、美術史学および文化史学における、人間の思考活動を基盤に形成された思想文化に関する研究・教育能力や、他分野をも兼修することによる、諸文化を広い視野から深く考察できる学際的能力(思想文化専攻)
  5 地球社会論と多文化理解とをフィールドワークで結びつけつつ、地球的に考え、各地で活動する人々のための、学際的かつ実際的な研究・教育能力や、地球市民的な視野と知識で高度な職業に関わり、例えばNPOやNGOなどを舞台として、広く社会で活動するための実践的能力(地球市民学専攻)

(2)博士課程

博士課程は、専攻分野について研究者として自立して研究活動を行い、またはその他の高度に専門的な業務に従事するに必要とする高度な研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。そのため、博士課程に人文学専攻を置く。

修了要件、博士論文提出のための条件および論文評価等について

博士課程には3年以上在学し、所定の授業科目について14単位以上を修得し、指導教員のもとに研究指導を受けた上、博士の学位論文の審査および試験に合格した場合は博士号が授けられる。(在学期間に関しては、優れた業績を挙げたと認められた場合は、1年以上在学すれば足りるものとする。)そのため、博士課程においては修士課程における諸能力に加え、次のような能力を有する人材を養成する。
  1 言語文化と思想文化の有機的統合による新しい視点からの学術的かつ総合的な研究・教育能力や、高度な専門知識および研究能力
  2 高度専門職業に必要な専門知識や研究手法
  3 優れた専門性を有し、学校教育や社会教育の場において、積極的に活躍できるような指導的能力
なお、博士課程を経ない者であっても、本学大学院の行う博士論文の審査に合格し、かつ、本学大学院博士課程を修了した者と同等以上の学力を有することが試問により確認された場合は本学大学院の博士号が授与される。

人文科学研究科・専攻 カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

清泉女子大学大学院は、キリスト教ヒューマニズムの建学の精神に基づき、本学大学院の学位授与方針に適った人材を育成するために、次のような教育課程編成・実施方針を構築する。

(1)修士課程

 修了要件、指導教員、中間報告、修士論文の評価基準等について
  1 学生は修士課程に2 年以上在学し、所定の方法により32単位以上を修得し、かつ研究指導を受けて修士論文を提出し、その審査および最終試験までに次のような教育課程編成・実践方針に従って指導を受けなければならない。(在学期間に関しては、優れた業績を挙げたと認められた場合は、1年以上在学すれば足りるものとする。)
  2 学生は履修する授業科目の選択および修士論文の作成に当たって、研究指導担当教員の指導を受けなければならない。
  3 学生は研究を開始するに当たり、本学大学院担当の専任教員に、研究テーマおよび研究概要を届け出なければならない。
  4 学生は各年次に「年次研究計画書」を提出しなければならない。
  5 修了年度に修士論文を提出する学生は中間報告を行わなければならない。
  6 修士論文の審査に当たっては先行研究についての充分な知識と理解を前提として、主に論理性・論証性(実証性)・独創性などとともに、分析力・構成力・批判力などが問われる。
  7 修士論文を提出する者には専攻分野について最終試験が課せられる。
カリキュラムについて
  8 各専攻に必修科目として、修士課程における基礎的な学修能力を養成するための「総合演習」科目を設置する。
  9 言語文化専攻では「言語文化」を「言語によって表される文化」として捉え、「文学の研究」と「言語の研究」を中心に据えた上で、研究領域として日本語、英語、スペイン語を基軸とする3つの言語文化圏を設定し、研究分野として文学、言語、第二言語教育(英語圏のみ)を置き、これらの分野において総合的・体系的・横断的に学識を深め、論理的思考力を養い、広い視野と高い専門性が身につくよう、「言語文化研究基礎科目」「文学に関する科目」「言語学に関する科目」「言語文化伝達に関する科目」およびその他の「関連科目」を選択科目として設置する。
  10 思想文化専攻では、人間の思想活動を基盤に形成された思想文化に関する研究と教育を行うため、その核となる学問領域を、哲学・思想史学、宗教学・宗教史学、美術史学(日本・東洋・西洋)および文化史学(日本・東洋・西洋)の4分野に区分し、これらの分野において専門的研究に取り組むとともに、他分野との交流を通して、幅広い知識と視野を獲得し、専門領域の研究がいっそう深く追求できるよう、「キリスト教思想」「宗教史学」「西洋哲学」「日本文化史学」「東洋文化史学」「西洋文化史学」「美術史学(西洋美術史学、日本美術史学、東洋美術史学)」科目を選択科目として設置する。
  11 地球市民学専攻では、地球的視野から考え、それぞれの持ち場で活動する人々のための、学際的な学問の研究と教育を行うため、地球社会の諸問題について、多様な文化の相互理解のためのコミュニケーションの理論と技術を探求し、さらに両分野を架橋するために、「地球社会関係科目」「多文化理解関係科目」「フィールドワーク」科目を選択科目として設置する。

(2)博士課程

 修了要件、指導教員、博士論文提出のための条件および論文評価等について
  1 学生は博士課程に3年以上在学し、所定の授業科目について14単位以上を修得し、指導教員のもとに研究指導を受けた上、博士の学位論文の審査および試験に合格した場合には博士号が授けられる。(在学期間に関しては、優れた業績を挙げたと認められた場合は、1年以上在学すれば足りるものとする。)
  2 学生は履修する授業科目の選択および博士論文の作成に当たって、指導教員の指導を受けなければならない。
  3 学生は研究を開始するに当たり、本学大学院博士課程担当の専任教員に、研究テーマと研究概要を届け出なければならない。
  4 博士1年次には「年次計画書」「長期研究計画書」および「研究報告書」を、2年次には「年次計画書」を、3年次には「博士論文の概要」を提出しなければならない。
  5 博士論文を提出するためには、論文2編(権威ある雑誌掲載の場合あるいは学問的に高い評価が与えられている論文の場合は1編でも可)が既発表であること、修了必要単位数14単位が修得済みであることが条件となる。
  6 博士論文の審査に当たっては、本学大学院学則に定められた規程に基づいて構成された審査委員会により、主として独創性・論理性・論証性(実証性)などが、学界の水準に照らして判定されるとともに、分析力・構成力・批判力などにおいて自立した研究者としての能力を有しているかという点などが審査される。
  7 博士論文を提出する者には最終試験として専攻分野と外国語の試験が課せられる。外国語は2か国語が課せられる。(研究科委員会の審議を経て学長が認めた場合、1か国語にすることができる。)
カリキュラムについて
  8 人文学専攻では、言語文化と思想文化の有機的統合により、新しい視点からの学際的かつ総合的研究と教育を行うため、その軸となる文学、言語学、キリスト教思想、文化史学につき、専門科目として「文学(日本文学、英語圏文学、スペイン語圏文学)」「言語学(日本語学、スペイン語学、言語学、応用言語学)」科目、「キリスト教思想」「文化史学」科目および関連科目として「近現代社会理論」「比較文学・比較文化」「宗教文学」「キリスト教言語思想」「聖書学」「教育制度」「情報処理」「言語理論」「文学理論」「対象言語学」科目を設置する。

人文科学研究科・専攻 アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

清泉女子大学大学院は、本学大学院学位授与方針に掲げたキリスト教ヒューマニズムの精神に基づいた教育理念と、幅広い視野に立った高度な専門性を有する学生を育成するために、男女を問わず、また大学の学部卒業生ばかりでなく、社会人や留学生においても、各専攻において次のような者を求める。

(1)修士課程

言語文化専攻では、研究領域として日本語・英語・スペイン語の三つの言語文化圏を、研究分野として文学、言語、第二言語教育(英語圏のみ)を置き、専門的知識と研究能力を有した研究者、学問的素養と見識を備えて広く文化的領域で活躍できる人材、言語教育において高度で専門的な職業能力を有した人材、の育成を目的とし、幅広い視野と知識、論理的思考力、各領域・分野における専門的知識、学問・研究に対する真摯な意欲を有する者を求める。

思想文化専攻では、人間の思考活動を基盤に形成された哲学・思想史学、宗教学・宗教史学、美術史学(日本・東洋・西洋)および文化史学(日本・東洋・西洋)に関する研究と教育を行う。各分野の専門的研究と他分野の兼修により、学校教育・社会教育の場において指導的な立場で活躍できる人材や、美術館・博物館等の活動に従事できる高度な職業人の育成を目的とする。そのために幅広い視野をもち専門分野を深く追求する者を求める。

地球市民学専攻では、流動的で多様な世界の実情に鑑み、地球市民的な視野と知識で高度な職業や社会活動を実践する人材の育成を目的とし、政治学、経済学、社会学、人類学、宗教学、平和学、地域研究など複数の学問領域から学際的に地球社会を理解し、現場を通した実態理解を重視するフィールドワークを実施し、現場で直面する多文化への理解を深める手助けとなるコミュニケーション論および実践的な手法を修得する。そのため、広い視野をもって考え、現場で行動する意欲を持つ者を求める。

本学大学院修士課程を志望する者は、本学の建学の精神であるキリスト教ヒューマニズムに共感するとともに、学士の学位を有するか、またはそれと同等以上の学修成果を挙げた上で、幅広い視野と、志望する専門領域についての一定の学識を備え、それを自らの言葉で表現し、アピールできるよう、充分な学習をしておくことが望まれる。

(2)博士課程

博士課程に人文学専攻を置く。本専攻における人文学とは、文化の言語的側面および思想活動の側面を領域としており、その軸となる具体的な学問分野は文学、言語学、キリスト教思想、文化史学である。この各分野における専門的知識と研究能力を有した研究者の育成、および高度専門職業人や、学校教育ないし社会教育の場において指導的な立場で活躍できる人材の育成を目的とする。
そのため、各領域での必要な研究手法と研究能力を有し、広い視野と論理的思考力のある者を求める。

本学大学院博士課程を志望する者は、本学の建学の精神であるキリスト教ヒューマニズムに共感するとともに、大学院修士の学位を有するか、または修士課程修了と同等以上の学修成果を挙げた上で、さらに自立した研究者または高度な専門職業人としての将来が期待される、独創的で優れた学問性を有していることが求められる。

TOP