清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  入試情報 > 合格者のみなさんへ(2019)

合格者のみなさんへ

大学からのご挨拶

合格者のみなさんへ

合格おめでとうございます。
合格通知を手にされて、4月から始まる新生活への期待に胸を躍らせていらっしゃることと思います。
そんな合格者のみなさんに、先輩たちからのメッセージをお届けします。
 

sakura

在学生からのメッセージ

西文_高橋愛蓮さん

スペイン語スペイン文学科
私は大学に入学して、ゼロからスペイン語を学び始めました。まったくの初心者であっても、アルファベットから学ぶので安心です。少しずつ理解できるスペイン語が増えたり、会話ができるようになると、勉強の成果が実感でき、最初から語学を学ぶ楽しさを感じることができました。2年生になると1コマ90分間、すべてスペイン語だけで行う授業もありますが、そのころには大体理解できるようになっていました。
2年次の夏休みには短期で、3年次には長期でマドリッドへ留学したのですが、先生方が書類の添削、留学のためのサポートなどをしてくださり、安心して過ごすことができました。
みなさん、これからの新しい生活に期待も不安もあるかと思います。でも、この大学にはいつも近くにいてくれる先生方や友人がいます。先生から名前で呼ばれるほど、学生と先生との距離が近く、きちんと一人一人に向き合ってくれていると感じます。楽しくアクティブな大学生活を送ってください。それができる環境がここにはあると思います。

高橋 愛蓮 さん
 

英文_徳光さん

英語英文学科
この学科の魅力は英語も文学も両方とも学べるところです。私はアメリカ文学、イギリス文学、児童文学、英語学を選択して勉強しましたが、翻訳や英語教育学なども面白そうだと思っています。この学科で学び、英語力・コミュニケーション能力が向上したことはもちろんですが、授業を通じて文学の面白さにも気づき、読書の幅が広がり、英語圏の本だけではなく、日本文学も読むようになりました。
キャンパスはとても過ごしやすく、自習できる図書館などを私はよく利用しています。また、図書館ではAskMe!という学生のスタッフとしても活躍しました。図書館をもっと楽しんでもらうにはどうすればいいか、本をアピールするためのPOPをどのようにつくればいいか、などを仲間たちと考えて企画したことはよい思い出です。
友達や先生、先輩、後輩、職員の方々…いろいろな方と接し、楽しい、充実している、と感じられる4年間をすごすことができるよう願っています。

徳光 洋美 さん

地民_山村さん

地球市民学科
この学科の魅力は個性的な先生と学生です。先生方は各分野のスペシャリストですし、学生たちは考え方や視点が様々で行動力があり、好奇心旺盛です。様々な経験をなさってきた先生とチャレンジ精神のある学生との授業は、学ぶことが多く、毎日充実した学生生活を送ることができます。
清泉女子大学では、対話しながら作業ができるコモンスペースや、グループ学習室などの施設が充実しており、加えて、学生の好奇心を全力で応援してくださる教職員の方がいらっしゃいます。少人数制のため、教職員の方々が一人ひとり顔を覚えてくださり、キャンパス内で声をかけてくださることは、とても嬉しく感じます。
私は大学4年間で何でも挑戦してみようという行動力を身につけることができました。メディアで流れてくる情報が全て正しいとは限らず、自分の目で見たものが真実だ、ということをフィールドワークで学び、これらの経験を活かして、今後はもっと自分の足で様々な世界を見てみたいと思います。

山村 葉月 さん

文化史_浦島さん

文化史学科
文化史学科は歴史だけではなく、美術・哲学・思想・宗教といった様々な分野を学ぶことができるので、本当に自分の学びたいことをじっくりと決めていくことができます。ゼミナールの授業は、少人数ならではの先生と学生の距離の近さが感じられる充実した時間になっています。また、発表も多いため、私はいつも多くの本や資料に触れそこから次につながるものを探してきました。その度に「自分で探求していく力」を身に付けていくことができたと思っています。
大学のおすすめスポットとしては、清泉カフェと奥庭。疲れたときにはカフェの手作りケーキでエネルギーチャージ。また、四季折々の自然を楽しむことが出来る奥庭で友人たちとご飯を食べれば、ピクニック気分でリフレッシュすることができます。
高校時代と違い、大学生活は今までよりもさらに世界が広がり、勉強はもちろんバイトやサークル、旅行など自分のやりたいことができます。きっと清泉でならやりたいことや、それに協力してくれる人たちに出会うことができます!

浦島 杏佳 さん

日文_矢萩さん

日本語日本文学科
真面目に学業に取り組む学生が多く、先生方のご指導も丁寧なため、集中して学業に望む環境が整っていることが魅力だと思います。困ったことがあれば友人はもちろん、先生方にも相談しやすい雰囲気があります。少人数だからでしょうか、学生と先生のつながりが深いのも魅力です。
特に印象に残っているのは1年次で受けた「くずし字解読基礎演習」です。50音を覚えるのは大変でしたが、読めなかったくずし字の文章が読めるようになり、博物館などで古文書を見るのが楽しくなりました。また、授業やレポートでは自分の考えを言葉にしてまとめることが求められるため、論理的に考える癖がついたと感じています。
清泉女子大学は、少人数ならではのあたたかい雰囲気があり、とても居心地がよいです。授業や課外活動を通じて、様々な立場の人と話す機会が増えたので、以前よりも敬語やマナーが身につきました。大学生活を通じて培ったものをいかし、自ら考えて積極的に行動できる人になりたいと思っています。

矢萩 千晶 さん

合格者のためのキャンパス見学ご案内

2月20日(水)3月8日(金)に合格者の皆様を対象としたキャンパス見学を実施します。
在学生による、12:00と14:00の2回のキャンパスツアー、大学生活についての話をきくことができるコーナーなどがございますので、ゆっくりとキャンパスを見学されたことのない方は、ぜひこの機会にご来校ください(事前申込不要・保護者同伴可)。キャンパスツアーは定刻に出発いたしますので、参加される方は必ず前述の時間までにお集まりください。
キャンパスツアー実施時刻以外の時間も、自由にキャンパス内をご覧いただけます。(見学可能時間 9:00~17:00)

※ 上記日程以外でも、日曜・祝日・入学試験日・大学行事日以外はご見学が可能です。キャンパス見学日以外の日をご希望の方は、入試課までご連絡のうえ、ご来校ください。(月曜日~金曜日は9:00~17:00、土曜日は9:00~13:00)

清泉女子大学入試課  TEL:0120-53-5363  E-mail: nyushi@seisen-u.ac.jp


TOP