小泉 利恵 教授

共通科目
小泉先生
英語力向上に役立つテスト法を調べています
外国語の指導・評価方法の研究。英語を話す力を測るスピーキングテストを中心に、英語力を高めるために役立つテストの作り方、使い方などを研究しています。


教員インタビュー

Q1

学生時代の思い出や打ち込んだことについて教えてください。

学部時代には、いろいろなことに挑戦しました。例えば、手話劇のサークルで手話を学びつつ、大学祭に向けて手話劇の役者や裏方をやりました。その中で失敗・成功体験を繰り返し、見えてくる人の行動や考え方の違い、社会のルールを学び、自分が他の人に合わせられる部分と譲れない部分に気づきました。
英語が話せるようになりたいと勉強を続けましたが、英字新聞を購読しては読み切れなかったり、アメリカのニュースを聞いては全然理解できなかったりなど、自分の力より難しすぎる教材で学ぼうとしていて、英語の習得研究を学んだ今から考えると、効果的でない学習をしていました。また、アメリカに2週間のホームステイに行って、ホームシックになりながらも、文化の多様性や英語を話すことで世界が広がることを実感しました。

Q2

先生が、ご自身の専門に取り組むようになったきっかけを教えてください。

今までいろいろな英語の試験に挑戦し、スピーキングテストの点が低くて何度も不合格になる経験をしました。どうしてテストの時に上手くふるまえないのかに悩み、最初は自分の力の問題と考えていました。しかし大学4年生のときに、『無責任なテストが「落ちこぼれ」を作る』(大修館書店)という本を読んで、テストが悪いという視点もあり、それを研究の対象にもできるのだということを知り、それがきっかけで今の研究分野に興味を持ちました。
中学校教員として定期テストを作る中で、どんな問題を入れたらいいか、どう採点したらいいか、特にスピーキングテストを行うべきか、行うならばどう授業と関係づけながら行うのかなどを悶々と考えました。本を読んでもわからないことばかりで、もう少し勉強したいと大学院に進み、現在に至っています。

Q3

研究テーマの魅力や面白さはどのようなところにありますか。

振り返ってみてみください。今までに受けたテストで何か疑問に持ったことはあるのではないでしょうか。自分のことで考えると、定期テストに授業で習っていない範囲の問題が出ていたり、逆に授業でやったスピーキングは評価には入らなかったり、スピーチコンテストの出場者や優勝者の選び方に納得がいかなかったり、頑張って書いた英語のライティングも添削がなく、点数も教えてもらえなかったりなど、どうして?と思うことはたくさんありました。またスピーチコンテストで緊張のあまり倒れたこともあり、自分の力以外にも体調やプレッシャーがパフォーマンスに影響してしまうことは実感していました。そのようなテストに関する素朴な疑問が研究テーマになるのが、言語評価・テスティング研究という、私が専門とする分野です。自分自身の疑問は、テストの適切さを調べる、また学習に役立つテストを作るという今のテーマにつながっています。

Q4

学生へのメッセージをお願いいたします。

自分の興味のあることを突き詰めて取り組んでください。自分が得意でないことにも取り組んでみてください。その中で見える、自分の特徴や周りの反応を観察して、長い人生の中で続けて行っていきたいことを見つけてほしいと思います。それが何か辛いことがあったときに戻れる自分の核になると思います。
何事もいい機会があれば逃さないでください。「チャンスの神様には前髪しかない」は私の好きな言葉です。英語学習に関しては、自分は長期留学がしたかったですができなかったので、その機会がある人には積極的に勧めたいと思います。ただ、留学すれば英語ができるようになるわけではありません。自分自身は、日本で勉強しても十分使えるようになるはずと思って行動してきました。今でも難しいことはたくさんありますが、英語を使って、日本語を話さない友人とやり取りでき、仕事もできています。英語学習で世界と可能性が広がるのを体験してほしいと思います。

教員紹介


氏名
小泉 利恵
フリガナ
コイズミ リエ
職種
教授
所属
言語教育研究所
取得学位
博士(言語学)
学位取得大学
筑波大学
最終学歴
筑波大学大学院(人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻)博士課程修了
専門分野
英語教育、言語評価・テスティング研究、教室内スピーキング評価
研究テーマ
英語を話す力を測るスピーキングテストや手順の開発を中心に、外国語の指導・評価方法の研究を行っています。英語力を高めるために役立つテストの作り方や使い方、またそれを適切に行うために必要な知識や技能(言語評価リテラシー)を高める方法に関心があります。
所属学会(役職)
及び受賞歴
【所属学会】
日本言語テスト学会 (Japan Language Testing Association: JLTA) 理事、事務局次長
国際言語テスト学会 (International Language Testing Association: ILTA) 指名委員会 (Nominating
 Committee) 委員長
日本テスト学会 (Japan Association for Research on Testing: JART) 編集出版委員
全国英語教育学会 (Japan Society of English Language Education: JASELE)


【受賞歴】
公益財団法人 日本英語検定協会 第17回 (2004年度)「英検」研究助成(研究部門)入選
日本言語テスト学会(JLTA)第24回全国研究大会(2021年度)JLTA著作賞
(2018年出版 『英語4技能テストの選び方と使い方 ―妥当性の観点から― 』 アルク)
日本言語テスト学会(JLTA)第25回全国研究大会(2022年度)JLTA著作賞
(2020年出版 (共編著)『教材・テスト作成のためのCEFR-Jリソースブック』 大修館書店
 「CEFR-Jに基づくスピーキング・テスト(やり取り)はどのように作成したらよいか?」)
主要業績
【著書】
・『英語4技能評価の理論と実践―CAN-DO・観点別評価から技能統合的活動の評価まで』(共編著) 大修館書店 2015年6月
・『実例でわかる英語テスト作成ガイド』(共編著) 大修館書店 2017年8月
・『英語4技能テストの選び方と使い方―妥当性の観点から―』(単著) アルク 2018年4月

【学術論文】
・Koizumi, R., & In’nami, Y. (2014). “Modeling complexity, accuracy, and fluency of Japanese learners of English: A structural equation modeling approach” JALT Journal, 36, 25–46. https://doi.org/10.37546/JALTJJ36.1-2 [日本人英語学習者における複雑さ・正確さ・流暢さのモデル化:共分散構造分析を用いて]
・Koizumi, R., Okabe, Y., & Kashimada, Y. (2017). “A multifaceted Rasch analysis of rater reliability of the Speaking Section of the GTEC CBT” Annual Review of English Language Education in Japan, 28, 241–256. https://doi.org/10.20581/arele.28.0_241 [多相ラッシュ分析を用いたGTEC CBTスピーキングにおける採点者信頼性の検討]
・Koizumi, R., Kaneko, E., Setoguchi, E., In’nami, Y., & Naganuma, N. (2019). “Examination of CEFR-J spoken interaction tasks using many-facet Rasch measurement and generalizability theory” Papers in Language Testing and Assessment, 8(2), 1–33. https://arts.unimelb.edu.au/language-testing-research-centre/research/publications/papers-in-language-testing-and-assessment-plta/current-issue [CEFR-J話すこと(やりとり)タスクの検討―多相ラッシュ分析と一般化可能性理論を用いて]
・Koizumi, R., & In’nami, Y. (2020). “Structural equation modeling of vocabulary size and depth using conventional and Bayesian methods” Frontiers in Psychology: Language Sciences, 11, 1–17. https://doi.org/10.3389/fpsyg.2020.00618 [伝統的方法とベイズ推定法を用いた語彙の広さと深さの構造方程式モデリング]
・Koizumi, R., In’nami, Y., & Fukazawa, M. (2020). “Comparison between holistic and analytic rubrics of a paired oral test” JLTA Journal, 23, 57–77. https://doi.org/10.20622/jltajournal.23.0_57 [ペア型口頭テストの総合的・分析的ルーブリックの比較]
・「CEFR-Jに基づくスピーキング・テスト(やり取り)はどのように作成したらよいか?」(131頁~137頁)単  『教材・テスト作成のためのCEFR-Jリソースブック』大修館書店 2020年4月
・「実証研究I(量的研究)」「混合型研究法を用いた論文執筆」「どのように論文は審査されるのか?―査読者の立場から」(24頁~40頁)(59頁~60頁)(87頁~97頁)単 『英語教育論文執筆ガイドブック:ジャーナル掲載に向けたコツとヒント』 大修館書店 2020年7月
・Koizumi, R. (2021). “The Telephone Standard Speaking Test: An outside evaluator’s investigation of a rebuttal to the generalization inference. In C. A. Chapelle & E. Voss (Eds.)”, Validity argument in language testing: Case studies of argument-based validation research (pp. 154–175). Cambridge University Press. [Telephone Standard Speaking Test―外部評価者による一般化推論への反駁の分析]
・“Using equivalent test forms in SLA pretest-posttest design research” 共(著者:鈴木祐一他1名)(457頁~467頁),The Routledge handbook of second language acquisition and language testing, Routledge (USA),2021年1月
・“Factor structure and four-skill profiles of the Aptis test” 共(著者:印南洋他1名)(1頁~55頁), ARAGs research reports AR-G/2021/2 , British Council (UK) , 2021年2月
・Koizumi, R., & Watanabe, A. (2021). “Rater reliability in classroom speaking assessment in a Japanese senior high school”  Annual Review of English Language Education in Japan, 32,129–144. [日本の高校における教室内スピーキング評価における採点者信頼性]
社会活動、
文化活動等
・Language Testing (SAGE, UK) Editorial Board (編集委員会) メンバー(2019年1月~現在に至る)
・日本言語テスト学会 (JLTA) 事務局次長、運営委員 (2008年4月~2014年3月)、事務局長、運営委員 (2014年4月~2020年3月)、事務局次長、理事 (2020年4月~現在に至る)
・公益財団法人日本英語検定協会「英検」研究助成専門選考委員(2019年4月~現在に至る)
・日本テスト学会 (Japan Association for Research on Testing: JART) 編集出版委員(2013年7月~現在に至る)
・大会発表審査委員(例:Annual Language Testing Research Colloquium (LTRC), American Association for Applied Linguistics (AAAL) Conference, 大学英語教育学会 (Japan Association of College English Teachers: JACET); 2014年2月~現在に至る)
・学会誌査読者 (例: Language Assessment Quarterly, Language Testing, Language Learning, Studies in Second Language Acquisition; 2014年9月~現在に至る)
・大学入試センター 教科科目第一委員会委員 (2008年4月~2010年3月)
・小泉利恵 (2020, 12月). 「指導と関連づけた授業内スピーキング評価」 第50回KELES (関西英語教育学会) セミナー講師 (オンライン)
・小泉利恵・横内裕一郎. (2020, 6月). 「英語スピーキング力の育成に向けて」「スピーキングテストの実施に向けて」 高等学校英語科言語活動実践講座講師 於:青森県総合学校教育センター 
・Koizumi, R. (2020, January). English speaking tests in the classroom: Using assessment to support learning. Lecture presented at 2019-2020 ALT Skill Development Conference, Tokushima Prefectural General Education Center.