清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  学部・大学院 >  文学部 >  英語英文学科 > 大井恭子教授

大井 恭子 教授

英語英文学科

大井恭子教授

英語教育を指導法と教材の観点から研究
日本人にとり、ふさわしく、かつ有効な英語の指導法およびそれにあった教材を研究しています。特に英語4 技能のうち、ライティング教育に一番関心を持っています。

教員インタビュー

Q1 学生時代の思い出や打ち込んだことについて教えてください。
  中学で初めて「英語」というものに出会って、自分の思いや考えを自分の母語以外の別の言語で表すことができるのだ、ということに魅了されたような気がします。英語の学習やラジオの語学講座やテレビの番組から伝わるアメリカの文化や生活にあこがれをいただいていました。そんなわけで、その当時高校生が留学できる唯一の機会であったAmerican Field Service (AFS)という留学プログラムに応募し、高校三年生の時、一年間アメリカにホームステイし、高校に通いました。
 その反動なのでしょうか。大学に入ってからはすっかり「和」に回帰し、部活は「筝曲研究会」に入り、お琴の練習に励みました。放課後の練習や合宿での強化練習、そして年に一度の発表会に向けた練習など、今振り返ると懐かしく思い出されます。
 一方、得意の英語を活かし、英検や通訳の資格を取り、週末は外国人観光客相手のツアー・ガイドをしていたことが楽しい思いです。
Q2 先生が、ご自身の専門に取り組むようになったきっかけを教えてください。
  先ほど述べたように、高校生の時の留学する機会を得たのですが、ホームステイ先が決まり、その家族に父が手紙を書き、「娘をどうぞよろしくお願いします」と書きたかったのですが、その表現が英語ではなんというのだろうかと二人でしばし考えてしまいました。その時が、英語と日本語では表現方法に違いがあると認識したはじめての出来事だったと思います。その後、アメリカの大学院で言語学を学んでいるとき、これは「対照修辞学」という学問分野であることがわかりました。つまり、それぞれの言語によって、好まれる(良いとされる)書き方があり、「縦のものを横にする」というような単純な変換ではなく、それぞれの言語の表現形式にあったアイディアの配列というものがあり、もしかするとそういったアイディの配列や表現方法というのは、その言語が話されている文化・社会を投影しているものかもしれない、というようなところに大変興味が惹かれました。
Q3 研究テーマの魅力や面白さはどのようなところにありますか。
  そんなわけで、言語と文化の関係を探るには、日本語と英語を比較するのはいろんな意味でなんだか両極端の言語のようで大変面白いと思いました。たとえば、日本語では控えめの表現が好まれるのに対し、英語、とくにアメリカ英語は誇張表現が多いとか。日本語では、否定を重ねたりして「~と言えないことはないかと思います」とか持って回った言い方をすることがありますが、英語はもっと直截な物言いが幅を利かせているというように、いろいろと対照的です。私は、英語表現(作文)を教えるのを専門にしているので、日本語から英語へと変換するとき、この一筋縄でいかない日英の溝を苦しみつつ、楽しんでいます。そして、こうしたことを日本の中高生、大学生にどのように効果的に教えることができるかということが永年の研究テーマになっています。

ooi_sensei

Q4 学生へのメッセージをお願いいたします。
  大学生活4年間は短いです。いろいろ体験するのは面白いですが、4年間では自分で体験できることは限られていますよね。仮想体験という意味でも、たくさん読書をしましょう。書物の中で、様々な人生に出会うことができますし、いろいろな考え方に触れることができますね。たくさん読書をして豊かな人になってください。そして、清泉女子大で学べたことが誇りとなるような学生生活を送ってください。
 

教員紹介

氏名大井 恭子
フリガナオオイ キョウコ
職種教授
所属英語英文学科
取得学位博士(外国語教授法)
学位取得大学State University of New York
専門分野英語教育、応用言語学、critical thinking
研究テーマ応用言語学の中でも、特にライティング能力の習得に関し、認知面と文化的背景という観点から、外国語としての英語のライティング教育の構築をめざしている。英語科教育という面では、英語習得プロセスのメカニズムを研究し、それを踏まえたうえで、英語コミュニケーション能力の育成のための有効な指導法を構築することをめざしている。
所属学会(役職)
及び受賞歴
全国英語教育学会
関東甲信越英語教育学会
小学校英語教育学会
大学英語教育学会
日英・英語教育学会
主要業績・ Cross-cultural Differences in Rhetorical Patterning : A Study of Japanese and English, JACET Bulletin, 17  1986年
・Teaching argumentative writing to Japanese EFL students using the Toulmin Model, JACET Bulletin, 41  2005年
・ 「言語活動の充実と外国語の指導の改善 ―思考力・判断力・表現力を育成するライティング指導―」中等教育資料 No.903  2010年
・Developing Argumentation Skills Through Teaching Academic Writing to Japanese College Students, JABAET Journal,16  2010年
・Developing argumentation skills in English writing classes、The Journal of Medical English Education, 14 (1)  2015年
・“Teaching argumentative essay writing to Japanese university students: Expecting the emergence of multi-competence” JABAET (Japan-British Association for English Teaching) Journal、20, pp. 25-50. 2016年
・”A Study Investigating the Relationship between L2 Writing and Critical Thinking Skills ”、Selected Papers of the 21st Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistcs、pp. 12-19. 2017年
・"Developing critical thinking skills in EFL students' writing classes", 『清泉女子大学紀要第65号』pp.1-22, 2018年
社会活動、
文化活動等
・『英語モードでライティング』(講談社インターナショナル)2002年
・『クリティカル・シンキングと教育』(共著)(世界思想社)2006年
・Developing Argumentation Skills in English Classes 、The Japan Society of Medical English Education  2014年
・Looking back and looking forward: What Writing Teachers Can Learn from Contrastive Rhetoric Research, The 7th Writing Center Association Symposium   2015年
・「中・高・大をつなぐ思考力・判断力・表現力を育むライティング」(招待講演)大学英語教育学会(JACET)関東支部月例研究会  於 青山学院大学 2016年
・「東アジア諸国の英語教育」(招待講演) 第14回英語教育改革フォーラム 於 東京国際大学 2016年
・「思考力を育てるパラグラフ・ライティング指導の勧め」(招待講演)アメリカ大使館主催・コロンビア大学後援  2016年
・文部科学省検定中学校英語教科書 New Horizon English Course 1, 2, 3 (東京書籍)
・文部科学省検定済教科書 高等学校外国語科用​  Empower English Expression I Standard. 桐原書店 2017年
・文部科学省検定済教科書 高等学校外国語科用 Empower English Expression I Advanced. 桐原書店 2017年

TOP