清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  学部・大学院 >  文学部 >  スペイン語スペイン文学科 > パロマ・トレナド准教授

パロマ・トレナド 准教授

スペイン語スペイン文学科

パロマ・トレナド准教授

スペイン語での会話を習得しましょう
専門は言語教育学で、特に効率的な学習方法を研究しています。また、異文化理解を深めるため、スペイン映画を通してスペイン社会について学ぶゼミを担当しています。

教員インタビュー

Q1 学生時代の思い出や打ち込んだことについて教えてください。
 わたしが学生時代を過ごしたのは、たくさんの変化や出会いのあったころでした。教育学を学んでいましたが、授業は年に6つぐらいの限られた科目を、週に何日も学び、掘りさげていく仕組みでした。ひんぱんに課題や発表があり、先生たちは厳しかったです。とくに卒業が近づいたころの科目は難しく、卒業するためにはたくさん勉強しないとなりませんでしたが、なんとかやり通すことができました。この経験から、努力と継続によって、どんな目標でも達成できると学びました。
 このころ、たくさんの友人たちと知り合い、映画、音楽、芸術など、新しい関心を共有することになりました。それと同時に、マドリードの語学学校で、日本語の勉強も始めました。大学の授業が終わったあと、毎日1時間ずつ日本語を学び、そこからいつか日本へ行ってみたいと思うようになりました。
 Mi época de estudiante fue un tiempo de grandes cambios y encuentros. Cuando era estudiante de Pedagogía, tenía pocas asignaturas, unas seis por año, que estudiábamos profundamente varias veces a la semana. Teníamos que hacer trabajos y presentaciones a menudo y los profesores eran muy exigentes. Los últimos cursos fueron los más difíciles, no era fácil graduarse y había que estudiar mucho, pero conseguí mis objetivos. Estas experiencias me enseñaron que con esfuerzo y constancia se puede conseguir todas las metas que desees.
   En esta época hice grandes amigos con los que compartí nuevas aficiones: el cine, la música, el arte…Además, empecé a estudiar japonés en la Escuela de Idiomas de Madrid.Estudiaba todos los días una hora después de las clases de la universidad y allí nació mi deseo por conocer Japón.
Q2 先生が、ご自身の専門に取り組むようになったきっかけを教えてください。
 人間を変える可能性があるという意味で、つねに教育というものに関心がありました。知識や経験はわたしたちの未来への入り口ですし、学びの継続を後押ししてくれます。また、グローバル化した社会において外国語を勉強することは、世界をよりよくすることにつながるはずです。
 Siempre me interesó la educación por su gran poder para transformar a las personas. Conocer y experimentar nos pone en contacto con nuestros sueños y es posible apoyar este proceso de aprendizaje. Por otra parte, el aprendizaje de idiomas en la sociedad global, supone una contribución para mejorar el mundo.
Q3 研究テーマの魅力や面白さはどのようなところにありますか。
 学習方法の研究の魅力的な点は、学生自身がみずからの能力や可能性を切り開くための適切なやり方を発見しうることです。わたしたちの個性に応じた道具を用いて、わたしたち自身の学習をみずからコントロールすることを学ぶのが目標です。この分野の研究の基本は、自律的学習をうながすような新しいカリキュラム、学習活動、教材のデザインにあります。
 わたしはとくに語彙獲得に関心があり、学習戦略の導入はスペイン語コミュニケーションを改善すると考えています。こうした戦略や技術を示し、学生たちと共有していくのは、わくわくするような仕事です。
 Lo más atractivo del estudio de las estrategias de aprendizaje es la posibilidad de que cada estudiante encuentre la forma más adecuada para desarrollar sus propias capacidades y habilidades. El objetivo es aprender a autorregular nuestro propio aprendizaje usando herramientas que se ajusten a nuestras características. La investigación en este campo consiste en el diseño de nuevos currículos, actividades y materiales didácticos que fomenten el propio control.
  Me centro especialmente en la adquisición de vocabulario y el uso de estrategias ayuda a mejorar la comunicación en español. Mostrar estas estrategias y técnicas, y compartirlas con las estudiantes es una tarea apasionante.

paloma_sensei

Q4 学生へのメッセージをお願いいたします。
 わたしもかつて大学に入学する前は、何を勉強したらいいかわかりませんでした。いろんな選択肢がありましたし、どれか1つに絞り込むのをおそれていたのです。いまは正しい選択をしたと思っています。それに、ある意味で、もっと前からわたしの未来につながる道が始まっていたのだとも思います。
 一生懸命、積極的に勉強することは大切です。努力の結果を手にするためには少なからず情熱も必要です。かりにどんな小さなものでも、目標があれば、ずっと容易で楽しくなるでしょう。そして、本を読み、旅をして、映画を見て、展覧会やコンサートに足を運ぶことも大切です。勉強のやり方は1つだけではありません。世界はあなたたちのためにあるのですから!
 Antes de entrar en la universidad no sabía bien qué estudiar porque tenía muchos intereses y me preocupaba equivocarme. Ahora sé que no me equivoqué y que, de alguna manera, mi futuro se estaba preparando desde hacía mucho tiempo.
Es muy importante que nos impliquemos activamente en nuestros estudios, que pongamos un poco de pasión para poder recoger los beneficios de nuestro esfuerzo. Si tenemos alguna meta, aunque sea pequeña, todo será mucho más fácil y divertido. Y no olvidéis leer, viajar, ir al cine, a exposiciones, conciertos… Hay muchas maneras de aprender. ¡El mundo está abierto para vosotras!

教員紹介

氏名Trenado Deán  María Paloma
フリガナトレナド デアン マリア パロマ
職種准教授
所属スペイン語スペイン文学科
取得学位修士(教育学)
学位取得大学マドリッド コンプルテンセ大学  ネブリハ大学
専門分野言語教育学
研究テーマ第二言語習得理論、中でも個人差要因に焦点を当てて、それらの教育・学習プロセスへの応用を研究対象としている。特に、初級学習者の語彙習得を中心とした学習ストラテジーを研究している。
所属学会(役職)
及び受賞歴
日本イスパニア学会
CANELA学会会員
主要業績・Aprender a aprender 『神田外語大学紀要 14号』 2002年  
・Teorías de la motivación『神田外語大学紀要 15号』 2003年
・Aproximación al enfoque por tareas 『神田外語大学紀要 16号』2004年
・La intervención didáctica en estrategias de aprendizaje : una experiencia en el aula elemental de ELE en Japón 2005年
・Las estrategias afectivas en la clase de conversación.『清泉女子大学紀要 第55号』 2007年
・Las estrategias de comprension lectora en el nivel intermedio  『清泉女子大学紀要 第56号』 2008年
・El uso del diccionario electrónico: un estudio experimental en el aula de nivel intermedio de E/LE” 『清泉女子大学言語教育研究 第1号』 2009年
・El aprendizaje cooperativo: una propuesta de actividades para la clase de composición de ELE. 『清泉女子大学言語教育研究 第2号』 2010年
・Reflexiones sobre las diferencias entre el lenguaje femenino y masculino en español. 『清泉女子大学紀要 第59号』 2011年
・Consideraciones sobre el error y la corrección en el aula de composición de ELE 『清泉女子大学言語教育研究 第5号』2013年
社会活動、
文化活動等
・NHKラジオ『まいにちスペイン語・入門編 スペイン語のジムにようこそ!』(講師 菅原昭江、スキット共同) 2015年10月-2016年3月
・NHKラジオ『まいにちスペイン語・入門編 スペイン語のジムにようこそ!』パートナー(講師 菅原昭江)2015年10月-2016年3月
・放送大学初歩のスペイン語('17)ラジオ放送 パートナー (講師 木村琢也)
・『!Acción!』(共著)白水社 2010年3月
・『Por escrito 1』(共著) 同学社 2015年2月
・『Por escrito 2』(共著) 同学社 2015年2月

TOP