清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  学部・大学院 >  文学部 >  地球市民学科 > 学科の特徴

地球市民学科の特徴

グローバルな発想と視野を持ち、地球社会に貢献できる人材を育成します。

 (参考)地球市民学研究会HP(外部リンクへ)
 

学科の特徴

2017chimin_manabinozu

POINT 1
3つの学習領域を学び、多角的な視点と発想を養う

グローバル社会系、グローバル・コミュニケーション系、フィールドワークの3つの柱を学びます。グローバル社会系では理論や知識を、グローバル・コミュニ ケーション系では実践的なコミュニケーション能力を習得します。選択科目にはすべて難易度を示すレベルが付されているので、まるで登山をする時のように、 学生一人ひとりの理解や習熟の度合いに応じて、着実にステップアップしていけるようになっています。

POINT 2
  フィールドワークによって、理論や知識を確かな知へと変える

実際に国内や諸外国を訪問し、コミュニケーション能力を駆使し現地の人々と交流しながら、自分が関心のあるテーマについて情報収集や調査を行います。実際に現地で活動することによって、今まで単なる知識でしかなかったことが確かな知へと変わる瞬間を体験することができます。

POINT 3
地球市民学科の4年間の学びを通して、「本当の力」を身につける

1 年次の「チュートリアル」では、入学時点でつまずいてしまうことのないようにチューターの教員から助言やサポートを受けながら、4 年間の土台となる学びのスタイルを習得。4 年次の「卒業プレゼンテーション」が最終目標です。カリキュラムは知識・教養から実践まで網羅していますので、社会に出ても活かせる付け焼刃ではない「本当の力」を身につけることができます。

学科トピックス

TOPIC01
自分たちに何ができるかを考える
ハンガーバンケット[飢餓の宴]

ハンガーバンケット

世界の飢餓の現状を、参加者が第1・第2・第3世界に分かれて体験するイベント。本学科の学生が中心となり、企画・運営からポスター制作まで行います。それぞれの「世界」の食事を通して飢餓の現状を知り、自分たちに何ができるかを考えます。
TOPIC02
卒業生中心のネットワーク
つなぐ会

つなぐ会

本学科卒業生を中心に構成された「つなぐ会」は、地域の活性化と社会への貢献を目的として活動しています。メンバーが在学中に実施した、品川区に住む戦争体験者の方々へのインタビューをまとめた本を制作し、2018年2月には第2版を発行しました。

→購入方法はこちら
TOPIC03
地球規模で問題を考え、イベントを企画・運営
地球市民学会
地球市民学会は、本学科に在籍するすべての学生が所属する組織です。会員同士の互選による会長、副会長、会計、書記、マルチ、清泉祭代表、学年代表の役員で構成されており、これら代表メンバーが「ハンガーバンケット」やBBL(講演会)、清泉祭などの企画・運営を行うほか、学外にも開かれたさまざまな活動を展開しています。

地球市民学会

<地球市民学会の主な活動>
●「ハンガーバンケット」の主催・運営
●「Brown Bag Lunch(BBL)」の実施・運営
●清泉祭への参加
●新入生オリエンテーション・サポート
●新入生合宿への同行
TOPIC04
学生や卒業生の生の声や感想をまじえた学科教員によるフィールドワークの成果報告
『清泉女子大学 地球市民学科の挑戦
 ~21世紀の学びをフィールドワークに求めて』
アジア太平洋の各国や、アフリカのマラウイ、そして日本のむらへ。学生たちは、人との出会い、現地での学びを通して大きく成長していきます。
地球市民学科がこれまで10年余り国内外の各地で実践してきたフィールドワークの全体像を、参加学生の声もふんだんにまじえながら描いた市販本です。国内外での調査や交流など活動の詳細について、多数の写真も掲載して紹介しています。本学科のユニークな学びのリアルを知る必見の本です。

地球市民学科の挑戦 ~21世紀の学びをフィールドワークに求めて

TOPIC05
清泉女子大学が発信する世界初の「地球市民学」
書籍『地球市民学のすすめ』
『地球市民学のすすめ』は、専任教員が立ち上げた「地球市民学研究会」の活動成果の一部で、研究者たちがそれぞれの専門分野の立場から、「地球市民学」という新しい学問分野をどう構築して学生たちの教育に貢献できるかを提言しています。「平和」と「共生」をキーワードに、現場主義を貫きながら知識と体験の循環型学習を奨励し、問題解決型学習を目指す学問体系を構築することを共通の課題としています。
大学生はもちろん、これから大学を目指す高校生、地球市民でありたいと思われる方、新しい学問に関心のある方など多くの方々に広くお読みいただければ幸いです。

→購入方法はこちら

書籍『地球市民学のすすめ』

学科主任からのメッセージ

学年主任鈴木直喜教授

21世紀のグローバル社会を
豊かに生きるための知、
コミュニケーション能力、
実践力を身につけます
 現代社会の理解に「国際」だけでなく「グローバル」な視点が必要不可欠となって、早くも20年が過ぎました。今、私たちの日常生活に影響を与えている大気、海洋、気候、感染症、エネルギー、物流、物価、人口移動、情報通信等々は、グローバルな視点無くして理解することはできません。
 地球市民学科では、そんなグローバルな社会を豊かに生きるための能力として「隣人の問題を理解できる」「協働できる」「具体的な行動ができる」を重視しています。この3つの能力を身につけるため、専門選択科目として「グローバル社会」「グローバル・コミュニケーション」「フィールドワーク」の3分野が用意されています。また初年次の「チュートリアル」や3・4年次の「ゼミ(地球市民学研究法Ⅰ/Ⅱ)」など少人数クラスの科目も多数あります。学生と教員の顔の見える関係から学生一人ひとりにオーダーメイド型の教育を提供できるのが本学科の特色です。

書籍『地球市民学のすすめ』および『奮闘する女子大生のフィールドワーク』購入方法

1.次のボタンから購入申込書をダウンロードしてください。
(1)『地球市民学のすすめ』
(2)『奮闘する女子大生のフィールドワーク』
2.申込書にご記入後、清泉女子大学地球市民学科研究室(TEL/FAX : 03-5421-3268)あて、ファックスで送信してください。

3.ファックス送信後、1週間以内に、本学指定方法でお振込みください。
  ※振込先等の詳細につきましては、各購入申込書をご覧ください。

4.ご入金確認後、書籍を発送いたします。

TOP