清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

【先着100名】共通教養科目「日本芸能文化」特別公開講座

清泉女子大学・共通教養科目「日本芸能文化」特別公開講座
     1960年代70年代の歌謡曲から現代のポップス
        
―作曲・編曲家馬飼野(まかいの)俊一(しゅんいち)先生を迎えて―

 清泉女子大学文学部の共通教養科目に「日本芸能文化」があり、毎年さまざまな日本芸能のプロフェッショナルをお招きして、授業を行っています。今年はチェリッシュの「てんとう虫のサンバ」の作曲や細川たかしの「北酒場」の編曲で著名な馬飼野俊一先生をお迎えします。東京藝術大学の杉本和寛教授にインタビュアーを依頼し、日本の1960年代から70年代にかけての歌謡曲を振り返りつつ、現在もご活躍中の馬飼野先生に作曲・編曲に懸ける熱意をうかがっていこうと考えています。

 今回、在学生のご家族及びラファエラ・アカデミアの2018年度受講生(一日講座除く)に向けて、8月7日の2限を特別に無料公開いたします。懐かしい音源とともに、歌謡曲の黄金時代がよみがえります。どうぞ、お運び下さい。

・馬飼野俊一先生プロフィール

1946年愛知県豊橋市生まれ。作曲・編曲家。1966年に編曲家としてデビュー後、ピーター「夜と朝のあいだに」の編曲などをてがけ、和田アキ子「笑って許して」の編曲で第12回日本レコード大賞編曲賞を最年少で受賞。その後もチェリッシュ「てんとう虫のサンバ」「白いギター」野口五郎「君が美しすぎて」の作曲、細川たかし「北酒場」美川憲一「さそり座の女」森進一「襟裳岬」北原ミレイ「石狩挽歌」など1万2千曲の編曲を手がける。現在、日本作編曲家協会幹事、日本作曲家協会会員、日本音楽著作権協会正会員。
公開講座詳細
日時2018年8月7日(火)10:40~12:10
     (授業自体は、10:40~17:00)
会場清泉女子大学 2号館4階240教室
申込み方法

専用のお申し込みフォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。

申し込みはお一人さま1回でお願いいたします。
お申込者先着100名に「整理券」(ハガキ)を郵送いたします。

申込受付期間

2018年7月10日(火)~7月25日(水)


【お問い合わせ先】
清泉女子大学学務課
Tel: 03-3447-5551 (代)

TOP