清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

英語英文学科主催 第14回演劇講座「松岡和子先生講演会」

今回は、シェイクスピア全作翻訳達成まであと数作品となった、翻訳家、松岡和子先生におこし頂きます。松岡先生の一番最近のお仕事は、2019年にさいたま芸術劇場で上演される『ヘンリー五世』の翻訳です。この出来立てほやほやの翻訳作品をめぐるお話をはじめ、魅力ある女性登場人物を女性の視点から翻訳する経験についてなど、縦横無尽に語って頂く貴重な機会となります。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

ゲ ス ト : 翻訳家 松岡和子先生
聞 き 手 : 清泉女子大学 准教授 米谷郁子

【日 時】10月15日(月曜日) 14 時50分 - 16 時20分

【場 所】清泉女子大学 240教室

【対 象】一般参加者および本学学生

【参加費】無料

【申込方法】英語英文学科研究室(kouen-eibunka@ml.seisen-u.ac.jp)まで「氏名」「人数」を記載の上 、メールでご連絡ください。人数に達し次第、締切りとさせていただきます。
 


松岡和子先生
<略歴>
翻訳家、演劇評論家。東京大学大学院修士課程修了。1 9 7 0 年代から数々の現代演劇を翻訳。1 9 9 3 年以来、シェイクスピアの全戯曲の翻訳に取り組み、彩の国さいたま芸術劇場の彩の国シェイクスピア・シリーズで翻訳を担当し、企画委員も務める。主な著書は、『すべての季節のシェイクスピア』( 筑摩書房) 、『深読みシェイクスピア』( 新潮社) 等。シェイクスピアの訳書は、ちくま文庫からシェイクスピア全集として次々と出版されている。

米谷 郁子清泉女子大学准教授
<略歴>
初期近代イギリス文学研究。著書に『今を生きるシェイクスピア- アダプテーションからの文化理解』『甦るシェイクスピア』( いずれも研究社) 他。

【問い合わせ先】清泉女子大学 英語英文学科研究室 kouen-eibunka@ml.seisen-u.ac.jp

松岡先生講演会(410KB)

TOP