清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

梅澤秀夫教授 中見真理教授 最終講義

文化史学科の梅澤秀夫教授、中見真理教授は平成31年3月に定年を迎えられます。下記の通り梅澤先生、中見先生の最終講義を開催することとなりました。
教職員・在学生・卒業生、多くの皆様方のご参加を心よりお待ち申し上げております。

日時:平成31年2月9日(土) 13時05分~16時20分

会場:清泉女子大学 2号館4階 240教室

開会挨拶:13時05分より

中見真理教授 最終講義
時間:13時10分より14時40分
題目:何にどう挑み、これからどこへ? -平和論の強化を目指して-

梅澤秀夫教授 最終講義
時間:14時50分より16時20分
題目:将軍と「日本国王」 ―江戸の政治と「正名」論―

*茶話会:講義終了後、ラファエラ食堂にて予定しております。
*申込み:官製はがき、またはEメール(saishu-umezawa-nakami@seisen-u.ac.jp)にて文化史学科研究室までお申込みください。
締め切りは平成31年1月31日(木)です。
参加人数把握のため事前のお申込みをお願いしておりますが、当日のご参加も可能です。
*詳しいお問い合わせは、文化史学科研究室(代表03-3447-5551)までお寄せください。

梅澤先生、中見先生最終講義ポスター

TOP