清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

コロナ禍から学ぶオンライン講演会(対象:在学生・保護者・卒業生他ステークホルダーの皆様)

オンライン講演会開催のお知らせ

 本学ステークホルダーの皆様を対象として、コロナ禍における諸問題やウィズコロナ時代を、カトリックの大学、また文学部を擁する大学としての視点から考察し、今後の社会生活の中で役立て実践するための手がかりとしていただくための特別企画として、「コロナ禍から学ぶオンライン講演会」(全3回)を開催いたします。
 ZOOMウェビナーを通じたリアルタイムの配信ですので、オンライン授業さながらの雰囲気をお楽しみいただけます。参加者のお顔やお名前が分かることもございませんので、ご安心ください。参加ご希望の方は、下記の方法によりお申込み下さい。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【日 時】

 第1回  9月19日(土)13:00~14:30
     テーマ:「スペイン風邪と大正文学―マスクをめぐって―」
     講演者:有光 隆司(元清泉女子大学日本語日本文学科教授、大学史料室(準備室)顧問)

 第2回  10月10日(土)13:00~14:30
     テーマ:「コロナ禍でこそ周りとの関係をよくするために、まずは、実践したいアンガーマネジメント」
     講演者:松井 ケティ(清泉女子大学地球市民学科教授)

 第3回  10月17日(土)13:00~14:30
     テーマ:「パンデミックとキリスト教:宗教者たちはなにを考えてきたか」
     講演者:坂田 奈々絵(清泉女子大学文化史学科専任講師)

 ※ 各回の詳細はこちらをご覧ください。
【形 式】ZOOMウェビナー
     お申込み後、各回の開催3日前までにURLとパスワードをご連絡いたします
【対 象】本学ステークホルダー(在学生、保護者、卒業生、発展協力会会員、ラファエラ・アカデミア会員、教職員)
【定 員】各回500名(先着順)
【費 用】無料
【お申込み】下記より、開催1週間前までにご希望の回をお申込みください。3回すべてにお申込みいただくことも可能です。
   ・第1回(9月19日開催、「 スペイン風邪と大正文学―マスクをめぐって―」)受付終了しました
   ・第2回(10月10日開催、「コロナ禍でこそ周りとの関係をよくするために、まずは、実践したいアンガーマネジメント」)
   ・第3回(10月17日開催、「パンデミックとキリスト教:宗教者たちはなにを考えてきたか」)
【ご注意
  1. ZOOMウェビナーの使い方に関するお問い合わせ、技術的サポートおよび講演会当日の接続不良等に関するお問い合わせはお受けできかねます。予めご了承ください。
  2. ネット環境、PC等の端末(カメラ、マイクは無くても可)が必要です。オンライン参加が可能な環境であることをご確認のうえ、お申込みください。

【お問合せ先】清泉女子大学 理事長室
        Email:somu-ka@seisen-u.ac.jp

 

TOP