清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

2016年度後期第2回FD研修会のお知らせ

学部FD委員会、大学院FD委員会、入試部の共催で2016年度後期第2回FD研修会を以下の通り開催いたします。
 
日時 2017年3月3日(金)17:30~19:00(第1回とは時間が異なります)
場所 清泉女子大学 1号館4階140教室
講師 三藤あさみ氏 (元)横浜市教育委員会指導主事、横浜隼人中学校・高等学校講師
演題 今なぜ、パフォーマンス評価とルーブリックか
   –中学校社会科での実践例から考える–
 
学習者が身につけた知識・技能をそれが用いられるべき文脈の中で評価することが、パフォーマンス評価の考え方です。一方、ルーブリックとは、学習結果としての行動や成果物を、できるだけ客観的かつ本質を逃さずに評価するために活用(作成・参照・改訂)する、具体的なガイドラインにあたります。三藤氏は、このパフォーマンス評価とルーブリックを中学校の社会科教育で実践し、それを「パフォーマンス評価にどう取り組むか」(日本標準ブックレット) の中で平易に解説されています。パフォーマンス評価は、従来より一部の教科や学習活動(総合的学習の時間など)で用いられてきましたが、今、それは、より多くの校種・学習場面で求められるようになっています。今回の講演では、パフォーマンス評価の考え方と基本的な方法を解説していただき、それを実現するためのポイントを事例をもとに探りたいと思います。
 
上記研修会につきましては、入構関係、資料準備の都合がありますので、専任教員以外で参加を希望される方は、事前に本学学長室までお申し込みをお願いいたします。
 
学長室 電話:03-3447-5551 内線204 メール:gakucho-shitsu@seisen-u.ac.jp
 

TOP