清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

日亜修好120周年記念写真展オープニングレセプション開催報告

 日本とアルゼンチン修好120周年を記念して、本学ではアルゼンチン関連の様々なイベントを実施しています。

 9月25日(火)からアルゼンチン人フォトグラファーのセレステ・ウレアガ氏による写真展「“UNIVERSO CELESTE”『セレステの世界』」が始まり、写真展初日にはアルゼンチン大使館から大使らをお招きし、オープニングレセプションを開催しました。スペイン語スペイン文学科の学生が司会進行役を務め、佐伯孝弘学長、アラン・ベロー大使、写真家セレステ・ウレアガ氏のスピーチや、アルゼンチン文化の普及および公式祝賀事業へ大きく貢献したことによる感謝状の贈呈が行われました。

 会場となった本館ロビーにある本学設立者・アルゼンチン人のシスターエルネスティナ・ラマリョのレリーフの前で、佐伯学長とベロー大使は固い握手を交わし、今後ますます両国の交流を推進することを約束しました。


 

アルゼンチン

シスターエルネスティナ・ラマリョのレリーフ前で

感謝状

アルゼンチン大使館より贈られた感謝状

アルゼンチン

アラン・ベロー大使(左)
セレステ・ウレアガ氏(中央)
佐伯孝弘 学長(右)

アルゼンチン

佐伯学長のスピーチ

アルゼンチン

レセプションの様子

アルゼンチン

レセプション後、図書館でアルゼンチン関連図書見学

TOP