清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

清泉PBL活動報告会とラウンドテーブルのご報告

 2月7日(木)、今年度活動した清泉PBL(Project Based Learning)のグループメンバー、連携企業・団体、4月に入学予定の高校生、本学教職員によって、「清泉PBLラウンドテーブル2019『世界を変える清泉PBL』~External Reporting & Workshop for Sustainable Development Goals~」と題した活動報告会とワークショップが開催されました。

 9つのプロジェクトグループごとに、どんな活動を行ったか(「WHERE WE ARE」)が共有され、次にこれからの社会はどのようになるのか(「WHERE WE GO」)を話し合ってテーマを決定し、最後にこのテーマについてSDGsで設定されている2030年の社会に向けて自分たちがどのようなことを行うか(「WHAT WE DO NEXT」)が発表されました。

 参加者からは「1年間の計画で活動してきましたが、未来につながる活動だということがわかり、これからそれを見据えた活動計画を考えていきたいと思うようになりました」(PBL参加学生)、「大学で勉強する先輩方といろいろなお話しができてよい経験になりました。入学が楽しみです」(高校生)、「プロジェクトでは大学生の柔軟な考えに驚かされ、刺激をいただいています。これからもよろしくお願いします」(連携企業ご担当者)といったコメントがありました。

清泉PBLWS1p

清泉PBLWS2p

TOP