清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

地球市民学科グローバル・シティズン育成プログラム参加者募集(3/30)

グローバル・シティズン育成プログラム

地球市民学科イベント

How to feed the world?

世界の食糧問題をどう解決するか
日本をはじめとする先進諸国では、日々、大量の食糧が食べられることなく廃棄されるという「フードロス」が社会問題となっています。他方、世界には、日々口にする食糧を得ることができずに命を落としていく人びともいます。こうした飢餓人口は、全世界の約10%ほどいると見積もられています。また、5歳未満の子どもの約1億5000万人が、慢性的な栄養失調に苦しんでいるといいます。

国際社会は、何年もかけてこの問題に取り組んでいますが、まだ、解決することができていません。だからといって、あきらめるわけにはいきません。いきなり全部を解決できなくても、よりよい状況、よりマシな状況を追求していこうとする姿勢が大切です。

「世界の食糧問題」に代表されるグローバルな諸課題に対して、決してあきらめることなく、様々な視点から解決策を模索していく。こういう姿勢こそが、今、まさに世界中で求められている「グローバル・シティズン(地球市民)」としての資質です。

 
グローバルな諸課題(=複雑な問題)に挑むための思考法を自分のものとする
グローバル・シティズンが取り組むべきグローバルな課題は、どれも複雑で、そう簡単に解決することができなさそうに見えます。
どこから手を付けてよいか、途方に暮れてしまうという人もいるかもしれません。

そんな時に、問題の解決に向けて具体的に動き出す助けとなるのは、私たち清泉女子大学の地球市民学科が独自に取りまとめた「101のコンセプト」です。「コンセプト」という言葉は、聞き慣れないかもしれませんが、今のところは「複雑な問題に挑むための思考の概念や思考のツール」だと考えておいてください。

本プログラムでは、世界の食糧問題というグローバルな課題を事例として取りあげ、いくつかの「コンセプト」を使いながら、解決策を探っていくグループワークを行います。

このプログラムに参加したみなさんは、グローバルな課題を解決に導く上で、「コンセプト」がどのように役に立つのかを実感できると共に、自らのスキルとして体内にインストールできるでしょう。

本プログラムで使用するコンセプト

#目的

ギャップ分析

システム・ダイナミクス


開催日時 2020年3月30日(月)12:30~(受付12:00~)
会場 清泉女子大学 講堂・2号館4F(240教室)

  東京都品川区東五反田3-16-21


本イベントは、予約制です。
12:30〜15:00の「グローバル・シティズン育成プログラム」は先着順、高校生・受験生限定です。

その他のブログラムはどなたでもお申し込みいただけます。
お申し込みはこちらから↓

お申し込みはこちら

特典

ワークショップ参加者には、本学の地球市民学科より「グローバル・シティズン育成プログラム修了証」が授与されます。本学の総合型選抜入試(AO入試・Global Citizen育成型入試)はもちろんのこと、他大学のAO入試・推薦入試等の出願や面接でのアピールに、本プログラムの受講経験を通して得たスキルや修了証を、ぜひご活用下さい。 

TIME SCHEDULE

TIME SCHEDULEグローバル・シティズン育成プログラム



グローバル・シティズン育成プログラム(ワークショップ)
〈高校生・受験生 先着50名限定〉
参加者は、事前にプログラムで使用する「コンセプト」の解説動画を視聴した上で(参加申込者に対して、限定公開のURLをお知らせします)、当日は国境を越えた取り組みが必要となる課題に関するグループワークに臨みます。

その際、思考の概念・思考のツールとして、具体的にいくつかの「コンセプト」を使いながら、グループワークの形で多角的な議論と考察をすすめます。

到達目標は、「グローバル・シティズン」に求められる実効性がありながらも創造的な解決策を導き出すこと。

最後には、グループごとに成果発表を行います。他のグループの「解決策」に触れることで、新たな気づきを得ることができるでしょう。

JICA

【本プログラムをお勧めする人】
 以下の項目に1つでも当てはまる人は、本プログラムへの参加をお勧めします。一足先に、グローバル・スタディーズの「新しい形」としての地球市民学科の新カリキュラムを、自分自身で体験してみて下さい。

✓ 世界のことを、もっともっとよく知りたい
✓ グローバル社会が抱える問題の解決に興味がある
✓ 小さくてもいいから、少しでも社会をよくすることに関心がある
✓ 国際系の学びに興味がある
✓ AO入試や推薦入試での大学受験を検討している
✓ 大学生になったら、海外へ留学してみたい
✓ 将来は語学力を活かしながら、仕事をしてみたい
✓ いつか国際機関で働いてみたい
✓ いつか海外で働いてみたい
✓ 複雑な問題を解決するための思考の概念や思考のツールである「コンセプト」に興味がある
✓ 「いつまでも学び続ける」ことのできる力を身につけてみたい
✓ 「グローバル・シティズン」として生きてみたい

気になるコトバ

●グローバル・シティズン(地球市民)
一国家の取り組みだけでは解決が難しい多様な問題が山積している現代社会で、グローバルな視点から問題の本質を捉え、多様な人びとと協働しながら、問題を解決していくことのできる人材が「グローバル・シティズン(地球市民)」です。 
●コンセプト
生活の中で「優先順位をつける」という作業はしていると思います。飢餓問題や環境問題に向き合う際にも、「優先順位をつけること」は不可欠です。たとえば、「最優先事項(#firstprinciples)」や「目的(#purpose)」というコンセプトは、優先順位をつける上で有益な考え方です。また、プレゼンテーションを効果的に行うためには「聴衆(#audience)」というコンセプトを適切に理解して使いこなすことが求められます

このように多様なテーマを考える際に応用・適用できる思考の概念・思考のツールを「コンセプト」と呼んでいます。
開催日時 2020年3月30日(月)12:30~(受付12:00~)
会場 清泉女子大学 講堂・2号館4F(240教室)

  東京都品川区東五反田3-16-21


本イベントは、予約制です。
12:30〜15:00の「グローバル・シティズン育成プログラム」は先着順、高校生・受験生限定です。

その他のブログラムはどなたでもお申し込みいただけます。
お申し込みはこちらから↓

お申し込みはこちら

地球市民学科新カリキュラム動画

地球市民学科は、2001年に設立されました。それから、20年の間、グローバル・シティズンを育てるための教育を行ってきました。そんな地球市民学科は、過去20年の経験を生かしながら、変化の激しい時代に自分のやりたいこと、やるべきことを成し遂げられる女性を育てるために、2021年から、カリキュラムを刷新します。

20年の歴史を誇る地球市民学科が、「次の20年」を見据えながらどのようなカリキュラムを展開しようとしているのかを動画でご紹介します。ぜひご覧ください。
※この動画は、グローバル・シティズン育成プログラム(ワークショップ)に参加される方向けの、「コンセプト」の解説動画ではありません。このプログラムに参加される方には、別途、事前視聴のための動画を見ることができる限定URLをお知らせします(3月上旬を目処にお知らせする予定です)。

関連リンク集

お問い合わせ

清泉女子大学 入試・広報部
〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21
Tel : 0120-53-5363
Mail : koho@seisen-u.ac.jp
アクセスマップはこちら

TOP