清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

登校できずにいる在学生のみなさんへ 学長メッセージ

 清泉女子大学の奥庭の桜は見頃を過ぎて散ってしまいそうですが、代わってツツジの花が赤く美しく咲き始めています。さて、皆さんは如何(いかが)お過ごしでしょうか。

 本来なら入学式やガイダンス、オリエンテーションに出席して、新年度の始まりに胸を躍らせておられるはずの時期です。しかし、御存じの通り、新型コロナウイルス感染症流行の拡大の影響で、諸行事を中止し、授業の開講を1か月先延ばしせざるを得ませんでした。皆さんもさぞ残念で且(か)つ不安でいらっしゃるでしょうが、私達教職員も残念です。しかし、皆さんの安全を第一に考えると共に、感染拡大を防ぐ社会的義務を大学として果たすための処置ですから、どうか御理解下さい。

 皆さんは第一に、新型コロナウイルスへの感染を防ぐために、自分の健康状態に気を付ける、手洗いとうがいを励行する、不急不要の外出を避ける、感染リスクの高い環境に身を置かないなど、感染予防に努めて下さい。

 また、大学のホームページやポータル、「学びの泉」等で大学からのお知らせが頻繁に更新されますので、必ずこまめにそれらをチェックするよう心掛けて下さい。

 現在私達教職員は、5月7日に恙(つつが)なく新学期の授業を始められるよう、事前の皆さんへの郵便やホームページ、ウェブを通したガイダンスの実施や、インターネットを使って行うオンラインの授業体制の準備等を、全力で進めています。開講後も当面は、皆さんの安全を考慮し、集まって教室で行う形でなくオンライン形式の授業を行い、自宅で学習して頂(いただ)きます。本学としても全面的なオンライン授業を行うのは初めてのことですが、支障のないよう最善を尽くしますので、皆さんもどうか協力をお願いします。

 このような先行きの不透明な困難な状況の中で、皆さんが不安を募(つの)らせておられるのではないかと案じております。自分自身のみならず周囲の人達を守る意味でも各人の自覚と慎重な行動が求められるものの、過剰に不安がったり悲観視したりすることはありません。必ずいずれ事態は収束します。加えて、逆境は人間を強くします。大学時代は人生で最も自由な時期ですが、普段以上に時間の猶予を得たことで、自分のやりたい学問や目指す将来像や、ひいては自分自身と向き合う機会を得たとプラスに考え、目的意識をしっかりと持って、各人読書や事前学習に是非励まれて下さい。

 島津山の美しいキャンパスに、皆さん全員が元気に登校される日を、教職員一同心から楽しみにしております。共に頑張(がんば)って、この難局を乗り越えましょう。

 

   令和2年4月10日

清泉女子大学学長 佐伯孝弘

TOP