清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

【重要】新型コロナウイルス感染症に関連する本学の支援について(学生・保護者の皆様)

学生・保護者の皆様へ

新型コロナウイルス感染症に関連する本学の支援について

 

理事長 吉岡 昌紀

2020年5月3日

 

 平素より、本学の運営に関して多大なご理解とご協力をいただき、まことにありがとうございます。

 新型コロナウイルス感染症が拡大するなか、学生・保護者の皆様におかれましても、さまざまなご心配のなか、日々をお過ごしになっていらっしゃると存じます。本学におきましては、この影響を受けて新学期の授業開始が遅れておりますが、連休明けの5月7日から、オンラインで授業を開始いたします。授業に関する取組の詳細につきましては、学長をはじめとする教職員からもご連絡・ご報告をさせていただいておりますが、全面オンライン授業というはじめての経験の中で、教育の質を保証するべく授業の準備を鋭意進めております。

 ところで、オンライン授業をはじめとする本学の対策に関しまして、学生・保護者の皆様にもさまざまなご協力をいただき、場合によってはご負担をおかけしているところがあると存じます。また、新型コロナウイルス感染症による経済活動収縮の影響を直接・間接に受けていらっしゃる場合もあると存じます。

 本学といたしましては、これらのご負担等に対して、オンライン授業における教育の質を保証することと、学生の皆様が大学での勉学を続けることができることを主な目的として、以下のような支援を実施し、また今後新たに実施していく予定です。その際、学生・保護者の皆様のそれぞれのご事情に即した支援を行うことができるように、検討を重ねております。

 

具体的な支援項目

 下記の項目について、大学としての支援を行います。すでに支援を始めている項目については、引き続き拡充を図ります。なお、今後の支援の詳細につきましては、決まり次第、改めてご連絡いたします。

1) インターネット接続の支援

 自宅のインターネット接続回線(通信容量を含む)の確保・改善を図る支援をいたします。これにより、すべての学生が、自宅からインターネットに接続し、オンライン授業を受けるのに十分な通信容量を確保できるようにします。

 

2) パソコン利用の支援

 すべての学生が自宅でパソコンを利用できるように支援いたします。これにより、現在パソコンをお持ちでない場合であっても、自宅でパソコンを用いてオンライン授業を受けられるようにします。

 この取組はすでに開始しており、4月中旬からパソコン貸与の準備を始め、5月7日のオンライン授業開始時には、ほぼすべての学生が自宅でパソコンを使って授業を受けられる予定です。オンライン授業開始後、トラブル等によってパソコンが利用できなくなった場合にも即時に対応できるよう、さらに支援を広げる準備をいたします。

 なお、本年度の1年次生からは、ご自身のパソコンを用意していただくことにしておりますので、この支援は2年次生以上の学生に対する支援になります。

 

3) 経済的状況に応じた修学支援

 新型コロナウイルス感染症のために経済活動が停滞しており、その影響を深く受けていらっしゃるご家庭もあると存じます。そのような場合であっても学生が大学で学び続けることができるように、給付型の新たな修学支援制度を設けます。現在の本学の奨学金制度を2倍以上に拡大する予定です。

 今年度から始まった国の高等教育修学支援新制度の運用などについてはまだ不明なところがございますので、具体的な詳細についてはそれらを勘案し、公平・平等な支援となるよう検討してまいります。

 

4) 図書の貸出

 現在、大学図書館の図書の貸出ができない状態ですが、オンラインで貸出請求を受けた図書をご自宅に郵送するなど、直接図書館で借りるのに代わる方策を実施いたします。

 

5) その他

 学生のアルバイトが激減している状況への対応策など、学生生活の実態を踏まえた支援を考えたいと思っています。

 

 末尾になりましたが、今回の新型コロナウイルス感染症において、皆様それぞれがご健康に留意され、困難を乗り越えていかれますよう、お祈りいたします。

 

 

TOP