清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

臨時閉館中の図書館サービスについて(図書館長メッセージ)

新型コロナウイルスは、全世界的に大きな影響を与え続けています。本学の講義も、原則として前期中はオンライン授業にすると決定し、すでにオンラインでの授業が始まっています。

対面での授業に比べて不自由を感じることがあるかもしれませんが、こういう時期であっても、そしてそれがオンラインだろうがオフラインだろうが、私たちは、学問の営みを止めることなく、学び続け、考え続けなくてはなりません。

大学での教育・研究にとって、図書館が持つ役割は極めて重要です。大学図書館の機能を、最大限自身の学びや研究に活かしてもらいたいと思っています。とはいえ、学生の皆さんに加え、教職員の健康を守りつつ、感染を封じ込めるために大学に課せられた社会的要請を果たすことも緊急性の高い課題です。

図書館としては、両者のバランスを図りながら、学生や教職員の皆さんに可能な限りの図書館サービスを提供していきたいと思います。

各種データベースや電子ジャーナル、電子書籍など、従来からオンラインで利用可能なサービスは、引き続きいつでも使うことができます。加えて、郵送による図書の貸し出し、文献複写のサービスも開始します。オンラインでのレファレンス・サービスやライティング・アドバイザーによる文書添削等のサービスも、近日中にはじめられるように準備しています。

状況は、刻々と変化していきます。さまざまな制約がある中、その都度、最適と思われる判断をしていきたいと思います。その結果は、速やかにウェブサイトや清泉ポータル等を通してお知らせします。

また、図書館では、常に利用者の皆様からの提案・コメントを歓迎します。すべてのリクエストに応えることはできないかもしれませんが、大学の構成員全員で協力しながら、よりよい図書館を作っていきたいと思います。それが、清泉らしい歩みだと信じています。

さまざまな制約がある中でも、そして、そういう困難な時期だからこそ、冷静に立ち止まり、しっかりと学問に向き合う必要があるのだと思います。
図書館として、引き続き、そのためのお手伝いをしていきます。


清泉女子大学 図書館長 山本達也

TOP