清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

【重要】授業料・施設費返還の御要望に対する回答について(在学生・保護者の皆様)

  令和2年5月28日
 
在学生・保護者の皆様へ
 

授業料・施設費返還の御要望に対する回答について

                    学 長 佐伯 孝弘
                                                

 日頃より清泉女子大学の運営に御協力下さり、ありがとうございます。緊急事態宣言が解除されたとは言え、皆様におかれては依然緊張を強いられる生活を送っていらっしゃるのではないかと拝察致します。本学は既に御案内申した通り、前期末、夏休み前までは現在のオンライン授業体制を継続いたします。在学生の皆様の安全を第一と考える故の措置です。どうそ御理解願います。

 さて、複数の在学生の有志から、現在学生が登校できない状況に鑑み、授業料・施設費の返還の御要望が出ております。大学に来られない不利益を蒙っていらっしゃるのですから、心情的にはそのようなお申し出があることは理解できます。しかし、申し訳ございませんが、他大学同様、本学においても返還の御要望に応じることはできません。以下、その理由について御説明申し上げます。

 オンライン授業においても、通常対面授業に劣らぬ内容・教育効果を保つべく、教職員は皆弛まぬ努力をしております。また、全学生にオンラインの受講環境を整えるため、大学サーバーの強化や、環境の整わない学生へのノートパソコン貸し出しなど、大学側は多額の費用を掛けて対応しております。また、納入頂いている授業料・施設費は、当該年度のみに充当するものでなく、在学なさる全期間を通じて十全な学修環境を整え、皆様に十分な学修を積んで卒業して頂くための必要不可欠な経費です。

 先に公表致しました通り、本学における学生支援は、「経済的に、特に新型コロナウイルス感染症流行の大きな影響を受けた状況にある学生への特別奨学金の給付」と「全学生へのオンライン学修環境の提供」の2つを軸に行っております。前者については、近々に受付を開始致します。後者については、100台程の貸し出し用パソコンを用意し、既に5月1日より順次発送を開始しており、その他必要に応じ、通信費補助、印刷費補助も行います。(詳細については本学公式Webサイトに5月23日掲載の理事長・学長連名の御案内を御覧下さい。)

 以上のことから、授業料・施設費の返還に関する御要望には、大学として応じかねる次第です。上記の諸事情に鑑み、御理解の程何卒お願い申し上げます。

 本学ではキリスト教ヒューマニズムに基づく建学の理念の下、自分自身を大切にするだけでなく周囲をも思いやり大切にするため、8月上旬までオンライン授業体制を継続いたします。大学での対面での学生支援も、安全性に最大限配慮しつつ段階的に再開する予定で準備しており、詳細については追って御案内いたします。

 教職員一同、精一杯皆様に寄り添い、皆様の学修のために努力しております。困難・苦難の時ですが、共に頑張りましょう。末筆ながら、皆様どうぞ御自愛下さい。

 

TOP