清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

ジョサイア・コンドル没後100年記念 「コンドルと清泉女子大学本館」 動画公開のお知らせ

 清泉女子大学ではこのたび、大学創立70周年記念行事の一環として、本学の象徴である旧島津家本邸(国指定 重要文化財)を設計した建築家ジョサイア・コンドルの没後100年を記念した動画を公開いたします。
 コンドルは明治・大正期に活躍した英国生まれの建築家であり、明治政府の招聘により来日しました。鹿鳴館の設計で知られるように、数々の有名建築を設計した傍ら、東京駅舎の設計で知られる辰野金吾をはじめ、多くの著名な建築家を育成し、日本における西洋建築の礎を築きました。本学が現在、大学本館・事務棟として使用している旧島津家本邸は、晩年の作品であり、現存する数少ないコンドル建築のひとつです。
 没後100年目の命日にあたる2020年6月21日、本学ではコンドルへの敬愛の念を込め、旧島津家本邸をはじめとした、コンドルが携わった現存する建築物を紹介する動画を公開いたします。本動画の前半には、日本におけるコンドル研究の第一人者である河東義之氏〔小山工業高等専門学校 名誉教授・工学博士、本学創立70周年記念行事(コンドル・サミット)顧問〕によるご講演、後半には、現在に残るコンドルが設計した建築の紹介を収録しております。ぜひご高覧ください。
 なお、来年2021年6月には、現存する建築物の関係者にご登壇いただくイベント「コンドル・サミット」の開催を予定しております。開催の目途が立ちましたら、改めて本学公式Webサイトにてお知らせいたします。

 本学公式Webサイト内、旧島津家本邸の紹介ページには沿革等の概要を掲載しております。また、邸内の様子は「学生ガイドによる本館バーチャルツアー(動画)」で紹介しておりますので、併せてご覧ください。
【お問い合わせ先】
清泉女子大学 学長室

TOP