admissions information

試のポイント

AO入試・Global Citizen育成型入試・奨学生入試・一般入試について、ポイントをまとめました。

AO入試つのポイント

POINT1
成績基準が不要

出願にあたって高等学校や中等教育学校の評定平均値などの成績基準は設けていません。 ただし、英語英文学科では、英語の資格・検定試験の基準を設けています。

POINT2
書類審査、口頭試問(個人面接)、小論文により、総合的に選考

学力だけでなく、志願者の資質、個性、能力、勉学意欲、経験、学業以外の諸活動の成果等も評価の対象とし、第1次選考として書類審査を行い、第2次選考として口頭試問(個人面接)および小論文(文化史学科を除く)を課し、総合的・多面的に評価し選します。

POINT3
他大学との併願も可能

専願ではなく、合格しても入学の拘束がありませんので、他大学との併願が可能です。


公式Webサイト(AO入試)




Global Citizen育成型入試つのポイント

POINT1
地球市民学科のカリキュラムを体験できる「カリキュラム体験型」の入試

地球市民学科は、2021年度より新カリキュラムに移行します。このカリキュラム改革に合わせ、同学科を対象とした新しい入試制度「Global Citizen育成型入試」を、これまでのAO入試や公募推薦入試に代わる入試として、10月に実施します。
選考課程で、事前学習やゼミ形式による授業を体験することにより、地球市民学科の4年間の学びの内容やカリキュラムをイメージできる入試です。
選考方法は、次のとおり2段階で選考します。
 第1次選考:「書類審査」および事前学習やゼミ形式による授業体験後の「小論文」
 第2次選考:「口頭試問(個人面接)」
※新カリキュラムおよびこの入試は、1年次入学者が対象です。

POINT2
10名の募集人員

地球市民学科では、一般入試の次に募集人員が多い入試であり、広く学生を募集します。

POINT3
他大学との併願も可能

専願ではなく、合格しても入学の拘束がありませんので、他大学とも併願が可能です。


公式Webサイト(Global Citizen育成型入試)





奨学生入試つのポイント

POINT1
授業料・施設費を免除。一般入試免除合格のチャンスもあり

①特別奨学生合格者には授業料・施設費の全額を、②奨学生合格者には同半額を、最長4年間免除します(1年ごとに資格を見直し)。
奨学生に採用されなかった場合でも、本学で学ぶうえで十分な学力を有する受験者は、③一般入試を免除して入学を許可します。

POINT2
1教科の学力試験と口頭試問(個人面接)等による入試

高校からの推薦は必要ありません。
各学科が指定する1教科の学力試験、口頭試問(個人面接)、および提出書類により、選考します。

POINT3
本学の他の入試や、他大学とも併願可能。早期合格確保のチャンス!

推薦入学やAO入試、Global Citizen育成型入試など、本学の他の入試とも併願可能です(推薦入学合格者は合格学科のみ併願可)。もちろん、他大学との併願も可能です。12月中に合格発表が行われるため、大学入学共通テストや一般入試の腕試しにもなります。


公式Webサイト(奨学生入試)




一般入試つのポイント

POINT1
3教科を受験、2教科高得点で判定

外国語、国語、地理歴史の3教科を受験してください。
各学科が指定した1教科と、他の2教科のうち高得点の1教科の合計で判定します。

POINT2
英語外部検定試験を活かす

英語外部検定試験で一定の点数等を取得している場合、2・3月の一般入試の「英語」の点数に換算することができます。
なお、こちらを利用した場合でも「英語」の試験の受験は必須です。この場合、点数の高い方を採用します。

POINT3
入学手続期間が長く、併願しやすい

2月入試・共通テスト利用入試は、合格後に入学金を納入していただくための期間(第1次入学手続期間)が長い(2月24日(水)まで)ため、他大学とも併願しやすくなっています。


公式Webサイト(一般入試(2月入試))
公式Webサイト(共通テスト利用入試)
公式Webサイト(一般入試(3月入試))