清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  清泉ラファエラ・アカデミア >  講座のご案内 > 06近代文学散歩

講座番号 06  近代文学散歩
           銀座・東銀座散策


講師 有光 隆司    
     清泉女子大学教授  清泉女子大学大学院言語文化専攻教授

<講師から一言>
ただ単に銀座をブラブラするのではなく、「文学」というメガネを掛けて眺めるとき、不思議にもそこに幻想の銀座が立ち現れてまいります。

 
開催日 秋期 2019年10月5日~2019年11月9日
曜日
時間15:10 ~ 16:40
回数秋期 3回
定員30名
受講料秋期 7,200円
見学×
テキスト必要に応じてプリントを配布
備考第3 回講座は、4 時間程度の散策を実施予定です。詳細は講座内で説明します。なお、散策の回に限り、「清泉ラファエラ・アカデミア会員規約」第10 条(交通事情・天災による休講)に加え、散策当日の午前 6 時の時点で気象庁が、東京 23 区内に大雨警報を発令している場合も休講になります。上記の理由による休講の場合、受講生に個別連絡はいたしませんので、各自本学ホームページで確認をお願いいたします。傷害保険加入のため、最小限の個人情報を保険会社へ提供します。あらかじめご了承ください。

  お申込みフォームはこちら

講座内容
  「銀ブラ」の語源にはいくつかの説があるようです。たとえば銀座にブラジルコーヒーを飲みに行くとか、銀座をブラブラするとか…… 今回は後者の説に従って、4時間ほど銀座をブラブラ歩きます。とは言ってもちょっとヘビーな散歩です。
 まずは新橋から。いきなり銀座八丁目のマニアックな路地裏散歩から始め、銀座の中心地、四丁目を足早に通過し、一路東銀座へ。透谷、鷗外、杢太郎、三島らにも手伝ってもらいながら、明治から大正へ、はたまた高度経済成長期に入る手前の昭和期の銀座に足を踏み入れ、時にノスタルジックに、時にレトロチックに、在りし日のベルエポックを偲びます。

秋期
開催日講座内容
10/5(講義) 北村透谷、森鷗外、木下杢太郎など
10/26(講義) 鏑木清方から三島由紀夫へ
11/9(散策)銀座八丁目⇒銀座四丁目⇒東銀座
 
担当講師の講座風景はこちら

講師専門分野・業績
日本近代文学、比較文学/「木下杢太郎『食後の唄』注釈と作品論(1-8)」『成蹊大学一般研究報告』1997 年~ 2013年、「思想の時代」『和歌をひらく』第5 巻『帝国の和歌』(岩波書店)2006 年
大学ホームページの紹介はこちら

TOP