清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  清泉ラファエラ・アカデミア >  講座のご案内 > 15中世絵画と語らう

シリーズ 美術史を楽しむ(日本編)
講座番号 15  中世絵画と語らう
           肖像画・絵巻・水墨画の魅力


講師 本田 諭   根津美術館 学芸第二課長

<講師から一言>
美術作品というものは理屈なく楽しめるものです。この講座では、皆さんと一緒に私も楽しみたいと思います。

 
開催日 春期 2019年6月8日~2019年6月29日
曜日
時間10:40 ~ 12:10
回数春期 3回  
定員60名
受講料春期 7,200円 
見学×
テキスト必要に応じてプリントを配布

  お申込みフォームはこちら

講座内容
 今、日本古美術の世界では、伊藤若冲や円山応挙など近世の画人の展覧会が人気ですが、それらの源流は中世以前の絵画にあります。鎌倉時代、肖像画ではその写実性が深化し、また絵巻物は華麗さを極めました。さらに室町時代に入ると、中国宋・元時代の絵画の影響のもとで水墨画が飛躍的に発展し、雪舟をはじめとする名手が多数活躍しました。
本講座では、これら日本の中世絵画の展開を、近年の研究成果を織り交ぜながら概観するとともに、これまであまり紹介されることのなかった室町の絵巻や、関東で展開した水墨画の魅力などについてお話します。

春期
開催日講座内容
6/8肖像画の黎明と展開―武人と僧侶の肖像画を中心に―
6/15絵巻の魅力―絶頂期の鎌倉絵巻と室町の素朴絵―
6/29水墨表現の多様な世界―如拙・周文から狩野派まで―

講師専門分野・業績
日本彫刻史、日本絵画史/『狩野派―四〇〇年の栄華―』図録 ( 単著 栃木県立博物館)2008 年、「日光山輪王寺蔵 板絵勝道上人像について」『栃木県立博物館研究紀要』第23号 2006年

TOP