清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  清泉ラファエラ・アカデミア >  講座のご案内 > 20修道生活の秘密

シリーズ キリスト教を知る、学ぶ
講座番号 20  修道生活の秘密
           キリスト教修道生活の意義とそのもたらしてきたもの


講師 桑原 直己    筑波大学教授

<講師から一言>
キリスト教世界に多くのものをもたらしてきた「修道生活」とは何か。その秘密についてご一緒に学んで参りましょう。

 
開催日 春期 2019年4月27日~2019年6月8日
曜日
時間10:40 ~ 12:10
回数春期 3回
定員60名
受講料春期 7,200円
見学×
テキスト必要に応じてプリントを配布
備考講義形式

  お申込みフォームはこちら

講座内容
 「修道生活」とはそもそも何であり、どのように展開し、私たちに何をもたらしてきたのかについて見通すことを目指します。修道生活の歴史に沿って以下の三つの場面に分け、キリスト教についても修道生活についても馴染みのない方にも分かりやすく解説します。
(1)「孤独で祈ること」と「共同生活」―修道生活の二つの方向
(2)「祈り、学び、働く」―中世初期の修道院が果たした社会的役割
(3)社会に進出する修道者たち―托鉢修道会から近代以降にかけての修道会

春期
開催日講座内容
4/27「孤独で祈ること」と「共同生活」という修道生活での二つの方向について考える
5/25中世初期の修道院での「祈り、学び、働く」修道者の生活とその社会的意義について考える
6/8托鉢修道会から近代・現代にいたるまで、「社会進出」してきた修道会の意義を考える

 


講師専門分野・業績
西洋中世哲学・倫理学/『トマス・アクィナスにおける「愛」と「正義」』( 知泉書館)2005 年、『東西修道霊性の歴史―愛に捉えられた人々』( 知泉書館)2008 年

TOP