清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  大学へのご支援をお考えの皆様へ >  寄付の種類 > 清泉女子大学発展協力会

清泉女子大学発展協力会

清泉女子大学発展協力会は、本学の財政基盤の強化と本学の使命達成に寄与することを目的として、1996年に設立された学内の募金機関です。卒業生とそのご家族、在学生のご家族、教職員、各企業や一般有志の方など、多くの会員の皆様から継続的なご支援をいただくことにより、大学を支えてまいりました。皆様からいただいたご寄付については、本学の教育・研究活動の充実や学生支援の拡充に向けた取り組みなどに活用させていただいております。
今後とも、皆様のご理解と温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

活動報告

会員の皆様向けに活動報告書を年1回発行しています。
報告書には、皆様からいただいたご寄付の使い道や、ご支援をいただいている学生に関する記事などを掲載しています。

発展協力会活動のご報告(2018年6月)(750KB)

寄付者ご芳名

清泉女子大学発展協力会の活動にご賛同いただき、ご寄付くださいました方々へ感謝の意を込めまして、ご芳名を掲載させていただきます。

◆ 寄付者芳名録(8月頃掲載予定)

・2017年4月1日から2018年3月31日までにご寄付いただいた方を掲載いたします。
・匿名をご希望の方につきましては掲載を控えさせていただきますので、発展協力会事務局までご連絡をお願い致します。

発展協力会Q&A

これまでに寄せられたご質問の中から、よくいただくご質問とその回答を掲載しております。

発展協力会の目的や組織について教えてください。

「大学の財政基盤の確立および使命達成に寄与する」ことを目的として、1996年に発足した学校法人清泉女子大学の募金機関です。当会は、大学への寄付募集に関する企画立案とその運営を行うとともに、皆様からお寄せいただいた寄付金を有効に活用させていただくため、その使途等について検討し、大学へ提案を行っています。

大学を取り巻く環境が年々厳しさを増すなか、教育・研究活動を持続的に発展させていくためには、なお一層大学の財政基盤を強固なものとする必要があります。発展協力会は、こうした背景を踏まえ、卒業生、教職員をはじめとする関係者が協力して寄付を募り、財政的に大学を支援しようという趣旨で創設され発展してきた組織です。

寄付金の主な使途について教えてください。

寄付金は、教育研究活動の充実や施設設備等の環境整備、学生支援の拡充のために活用させていただいております。具体的には、奨学金、グローバル人材育成のための支援、ボランティア活動支援、キャンパスキャスト(大学行事等でサポート活動をする学生)への支援などに役立たせていただいております。

詳細につきましては、活動報告書をご参照ください。

寄付金の使途はどのようにして決められるのでしょうか。

発展協力会常任委員会(発展協力会の運営のために設置された委員会)の議を経て、大学の理事会の承認に基づき決定されます。常任委員会での審議に際しては、大学側より、大学が現在必要としている諸費用について、事前に常任委員会にその希望が伝えられます。

発展協力会への入会・退会の手続きについて教えてください。

当会へのご寄付は任意のものであり、当会への入退会はご随意に行っていただけます。
本会の趣旨にご賛同のうえ、任意でお決めいただいた金額をご寄付いただいた際に、ご本人に特段のご異論がない限り、その時点で本会に入会の手続きをとられたものとし、会員として登録させていただきます。
なお、退会を希望される場合は、発展協力会事務局までご連絡をお願いいたします。

会員区分には、どのようなものがありますか。

「個人会員」と「法人会員」がございます。
原則、個人会員は年額一口5千円以上、法人会員は年額一口10万円以上とさせていただいておりますが、一口未満のご寄付もありがたくお受けしております。

個人会員につきましては、①卒業生及び本学に在籍したことがある方、②卒業生や在学生のご父母及びそのご家族、③本学の現旧教職員、④一般有志の方を対象としております。なお、在学生につきましては、ご父母・保護者の皆様にお願いしている学園募金によるご寄付をお願い申し上げます。
また、30万円以上を一括でご寄付いただいた方、および寄付金の額が累計で30万円以上に達した方は「終身会員」として遇させていただきます。事務局より終身会員に切り替わった旨ご通知申し上げますので、特に手続きをしていただく必要はございません。終身会員となられた方からのご寄付につきましても、ありがたくお受けしております。

法人会員につきましては、本会の趣旨に賛同されてのご寄付であることを事前に確認させていただいたうえで、入会手続き(寄付金の受領)をさせていただきます。

寄付のお申込み方法を教えてください。

寄付のお申込みは、①コンビニエンスストア、②ゆうちょ銀行・郵便局、③銀行振込、④インターネット(クレジットカードによるご寄付)、⑤本学財務課窓口などの方法がご利用いただけます。また、事前の手続きにより、銀行口座の自動引き落としによるご寄付も可能です。
お手続きの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

クラス会やクラブのOG会など、グループによる寄付をすることはできますか。

個人ではなく、クラス会、クラブOG会といった単位でのご寄付も喜んでお受けいたします。また、クラス会などの申し合わせで毎年定期的にご寄付いただける場合も同様です。ただし、このようなケースでは、免税措置に必要な大学の領収書を各個人宛に発行できませんので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

税制面での優遇処置はありますか。

本学へのご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付金として、税制上の優遇措置を受けることができます。
寄附金控除には、「所得控除制度」と「税額控除制度」の2種類があり、確定申告の際には、寄付者ご自身においてどちらか一方の制度をご選択いただけます。
詳細につきましては、こちらをご参照ください。

発展協力会の運営はどのように行われていますか。

発展協力会には、会長、副会長、常任委員の役員が置かれています。また、発展協力会の運営のために常任委員会が設置されています。定例の常任委員会は、年3回(2月、5月、10月)開催されて、必要に応じて臨時の常任委員会が開催されることもあります。

発展協力会と大学との関係や位置づけ、また、麗泉会や泉会との関係について教えてください。

発展協力会の役員は全員理事会で選任されます。また、当会に総会はなく、独立性を有した組織ではありません。したがって、麗泉会(卒業生の会)、泉会(在学生保護者の会)とは異なり、当会の趣旨に賛同いただける方を募ってスムーズな寄付受け入れを促進するための大学の一部局、一機関と位置づけられます。
なお、泉会は、会費を募って、奨学金を始めとする独自の事業運営を行うとともに、主として大学の施設、学生厚生、課外授業等の分野を対象として、大学に対して直接寄付をしていただいております。

問い合わせ先

お申込みお問い合わせ
清泉女子大学 発展協力会事務局
〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21
(3号館1階 総務課内)
E-mail:hatten@ml.seisen-u.ac.jp
開室時間:(平日)9:00~17:00(土曜)9:00~13:00

03-3447-5551

TOP