清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  学部・大学院 >  大学院 > 人文学専攻:博士課程

人文学専攻(博士課程)

清泉女子大学大学院人文学専攻についてご紹介です。

人文学専攻の特徴

人文学専攻では、言語文化と思想文化を有機的に統合し、新しい視点からの学際的かつ総合的な教育・研究を実践します。
文学、言語学、キリスト教思想、文化史学の4 分野で、文化の言語的側面と思想活動の側面からアプローチを行います。
人文学専攻では、言語文化と思想文化の有機的統合により、新しい視点からの学際的かつ総合的研究と教育を行います。本専攻における「人文学」とは、人文科学全体ではなく、文化の言語的側面および思想活動の側面を領域としており、その軸となる具体的な学問分野は、「文学」「言語学」「キリスト教思想」「文化史学」です。

人文学専攻の目的

1.上記の各分野における専門知識と研究能力を有した研究者の育成。
2.上記の各分野における専門知識を有し、研究手法にも通じた高度専門職業人の育成。
3.優れた専門知識を有し、学校教育、社会教育において指導的立場で活躍できる人材の育成。

人文学専攻概要

科目構成

●選択科目
【文学】
日本文学研究 I~VII
英語圏文学研究 I~III
スペイン語圏文学研究 I~III

【言語学】
言語学特殊研究 I, II
応用言語学特殊研究 I~V
日本語学研究 I, II
スペイン語学研究 I, II
【キリスト教思想】
キリスト教思想研究 I, II
日本キリスト教研究
【文化史学】
西洋文化史学研究 I, II, III
東アジア文化史学研究
日本文化史学研究 I~III
●関連科目
近現代社会理論研究
比較文学・比較文化研究 I, II
宗教文学研究
キリスト教言語思想研究
聖書学特殊研究

教育制度研究
情報処理研究
言語理論研究
文学理論研究
対照言語学研究
キリスト教文学研究

博士論文のテーマ

文学

・尾崎紅葉初期小説の研究
・Comic Vision : Roald Dahl's Light Fantasy for Children
・A Study of Time and Speech in C.S.Lewis’s Fantasy Works: His Attempt to Revive Hebraic Thought in Christianity
・福沢諭吉における「個」の観念 ―夏目漱石・森鷗外との関連で―
・芥川龍之介論 ―<写生>をめぐって―

言語学

・東南・南アジアの英語文学における非英語表現の実態とその日本語への翻訳について
・連合関係からみた明治期日本語語彙
・スペイン語の否定語における意味構造について ―EN否定を中心に
・幕末明治期刊行草双紙の語彙・表記
・日本の公立小学校英語教育におけるCLIL 指導導入の可能性に関する研究
・編纂資料から見た私版『言海』の成立

専任教員一覧

有光 隆司 教授
(2020年度より担当せず。)
【専門分野】
日本近代文学、比較文学
【研究テーマ】
日本近代文学、特に明治末から大正期にかけての詩歌および小説を主要な研究テーマとする。具体的には木下杢太郎およびその周辺の詩人や歌人、また森鷗外、夏目漱石、およびその周辺の文学を研究している。

大井 恭子 教授
【専門分野】
英語教育、応用言語学、critical thinking
【研究テーマ】
応用言語学の中で、特にライティング能力の習得に関し、認知面と文化的背景という観点から、日本という文化背景を視野に入れた外国語としての英語のライティング教育の構築をめざして研究しています。また、英語科教育という面では、外国語としての英語習得プロセスのメカニズムを研究し、それを踏まえたうえで、英語コミュニケーション能力の育成のための効果的方策を探求したいと考えています。

木川 弘美 教授
【専門分野】
西洋美術史
【研究テーマ】
近世(ルネサンス)以降の西洋美術を専門としている。主たる分野は、15世紀のネーデルラント(フランドル)絵画史で、宗教画を中心としたモチーフの研究を行っている。アルプス以北のルネサンスが、イタリアとどのような相互関係にあったのか、具体的な作例を分析しながら考察をすすめている。古典古代の復興という点から、ギリシア・ローマ美術、新古典主義なども視野に入れつつ、多角的に芸術をとらえる試みを行っている。

木村 琢也 教授
【専門分野】
スペイン語学、音声学
【研究テーマ】
スペイン語の音声学・音韻論、特にアクセントとイントネーションを主な研究テーマにしている。スペイン語発話のピッチ(声の高さ)変化の要因を解明し、抽象的な音韻論から音響音声学までをひとつの理論で結びつけることを目指す。その他スペイン語学全般および日本語とスペイン語の文法の対照研究にも興味がある。

今野 真二 教授
【専門分野】
日本語学
【研究テーマ】
日本語学の中でも「日本語の歴史」の追及をテーマとする。室町時代と明治時代を中心とするが、ひろく上代から近代までの間に日本語がどのように変化してきたかを観察し、事実の羅列ではない、体系的な日本語の歴史を記述することを目標としている。また日本語を仮名と漢字とによって書き表わすということ、すなわち「日本語の表記」に関しての分析も行っている。

佐伯 孝弘 教授
【専門分野】
日本近世文学
【研究テーマ】
日本近世小説、特に江島其磧の八文字屋本などの 浮世草子を研究テーマとする。後続作者たちの 西鶴享受や、浮世草子と噺本・読本・演劇などの 他ジャンルとの関係、作中への実事件・モデル・ 巷説の取り込み等の視点から、浮世草子の趣向性 や文芸性を考察して来た。近世前期の怪異小説 や笑話も専門にしている。

杉山 晃 教授
(2020年度より担当せず。)
【専門分野】
ラテンアメリカ文学
【研究テーマ】
ラテンアメリカ文学の全体、なかでもペルー文学を研究テーマとする。これまでルルフォやアルゲダスの主要な作品を翻訳してきた。現在は、アルゲダスが書いた数多くの手紙の分析をつうじて、自死に至った晩年の内面世界を明らかにする研究に携わっている。作家として大きな達成をなし遂げながら、しだいに精神的に疲弊していくその特異な過程を考察する。アルゲダスのほかに同じペルーのバルガス=リョサ、アルゼンチンのボルヘスにも関心がある。

鈴木 崇夫 教授
【専門分野】
哲学、倫理学、西洋思想史
【研究テーマ】
生命倫理との取り組みを経て、「よく生きる」とはどういうことなのかという哲学の初発の問題にあらためて焦点を合わせている。目下のところ、規範の超越性を機軸に据えたカント哲学と、コナトゥス原理の内在性に徹したスピノザ哲学との異同について思索をめぐらしている。

高野 禎子 教授
【専門分野】
西洋中世美術史
【研究テーマ】
フランスとイギリス中世の教会のステンドグラスについて研究している。採光の手段としての窓と、象徴的な意味を担う場としての窓の役割に関心を抱き、ステンドグラスと壁画・彫刻・写本等との有機的な関係を探求している。

田中 典子 教授
【専門分野】
語用論
【研究テーマ】
実際の場面で言語がどのように用いられ、それがどう理解または誤解されるかを研究対象とする「語用論」を専門としている。例えば、同様の状況下で、英語と日本語ではその表現方法がどのように異なり、それが異文化間のコミュニケーションにどのような問題を持ちうるのかを調査・研究する異文化間語用論も主な対象のひとつである。また、相手との社会的距離や力関係によって、用いられる配慮表現がどのように異なってくるかというポライトネスの観点からの談話分析も行っている。

福田 健 教授
【専門分野】
認知科学、情報セキュリティ心理学
【研究テーマ】
人の学習や判断のメカニズム、特に領域知識を十分に持たない状況での類推や因果推論について取り上げている。一例として、ネットワークや計算機などの情報処理システムについての初心者が情報セキュリティについて問題解決する際の、判断や学習内容のゆがみ、学習の手がかりなどを検討している。

藤澤 秀幸 教授
【専門分野】
日本近代文学
【研究テーマ】
日本近代文学、特に明治文学を研究テーマとする。作家としては泉鏡花、島崎藤村、北村透谷を主な研究対象としている。泉鏡花の研究では彼の幻想小説に、島崎藤村の研究では彼の詩に、北村透谷の研究では彼の評論に重点を置いている。昭和の戦後文学、平成の文学にも関心を寄せている。小説と映画・演劇との関係、大衆小説のヒーロー像にも関心をもつ。

山本 勉 教授
(2020年度より担当せず。)
【専門分野】
日本美術史
【研究テーマ】
専攻は古代から近世に至る日本彫刻史。特に鎌倉時代彫刻について正確な記述や実証的な解釈を蓄積したうえで、それらを素材として、同時期の彫刻史の展開や作家の問題を考察することに主眼を置く。同時にその基礎に立って、日本美術史の他のジャンルとの、あるいは東洋諸地域を始めとする他地域の美術史との比較研究に及ぶことをめざしている。

和田 桂子 教授
【専門分野】
英文学・比較文学
【研究テーマ】
主に20世紀英文学と日本近代文学との影響関係を研究対象としている。たとえばモダニズム文学の日本における受容、あるいはロンドンを訪れた日本人文学者によるイギリス文化の摂取、といったテーマに取り組んでいる。

TOP