清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  学部・大学院 >  大学院 > 思想文化専攻:修士課程

思想文化専攻(修士課程)

清泉女子大学大学院思想文化専攻についてご紹介です。

思想文化専攻の特徴

人間の思考活動から生みだされた文化について、
哲学・思想史、宗教学・宗教史学、美術史学(日本・東洋・西洋)、
文化史学(日本・東洋・西洋)の4つの領域において研究を深めます。
思想文化専攻では、人間の思考活動を基盤に形成された思想文化に関する研究と教育を行います。その核となる研究領域は、哲学・思想史、宗教学・宗教史学、美術史学(日本・東洋・西洋)および文化史学(日本・東洋・西洋)の4分野です。これらから選択した自らの分野において専門的研究に取り組むとともに、他分野との交流を通して、幅広い知識と視野を獲得し、専門領域の研究をいっそう深く追究します。

思想文化専攻の目的

1.豊かな学識、しなやかな知性、みずから考える力を身につけた人材の育成。
2.博物館・美術館等の活動に従事できる高度な能力を有した職業人の育成。
3.すぐれた専門知識を有し、学校教育、社会教育において指導的立場で活躍できる人材の育成。

思想文化専攻概要

科目構成

●必修科目
思想文化総合演習
修士論文指導
文学に関する科目
キリスト教思想演習 I, II
宗教史学演習
西洋哲学演習
日本文化史学演習 I, II, III, IV, V
東洋文化史学演習
西洋文化史学演習 I, II
美術史学演習 I, II, III
キリスト教思想特殊研究

宗教史学特殊研究
西洋哲学特殊研究
日本文化史学特殊研究 I, II, III, IV
東洋文化史学特殊研究
西洋文化史学特殊研究 I, II, III
西洋美術史学特殊研究 I, II
日本美術史学特殊研究
東洋美術史学特殊研究

取得可能な資格

・中学校教諭専修免許状:社会、宗教
・高等学校教諭専修免許状:地理歴史、公民、宗教

修士論文のテーマ

哲学・思想史

・自我のアイデンティティとペルソナ―フェルナンド・ペソアからの考察―
・エマニュエル・レヴィナス『存在の彼方へ』における〈語ること(le Dir)〉と〈語られたこと
(le Dit)〉
・徳富蘇峰の人種観
・メルロ=ポンティ『知覚の現象学』における自己と世界の関係について

宗教学・宗教史学

・青森県における戦後の死者供養について-地方紙から-
・キリスト教音楽の転換期―マルティン・ルターの音楽改革から―
・キリスト教原理主義の危険性
・聖性とセクシュアリティ―古代宗教における処女性と母性の再考―
・ヨーロッパのキリスト教における女性観―魔女概念を手掛かりに考察する―
・賢者の石とは何か―錬金術に貢献した二人の賢人より考察する―
・『ベネディクトゥス戒律』におけるベネディクトゥスの理想
・日本キリシタンの殉教―印刷機導入による殉教拡大の可能性―

美術史学

・一具像中にみられる鉈彫り表現の意味
 ―千葉・妙楽寺大日如来像・不動明王像・毘沙門天像を中心に―
・J. E. ミレイの子どもの絵と唯美主義
 ―《秋の枯葉》からファンシー・ピクチャーまで―
・平安時代前期の地方造像の展開―長野市松代町・清水寺諸像を中心に―
・タピスリー《貴婦人と一角獣》に描かれた聖と俗-モチーフからの考察-
・《アルノルフィーニ夫妻の肖像》の鏡-鋸歯状の形とメダイヨン装飾の意味-
・明治・大正期におけるオーブリー・ビアズリー受容―恩地孝四郎と田中恭吉を中心として―
・ドガの裸体画の変遷について―第8回展を中心として―
・フラ・アンジェリコ作《サン・マルコ修道院の祭壇画》―ドミニコ会の伝統とその絵画表現をめぐって―
・ペーテル・パウル・ルーベンス作《ヴィーナスの祝祭》について
・平安時代末期の東北地方仏像彫刻の様式展開―鎌倉新様式への進取性を中心に―
・仏像彫刻の像内納入品の展開と機能―広隆寺上宮王院聖徳太子像を中心に―
・フィレンツェ・初期ルネサンスのカッソーネ―上層階級が求めた装飾美術 『デカメロン』3つの物語―
・《スタヴロ三連祭壇》―聖十字架発見物語におけるコンスタンティヌス図像―
・平安時代最末期から鎌倉時代初頭の東国造像の水準と運慶様の受容―横浜・真照寺阿弥陀三尊像を中心に―
・ポール・ゴーギャン《我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処へ行くのか》について
・コレッジョの神話画《ユピテルの愛》―作品内に隠された注文主フェデリゴ・ゴンザーガの意図―
・鎌倉時代前期の東国における運慶風の展開―鎌倉・光触寺阿弥陀如来像を中心に―
・肖像画から見る子供の世界―17世紀オランダ黄金時代を中心に―
・平安仏画における忿怒形像の表現について―来振寺五大尊像を中心に―
・両脇侍を伴う宝冠阿弥陀如来像に関する考察―鎌倉英勝寺阿弥陀三尊像龕、広島耕三寺浄土曼荼羅刻出龕を中心に―

文化史学

・第一次世界大戦におけるイギリスのプロパガンダ
 ―ウェリントン・ハウスと『ブライス・レポート』を中心に―
・長崎に生きた倉場富三郎―日英混血児の葛藤と絶望―
・関東大震災における救援について
 ―関西府県連合震災救護事務所の救援と「関西村」を中心に―
・日朝修好条規にみる日本の朝鮮政策―第一款「自主ノ邦」の文言について―
・15世紀後半ネーデルラントにおけるブルゴーニュ公の都市支配と儀礼
 ―シャルル突進公の結婚セレモニー(1468年、ブルッヘ)を中心に―
・19世紀ヨーロッパのジュエリーの意味と目的
・仙台藩と明治維新
・水戸学を中心とする前近代的ナショナリズムの研究
・近世欧州でレースはどのように作られ、どのように用いられたか Comment on produisait et comment on utilisait la dentelle en Europe moderne
・ロシア人宣教師ニコライと明治日本
・製法書にみる近世の菓子文化―色付けに使われた材料を中心に―

専任教員一覧

木川 弘美 教授
【専門分野】
西洋美術史
【研究テーマ】
近世(ルネサンス)以降の西洋美術を専門としている。主たる分野は、15世紀のネーデルラント(フランドル)絵画史で、宗教画を中心としたモチーフの研究を行っている。アルプス以北のルネサンスが、イタリアとどのような相互関係にあったのか、具体的な作例を分析しながら考察をすすめている。古典古代の復興という点から、ギリシア・ローマ美術、新古典主義なども視野に入れつつ、多角的に芸術をとらえる試みを行っている。

狐塚 裕子 教授
【専門分野】
日本近代史
【研究テーマ】
専門は日本近代史。明治初年のキリスト教政策や教部省問題など、明治政府の宗教政策を主な研究対象としてきた。近年は明治の日朝関係、特に1881年、日本が「脱亜」意識を明確にする以前に来日した朝鮮朝士視察団に焦点をあてて、日本側が彼らをどのように受け入れたのか、そしてこの使節団が両国のその後の関係にどのような影響を与えたのか、について研究している。

鈴木 崇夫 教授
【専門分野】
哲学、倫理学、西洋思想史
【研究テーマ】
生命倫理との取り組みを経て、「よく生きる」とはどういうことなのかという哲学の初発の問題にあらためて焦点を合わせている。目下のところ、規範の超越性を機軸に据えたカント哲学と、コナトゥス原理の内在性に徹したスピノザ哲学との異同について思索をめぐらしている。

高野 禎子 教授
【専門分野】
西洋中世美術史
【研究テーマ】
フランスとイギリス中世の教会のステンドグラスについて研究している。採光の手段としての窓と、象徴的な意味を担う場としての窓の役割に関心を抱き、ステンドグラスと壁画・彫刻・写本等との有機的な関係を探求している。

竹田 文彦 教授
【専門分野】
キリスト教神学(特に、歴史神学(キリスト教思想史、教会史、教父学)、霊性神学、東方キリスト教学
【研究テーマ】
ギリシア語、ラテン語のみならず、イエスや弟子たちが話したとされるアラム語の一方言であるシリア語で書かれた初期キリスト教著作家たちの文書を読み解きながら古代地中海世界におけるヘブライズムとヘレニズムの緊張関係の中で成立したキリスト教の思想的特質について研究している。

中野渡 俊治 教授
【専門分野】
日本古代史
【研究テーマ】
古代の天皇制について、太上天皇の位置づけや、臣下から天皇への上表文の分析を中心として研究を進めており、前天皇としての太上天皇と天皇との関係や、天皇を支える貴族たちとの関係からの、天皇位の正当性や天皇と臣下との関係の解明を課題としている。
また現在は、奈良時代から平安時代までを見通した上での天皇・太上天皇と摂関政治との関係に始まり、年中行事儀礼の検討、具体的には正月の小朝拝や朝覲行幸儀礼などの検討を通しながら、古代国家における王権構造に関する研究を進めている。

山本 勉 教授
(2020年度より担当せず。)
【専門分野】
日本美術史
【研究テーマ】
専攻は古代から近世に至る日本彫刻史。特に鎌倉時代彫刻について正確な記述や実証的な解釈を蓄積したうえで、それらを素材として、同時期の彫刻史の展開や作家の問題を考察することに主眼を置く。同時にその基礎に立って、日本美術史の他のジャンルとの、あるいは東洋諸地域を始めとする他地域の美術史との比較研究に及ぶことをめざしている。

井上 まどか 准教授
【専門分野】
近現代ロシアの宗教史
【研究テーマ】
近現代ロシアの宗教史を専門とする。近代ロシアにおいて宗教思想はどのように構築されたのか。現代ロシアにおいて宗教はどのような社会的役割を求められているのか。これらについて官僚、聖職者、俗人の思想家、信仰者の言論活動の場に注目して研究を進めている。近年はソ連崩壊後のロシア正教会の教育・医療・福祉活動を中心に考察を行なっている。近現代のロシア社会における宗教について他地域との比較を念頭に置いている。

大井 知範 准教授
【専門分野】
西洋近代史、国際関係史
【研究テーマ】
ドイツとオーストリア(ハプスブルク帝国)の近代史を主たる専門とする。特に19世紀中葉から20世紀前半に至る両国の政治外交、軍事、科学、文化、思想が海外世界へ向かう動きに関心を向けている。これら後発の中欧諸国は帝国主義の世界をどのように眺め、いかなる形でそれに関わろうとしていたのか。こうした課題を探究するなかで、ヨーロッパと海外世界を結びつけた近代グローバリゼーションの解明に取り組んでいる。

藤本 猛 准教授
【専門分野】
中国近世史
【研究テーマ】
中国近世の政治・文化史を研究している。「君主独裁制」が確立したとされる中国において、君主=天子・皇帝の立場がどのようなものであったか、その実相を探るべく、北宋末の徽宗朝を中心に考察している。徽宗は史上最も名高い文人皇帝である一方、政治を顧みない暗君のイメージがつきまとうが、これは『水滸伝』などに登場する虚像であり、そのような先入観を排して、史料を読み込み、彼の実像を浮かび上がらせようと試みている。

桃井 治郎 准教授
【専門分野】
西洋史、マグレブ地域研究、平和学
【研究テーマ】
北アフリカのマグレブ地域を中心に地中海世界の歴史を学んでいる。専門研究は、18世紀末から19世紀初頭にかけてのオスマン帝国アルジェ領、チュニス領とヨーロッパ諸国との関係史である。同時期における北アフリカの「海賊」をめぐる外交史を通して、近代国際秩序の形成史を研究している。従来とは異なる視点から西洋史を再読することを課題としている。また、もう一つの研究テーマとして、現代のテロリズム問題に関心を持ち、歴史的および思想史的アプローチから暴力の連鎖に抗する平和の思想を探究している。

TOP