メッセージ/コンセプト

英語を読み、英語で発信することで、世界をひらく

“英語で何を、どのように伝えるのか”学びを掘り下げ、未来のシミュレーションをしましょう

学科主任_米谷教授

 「女子大」「文学部」「英語英文学科」は、もう古い、終わった、マイノリティだ、と思う人は多いかもしれません。けれども、人が感じ考えて暮らす日々や未知のものへの不可解な衝動や憧れが、つねに言葉に貼りついていること。言葉に出すことも、出さないことも、すべて言葉とともにあること。言語文化を学び、さらには外国語を使うことで多角的な視点を獲得すること。これらのことは、人が生きる限り、決して終わりませんし、また古びもしないものです。むしろ今、皆さんが英語を学ぶことの意義を実感できる場が、ここにはあるのです。
 本学科には、英語を広く深く学ぶための多彩なカリキュラムがあります。まずは少人数クラスで英語力を地道につけていくと同時に、Academic PresentationやPerformance、異文化間コミュニケーションなどの授業で、発信力を培いながら英語学修を進めます。また英語学や文学、翻訳、英語教育学などの授業で、英語圏の文化や歴史、構造を深く学びます。こうした積み重ねにより、世界の人々の声に耳を傾けるための姿勢が身につきます。資格試験だけでなく、リーディング・マラソンやディクテーション・コンテスト、フリンジ演劇祭などの成果発表の場で、自らの英語力や精神の成長を確認できます。長期留学や海外語学研修などにも参加して、自分に適した方法で英語との接触面を広げれば、世界とのつながりも実感できます。
 英語を読み、英語で発信するすべを地道に学ぶことは、皆さんの人生だけでなく、皆さんが出会う世界をもひらく扉となることでしょう。教員はその案内役になれればいいな、と思っています。
28eibun

英語英文学科のDiploma Policy

Policy1

コミュニケーション力の修得

英語運用能力に裏打ちされたコミュニケーション力を修得している。

Policy2

多文化の理解、他者への洞察力

英語圏を中心とした多様な文化への理解があり、異なった考え方を持つ他者への想像力や洞察力を身につけている。

Policy3

論理的考察

視野を広げ、教養を深めることによって、課題を論理的に考察することができる。

Policy4

国際社会の一員としての姿勢

国際社会の一員として、自己と社会に真摯に対峙する姿勢を有している。