資格取得

社会で役立つ公的資格の取得を強力にサポートしています。

取得可能な免許・資格

本学では中学校教諭・高等学校教諭をはじめ、司書、司書教諭、博物館学芸員などの公的資格を取得するためのカリキュラムを設定しています。
学生一人ひとりの進路に合わせて、資格の取得を強力にバックアップしています。
取得可能な免許・資格
*1 スペイン語スペイン文学科の学生は「イスパニア語」の教員免許取得を条件に、他学科の科目を履修することにより「英語」の教員免許取得の道が開かれています。
*2 他学科の科目を履修することにより、教員免許取得の道が開かれています。

中学校・高等学校教員免許

自分の所属学科と専門分野に応じた教科の、中学校・高等学校教員免許を取得できます。協定先大学の授業で単位を修得することにより、小学校・幼稚園の教員免許の取得も可能です。

司書教諭

小学校・中学校・高等学校の教員であることに加えて、その学校内の図書館の運営や活用をリードする専門職です。児童生徒が自ら課題を見つけ、図書館で調べ、自ら考える探究学習の推進役としても期待されています。

司書

図書館の専門職として、出版物を収集・保存・提供するほか、子どもから高齢者、ビジネスパーソンまで、人々の読書活動や調査研究、課題解決をサポートするのが司書です。一般企業などでも情報管理・活用の専門職として求められています。

学校司書

小学校や中学校で学校図書館を整備し、学校図書館活用をサポートするのが学校司書です。子どもたちの主体的な学びを支える役割が期待されています。

学芸員

博物館・美術館・動物園・水族館などで資料の収集・保管・展示や調査研究、それと関連する専門的な業務を担当するのが学芸員です。生涯学習の場の拡大にともない、その重要性は増しています。

日本語教員※

日本語を母語としない外国人に日本語を教える専門教員です。日本の国際化へ向け、今後さらに重要性が増すと考えられる課程です。
※日本語教員に関しては、中学校や高等学校の教員免許のような免許制度はありません。卒業時に与えられるのは、文化庁の指針に基づいたカリキュラムに従って本学が発行する修了証です。

取得可能な免許・資格

教職免許取得までの流れ

中学校・高等学校教員免許の取得までの流れは以下のとおりです。
教職免許取得までの流れ

資格取得までの流れ

司書教諭、司書、学校司書、博物館学芸員、日本語教員の資格取得までの流れは以下のとおりです。
資格必要単位数