清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  大学案内 >  研究所・センター > 教育・学修支援センター

教育・学修支援センター

教育・学修支援センターは、大学でのさまざまな学びをより充実させるための、学科を超えた新しい支援組織です。
たとえば、全学共通の授業科目についての学びや、コンピュータやネットワークを活用した学び、資格取得に関する学び、さらには、授業以外のいろいろな学びについて、総合的にお手伝いします。図書館やラーニングコモンズとともに、みなさんの学びを支えるスタッフが待っていますから、勉強に迷ったときは遠慮なく声をかけてください。たとえば、次のような学びの仕組みは、教育・学修支援センターが中心となって進めているものです。

主な学びの仕組み

PBL(Project-Based Learning)

学生が、実社会の問題に向き合い、人と協同してその問題を解決していく学びを、PBL=プロジェクトに基づく学習といいます。本学では、学生が自ら学ぶ姿勢を大切にしていて、そのための場として、いろいろな企業や地域と連携した「清泉PBL」を運用しています。PBLを通して、主体的に学ぶ力やいろいろな人と協同して学ぶ力をつけ、大学での学びを社会につなげていきましょう。


BYOD(Bring Your Own Device)

2020年度から、BYOD=学生が自分のパソコンを大学に持参して活用する学びが進められています。教室でも図書館でも食堂でも学内のどこでもWi-Fi(無線ネットワーク)が整備されていますから、自分のパソコンがあれば、いつでも資料を検索・閲覧したりレポートを書いたり印刷したりできます。


学びの泉

本学が提供する学びの泉=学びを支援するクラウドシステム(インターネット上の仕組み)は、自宅からでも大学からでも使えます。たとえば、授業の資料やビデオを閲覧したり、先生や仲間と質問・回答のやりとりをしたり、レポートを提出したりするために使います。BYODと組み合わせれば、キャンパスを離れても先生や仲間とつながりながら学べます。

TOP