清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  大学へのご支援をお考えの皆様へ >  清泉女子大学発展協力会 > 発展協力会のご紹介

発展協力会のご紹介

清泉女子大学発展協力会は、本学の財政基盤の強化と本学の使命達成に寄与することを目的として、1996年に設立された学内の募金機関です。卒業生とそのご家族、在学生のご家族、教職員、各企業や一般有志の方など、多くの会員の皆様から継続的なご支援をいただくことにより、大学を支えてまいりました。皆様からいただいたご寄付については、本学の教育・研究活動の充実や学生支援の拡充に向けた取り組みなどに活用させていただいております。
今後とも、皆様のご理解と温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

活動報告

皆様からのご寄付は、本学の学生支援や教育・研究活動の充実に向けた貴重な資金として活用させていただいております。
 

支援を受けた学生の活動のご紹介

グローバル人材育成支援
発展協力会チャレンジ支援奨学金


地球市民学科 3年(2019年度) S.S. さん

-発展協力会の支援をどのように活用していますか。
私は一貫して「英語力向上」を目的に、これまで何度も発展協力会のご支援を活用させていただきました。
 

発展協力会グローバル人材育成

ご支援を受けた活動は、①1年生の夏に参加した「NARPI(Northeast Asia Regional Peacebuilding Institute)」、②2年生の春休みに参加した語学留学、③2年生前期に参加した「テンプル大学ジャパン留学準備講座」、そして④TOEFL ITP の受験です。①②は「チャレンジ支援奨学金」、③④は「グローバル人材育成支援」を活用いたしました。
以下、それぞれの活動について簡単にご紹介いたします。
①NARPIでは毎年、平和構築についての理解を深めるサマーキャンプを開催しています。プログラムは全て英語で行われ、東北アジア各国から参加者が集まります。主な内容は、平和構築に関する授業と関連施設の視察です。②セブ島のCIA(Cebu International Academy)に1か月語学留学しました。毎朝(金曜日を除く)単語テストが行われ、授業は朝8時から夕方6時までの10コマです。授業のない休日には友達とマリンスポーツや観光を楽しんだり、あまり裕福でない地域に赴き、食事を提供し、子どもたちと遊ぶボランティアを行ったりしました。③は大学の授業終了後の19:30‐21:00に、週2回アカデミックライティングの授業を受講しました。ほぼ毎週課題が出されるため実践的に学ぶことができます。④は1年に4回、学内で行われるテストです。受験料4300円のうち3800円分の補助を受けることができます。私は英語を勉強するモチベーションを維持するため繰り返し受験しています。

-将来の夢や目標について教えてください。
幼い頃から英語を使う仕事に就きたいと思っていましたが、活動を通しその想いは年々強まっています。大学生になるまで海外に行ったことのなかった私にとって、NARPIや語学留学で出会ったナショナリティの違う方と意見を交わすことは、とても刺激的なものでした。意見交換の中でもっと自分の意見を詳しく伝えることができたら…と、何度も自分の英語力の無さを痛感しました。これまでの活動をばねにして、今後より一層英語力向上に向け頑張っていきたいと思います。そして卒業後には日本と海外をつなげるような職業に就きたいと考えています。

発展協力会チャレンジ支援奨学金

地球市民学科 4年(2019年度) K.S. さん

-奨学金の支給対象となった活動はどのようなものですか。
私は、国際理解教育や学習支援などを行っている「NPO法人アクション」主催の「フィリピンの貧困地域でストリートチルドレンと交流ボランティア」に参加しました。

発展協力会グローバル人材育成

3月4日から13日までの10日間、フィリピン西部に位置するオロンガポ市マバユアン地区という貧困地域の家庭にホームステイをしながら、さまざまなボランティア活動を行いました。
新しい幼稚園の建設作業を手伝ったり、孤児院を訪れて子どもたちと鬼ごっこやボール遊びなどのアクティビティをしたりして、貧困地域に暮らす子どもたちの現状への理解を深めました。更に、ゴミ山への訪問や、スカベンジャー(ゴミを漁って生活する人々)の生活を見る機会もあり、さまざまな境遇の人たちと接することができました。
ホームステイ先では、そこで暮らす家族や子どもたちと交流を図り、日常生活を一緒に過ごすなかで、住環境や食生活、生活習慣など、現地でしか分からない様々な発見や驚きがありました。また、水道や電気の供給、ごみ処理などのインフラについては、未整備な面が多く残されていると感じました。

-現地での活動を、今後どのように活かしていきたいですか。
今回この活動に参加して、中学生の頃から関心のあった途上国の貧困問題について、より深く学ぶことができました。この経験を活かし、現在行っている就職活動では、「国際協力」「途上国のインフラ整備」等の分野の会社や団体の説明会に参加したり、エントリーシートを書いているところです。実際に自身が望んでいる会社や団体に就職することができたら、途上国の人々がより快適に、かつ健康に生きることのできる社会作りに貢献していきたいと思っています。

発展協力会貸与奨学金

文化史学科 4年(2018年度) Y.M. さん

-4年生となり、論文執筆に向けて、この1年間どのように取り組んでいきたいですか。
私は伊藤博文の「韓国保護国化」について研究しようと考えています。高校の卒業旅行で沖縄を訪れた際に、平和学習を行ったことがきっかけで、戦争の歴史に興味を持ちました。
伊藤は、日本では近代化を成し遂げた人物として評価されている一方、韓国では植民地支配を推進した中心的人物として厳しい批判の対象となっています。しかし、実際に伊藤が行った保護国化は、「友好的」な手段により韓国の近代化を進めるというものでした。こうしたことから、伊藤の保護国化による統治についての再評価を試みることをめざして、卒業論文のテーマに選びました。
現在は、「国際関係思想」をテーマとして扱うゼミに所属し、保護国について理解するための文献を読み進めています。卒業論文に取り組める時間は限られてきましたが、研究テーマにしっかりと向き合い、計画的に取り組んでいこうと思っています。

-発展協力会へのメッセージをお願いします。
私は大学2年生の時に、チアリーディング部の活動により一層専念したいとの思いから一人暮らしを始め、その際にこの奨学金によるご支援をいただきました。頑張りたいと思う気持ちを後押ししてくれる、このような環境を用意してくださったことに、心から感謝しております。
今後は、この制度を利用する学生に対して、卒業生として応援していく立場になります。目標を持って頑張りたいと思っている学生の力になりたいと思います。

発展協力会大学院海外研究活動奨励金

修士課程 思想文化専攻 2年(2018年度) N.F. さん

 私は現在、「初期ネーデルラント絵画における書を読むマグダラのマリアの象徴的意味」というテーマで研究をしています。初期ネーデルラント絵画とは、現在のオランダ、ベルギー、ルクセンブルクの3ヶ国を合わせた地域であり、時代としては15世紀前半に描かれた絵画のことを指します。また、初期ネーデルラント絵画における特徴の一つに、同地域において描かれた絵画の多くは「デヴォーショナル・イメージ」として用いられていたということが挙げられます。デヴォーショナル・イメージとは、簡単に言えば、祈りを捧げるときにその人の信心を促すために用いる絵画のことを言います。現在の私たちは絵画を美術館で鑑賞することが多いと思いますが、15世紀のネーデルラント地域においては、それらの絵画は鑑賞するものというよりも、自身の信仰を促すための道具の一つとして用いられていました。そのため、たとえば百合が聖母の純潔を象徴するように、絵画に描かれているモチーフにはそれぞれ多様な意味が含まれていることがあります。そして、その事例の一つに書を読む聖女の図像が挙げられます。
 初期ネーデルラント絵画では、主に聖母、カタリナ、バルバラなどの聖女らが書を読む姿で描かれる傾向がみられ、それらの聖女は徳や知識の高さで知られており、それぞれ書物とともに描かれる由来があります。一方で、マグダラのマリアは、娼婦であったものの改悛し、キリストの磔刑や埋葬、復活に立ち会った聖女として一般的に知られており、他の聖女たちのように書物と共に描かれる由来がありません。しかし、初期ネーデルラント派の画家であるロヒール・ファン・デル・ウェイデンは《祈禱書を読むマグダラのマリア》(ロンドン、ナショナル・ギャラリー)という作品を残しています。同地域において、マグダラのマリアが書を読む姿で描かれることは少なく、初期ネーデルラント派においては、ロヒールが描いた本作のみが、書を読むこの聖女の図像として確認できます。以来、なぜロヒールは書を読む姿のマグダラのマリアを描いたのかということに関心を抱き、本作を中心に書を読む聖女の研究をしています。
 そこで本奨励金を活用して、昨年の3月上旬にイギリスのロンドンを訪れ、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている本作品の鑑賞、および文献資料の入手を目的とした研究調査を実施しました。今回の海外調査では、数え切れないほどの作品を見ましたが、そのなかに書を読む聖女の図像は数多くあっても、書を読むマグダラのマリアの図像は、本作を含め、ほんの数点しか見られないということが分かりました。それら数点の作品は本作よりも後に制作された作品であるため、書を読むマグダラのマリアの図像研究を行うためには、ロヒールの《祈禱書を読むマグダラのマリア》について研究する必要があると改めて実感することができました。今後の研究活動の展望としては、引き続きネーデルラント絵画において、書を読むマグダラのマリアの図像がどのように派生し、どのような意味を帯びていったのかについて研究したいと思います。
 これらの研究成果は発展協力会関係者の皆様の支援のおかげで得られることができました。ここに感謝を申し上げるとともに、皆様のご健康とご活躍を心からお祈り申し上げます。

発展協力会活動報告書

会員の皆様向けに活動報告書を年1回発行しています。
報告書には、皆様からいただいたご寄付の使い道や、ご支援をいただいている学生に関する記事などを掲載しています。

発展協力会活動のご報告(2019年6月)

寄付の方法

*発展協力会へのご寄付の場合は、ご寄付者のお名前を広報誌などに掲載させていただきますので、匿名をご希望の方は発展協力会事務局までご連絡をお願いいたします。
*本学にご寄付をいただいた場合には、税制上の優遇措置が受けられます。

インターネットを利用した方法

 クレジットカード決済によりご寄付いただけます。右のボタンから、寄付お申込みのページに移動し、お手続きをお願いします。本学が寄付の決済代行を委託している株式会社エフレジ「F-REGI寄付支払い」でのお手続きとなります。
 なお、払込受領証をもって領収書に代えさせていただきますが、払込受領証は所得税の確定申告で所得の控除を受ける際に必要となりますので、大切に保管していただくようお願いいたします。

インターネットからのお申し込み


ゆうちょ銀行・郵便局を利用した方法

 本学所定の払込用紙をご利用いただきますと、払込料無料でお振り込みいただけます。ご希望の方には、払込用紙を郵送いたしますので、発展協力会事務局までお申し出ください。
 卒業生の方は、学報『おとずれ』に同封される『払込取扱票』(小型版)を使用し、最寄のゆうちょ銀行・郵便局でお払い込みください。
【郵便振替口座】
 加入者名: 学校法人 清泉女子大学発展協力会口
 口座番号: 00190-3-540354

銀行振込を利用した方法

 本学専用の振込用紙をご利用いただきますと、手数料がかかりません。ご希望の方には、振込用紙を郵送いたしますので、発展協力会事務局までお申し出ください。
 なお、銀行口座自動引き落としもご利用いただけます。ご希望の方は、お手続きの方法について発展協力会事務局までお問合せください。
【銀行口座】
  三菱UFJ銀行 目黒駅前支店
   普通預金: 0664861
   口 座 名: 学校法人 清泉女子大学発展協力会口

コンビニエンスストアを利用した方法(卒業生の方)

 卒業生の方は、学報『おとずれ』に同封される、お名前と金額が記載された『払込取扱票』(A4版)をお近くのコンビニエンスストアにお持ちいただき、払い込みをしていただくことが可能となっております。
 印字金額以外の金額をお支払いいただく場合は、金額を訂正の上、ゆうちょ銀行・郵便局でのお払い込みをお願いいたします。

本学窓口でのご寄付の方法

 本学事務局財務課窓口にて、現金によるご寄付を直接お受けすることができます。

寄付者ご芳名

清泉女子大学発展協力会の活動にご賛同いただき、ご寄付くださいました方々へ感謝の意を込めまして、ご芳名を掲載させていただきます。

寄付者芳名録

・2018年4月1日から2019年3月31日までにご寄付いただいた方を掲載いたします。
・匿名をご希望の方につきましては掲載を控えさせていただきますので、発展協力会事務局までご連絡をお願い致します。

発展協力会Q&A

これまでに寄せられたご質問の中から、よくいただくご質問とその回答を掲載しております。

発展協力会の目的や組織について教えてください。

「大学の財政基盤の確立および使命達成に寄与する」ことを目的として、1996年に発足した学校法人清泉女子大学の募金機関です。当会は、大学への寄付募集に関する企画立案とその運営を行うとともに、皆様からお寄せいただいた寄付金を有効に活用させていただくため、その使途等について検討し、大学へ提案を行っています。

大学を取り巻く環境が年々厳しさを増すなか、教育・研究活動を持続的に発展させていくためには、なお一層大学の財政基盤を強固なものとする必要があります。発展協力会は、こうした背景を踏まえ、卒業生、教職員をはじめとする関係者が協力して寄付を募り、財政的に大学を支援しようという趣旨で創設され発展してきた組織です。

寄付金の主な使途について教えてください。

寄付金は、教育研究活動の充実や施設設備等の環境整備、学生支援の拡充のために活用させていただいております。具体的には、奨学金、グローバル人材育成のための支援、ボランティア活動支援、キャンパスキャスト(大学行事等でサポート活動をする学生)への支援などに役立たせていただいております。

詳細につきましては、活動報告書をご参照ください。

寄付金の使途はどのようにして決められるのでしょうか。

発展協力会常任委員会(発展協力会の運営のために設置された委員会)の議を経て、大学の理事会の承認に基づき決定されます。常任委員会での審議に際しては、大学側より、大学が現在必要としている諸費用について、事前に常任委員会にその希望が伝えられます。

発展協力会への入会・退会の手続きについて教えてください。

当会へのご寄付は任意のものであり、当会への入退会はご随意に行っていただけます。
本会の趣旨にご賛同のうえ、任意でお決めいただいた金額をご寄付いただいた際に、ご本人に特段のご異論がない限り、その時点で本会に入会の手続きをとられたものとし、会員として登録させていただきます。
なお、退会を希望される場合は、発展協力会事務局までご連絡をお願いいたします。

会員区分には、どのようなものがありますか。

「個人会員」と「法人会員」がございます。
原則、個人会員は年額一口5千円以上、法人会員は年額一口10万円以上とさせていただいておりますが、一口未満のご寄付もありがたくお受けしております。

個人会員につきましては、①卒業生及び本学に在籍したことがある方、②卒業生や在学生のご父母及びそのご家族、③本学の現旧教職員、④一般有志の方を対象としております。なお、在学生につきましては、ご父母・保護者の皆様にお願いしている学園募金によるご寄付をお願い申し上げます。
また、30万円以上を一括でご寄付いただいた方、および寄付金の額が累計で30万円以上に達した方は「終身会員」として遇させていただきます。事務局より終身会員に切り替わった旨ご通知申し上げますので、特に手続きをしていただく必要はございません。終身会員となられた方からのご寄付につきましても、ありがたくお受けしております。

法人会員につきましては、本会の趣旨に賛同されてのご寄付であることを事前に確認させていただいたうえで、入会手続き(寄付金の受領)をさせていただきます。

寄付のお申込み方法を教えてください。

寄付のお申込みは、①コンビニエンスストア、②ゆうちょ銀行・郵便局、③銀行振込、④インターネット(クレジットカードによるご寄付)、⑤本学財務課窓口などの方法がご利用いただけます。また、事前の手続きにより、銀行口座の自動引き落としによるご寄付も可能です。
お手続きの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

クラス会やクラブのOG会など、グループによる寄付をすることはできますか。

個人ではなく、クラス会、クラブOG会といった単位でのご寄付も喜んでお受けいたします。また、クラス会などの申し合わせで毎年定期的にご寄付いただける場合も同様です。ただし、このようなケースでは、免税措置に必要な大学の領収書を各個人宛に発行できませんので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

税制面での優遇処置はありますか。

本学へのご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付金として、税制上の優遇措置を受けることができます。
寄附金控除には、「所得控除制度」と「税額控除制度」の2種類があり、確定申告の際には、寄付者ご自身においてどちらか一方の制度をご選択いただけます。
詳細につきましては、こちらをご参照ください。

発展協力会の運営はどのように行われていますか。

発展協力会には、会長、副会長、常任委員の役員が置かれています。また、発展協力会の運営のために常任委員会が設置されています。定例の常任委員会は、年3回(2月、5月、10月)開催されて、必要に応じて臨時の常任委員会が開催されることもあります。

発展協力会と大学との関係や位置づけ、また、麗泉会や泉会との関係について教えてください。

発展協力会の役員は全員理事会で選任されます。また、当会に総会はなく、独立性を有した組織ではありません。したがって、麗泉会(卒業生の会)、泉会(在学生保護者の会)とは異なり、当会の趣旨に賛同いただける方を募ってスムーズな寄付受け入れを促進するための大学の一部局、一機関と位置づけられます。
なお、泉会は、会費を募って、奨学金を始めとする独自の事業運営を行うとともに、主として大学の施設、学生厚生、課外授業等の分野を対象として、大学に対して直接寄付をしていただいております。

問い合わせ先

お申込みお問い合わせ
清泉女子大学 発展協力会事務局
〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21
(3号館1階 総務課内)
E-mail:hatten@ml.seisen-u.ac.jp
開室時間:(平日)9:00~17:00(土曜)9:00~13:00

03-3447-5551

TOP