清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  学部・大学院 >  文学部 >  共通科目 > 共通科目

共通科目

初年次教育を充実、4年後も見据えた人生の核を形作ります。

7つの分野を学び、自ら学ぶ力の基礎を養います

4年間を通じた教養

清泉女子大学では、全学科共通の科目群として「教養」の授業を重視しています。「文学部単科大学」の強みを生かした「教養」の構築をめざし、2021年度より新たなカリキュラムをスタートさせます。
「共通科目」には、多彩な科目が用意されています。共通英語などの外国語を学ぶ授業や建学の精神にかかわるキリスト教関連科目だけでなく、言語学、文学、美術、哲学、心理学、文化人類学などの人文学系の科目があります。また、各学科の専門科目では学ぶことのできない自然科学系・社会科学系の授業、キャリア教育関連科目もあり、4年間通して、教養としての知を学ぶ環境が準備されています。

「大学の学び」の入り口

「共通科目」のなかで、特に重視しているのが、1年生むけの初年次教育です。大学に入って最初の1年は、受験勉強までの学校の勉強とは異なる「大学の学び」に入る大事な時期です。この最初の1年間に、本学では、全学科共通の必修科目を用意しています。建学の精神を学ぶ「人間論」は、自分自身の生き方を見つめ、キャリア教育など将来の自分の道を考えていくうえで基礎となる科目です。また、「情報科学入門」は、情報関連の基礎的なスキルだけでなく、メディア・リテラシーも強化します。「外国語科目」では、より実践的な語学力の育成を図ります。

共通科目カリキュラム

画像をクリックすると、PDFファイルでご確認いただけます。

学科トピックス

TOPIC01

初年次教育科目
「初年次ゼミナール」と「初年次スタディーズ」では、大学の学びのための基礎的なスキルを身につけながら、身近な事柄のうちに「学問の知」が拓かれる楽しさ、驚きや喜びを味わい、多角的に探究し続ける知的好奇心を喚起します。

【初年次ゼミナール】
学科混成クラスで、少人数のグループワークを主軸に、基礎的なスキル(読む、調べる、問いを立てる、議論する、発表する、レポートを書く)を学びます。
【初年次スタディーズ】
身近なテーマを入り口に、その奥にある「学問の知」への関心を高めます。異なる専門のアプローチを学び、多角的な視座を獲得します。
TOPIC02

外国語科目
実践力と教養を高める英語・諸外国語のカリキュラム
英語授業では、対面授業とe-learningを組み合わせることで着実に力をつけていきます。実践力を育成すると共に、教養を高め、視野を広げる授業を提供します。また、スペイン語や中国語などの諸外国語も学習できます。

選択英語科目(スキル系、資格系、教養系)、スペイン語、ドイツ語、フランス語、中国語、他の諸外国語

科目紹介

●建学の精神科目

pickup!

キリスト教学
聖書を読み解き、キリスト教の本質を探ります
キリスト教の成立過程を歴史的、文献的に検討し、キリスト教について学びます。聖書や古代諸文書を読み解き、中心的使信であるイエス・キリストの福音での信仰はいかに生まれ、形成されたかを考えます。
●初年次教育科目

pickup!

戦国スタディーズ
ゲームを入り口に「戦国」を斬る!
社会現象となった刀剣をテーマにしたゲームを入り口に、様々な学科の教員が「戦国時代」に迫ります。戦国武将の織田信長、豊臣秀吉だけでなく、細川ガラシャや天正遣欧使節団、海を渡って『ドン・キホーテ』やシェイクスピア作品などにも注目。同時代の西欧も視野にいれ、キリスト教の日本布教や遣欧使節団が持ち帰った活版印刷技術の影響など、当時の文化・歴史を多角的に学びます。教科書とは違う「戦国」を、学生同士で議論しながら「正しい歴史とは何か?」をみんなで考えていきましょう。
●情報科学科目

pickup!

情報科学
現代社会で必要となるITスキルと情報活用を学びます
大学での学びや就職活動、社会生活に必要不可欠なパソコンの操作やインターネットの活用方法を学習するとともに、コンピュータネットワークの安全な利用方法や情報倫理などの情報リテラシーを修得します。
●教養科目

pickup!

暮らしの科学
食材を調理して食べるという日常生活を研究します
日常食べている代表的な食材を取り上げ、その性質、組成、歴史的変遷、栄養的な特徴を学びます。実際に調理を行いながら、その過程でおこる化学変化を考察し、塩分、糖分の感じ方を体験することで理解を深めます。

TOP