4年間のカリキュラム


世界の多くの国で使われているスペイン語を学び、世界中とつながるスペイン語スペイン文学科の4年間のカリキュラム


4年間の学びの流れ

西文カリキュラム表
画像または下の「カリキュラム表」ボタンをクリックすると、PDFファイルでご確認いただけます。
取得可能な免許・資格
●中学校・高等学校教諭一種 (英語*注1・イスパニア語・宗教*注2
●司書教諭 ●司書 ●学校司書 ●学芸員 ●日本語教員
*注1: スペイン語スペイン文学科の学生は「イスパニア語」の教員免許取得を条件に、他学科の科目を履修することにより「英語」の教員免許取得の道が開かれています。
*注2: 他学科の科目を履修することにより、教員免許取得の道が開かれています。

科目紹介

言語


スペイン語V、Vl

実践的な練習を通して、4技能の向上を目指します
ネイティヴの教員が担当する3年次の必修科目です。本学オリジナルの教材を用いて、さまざまなテーマのテキストを読みながら、読解力をさらに向上させます。また、より実践的な口頭練習を行うことで、中上級レベルを目指していきます。
スペイン語II (文法)

文学


ゼミナール3

ラテンアメリカ現代小説を原文や翻訳で味わい、背景を理解します
ラテンアメリカでは、20世紀以降すぐれた小説が数多く書かれました。このゼミナールでは、小説が書かれたラテンアメリカの社会背景や文化を学びながら、作品を精読します。学生同士のディスカッションも行い、ラテンアメリカについて理解を深めます。
p24_pickup_01

スペイン文学史

スペイン文学史を、時代背景やラテンアメリカとの関連に着目して学びます
スペイン文学が、時代の歴史、社会的な状況とどう関連しながら発展、変化してきたのかを考察します。スペインの文学ジャンルの誕生と消滅、作品や作家間の影響、ラテンアメリカ文学との関連を知り、文学を有機的にとらえます。
スペイン文学史

地域文化


ラテンアメリカ史

中南米・カリブの人、社会、文化について学びます
この講義ではラテンアメリカの世界的意義を学びます。15世紀末のヨーロッパ人進出以降、西洋の周縁に取り込まれた中南米・カリブ地域が大きな変動を経験しながら西洋近代の発展に資する富を生んだ点に注目します。
ゼミナールIV

卒業論文テーマ

卒業論文のテーマ例


  • Evolución de las películas de flamenco de Carlos Saura: De Bodas de sangre a Flamenco, flamenco
  •  ノンフィクションから貧困問題を考える
    ―メキシコを取材拠点とする工藤律子の著作を用いて―
  •  スペイン語翻訳本による日本文学の解釈について
    ―三島由紀夫「金閣寺」のスペイン語版を比較して―
  •  スペイン語の冠詞の用法を習得するための多読本の有効性の検討
  •  巡礼が人々に与える影響は何か ―サンティアゴ巡礼の考察―
  •  Estar para + 不定詞、estar por + 不定詞の教授法の提案
  •  アルゲダスの初期短編集『水』における山の神とキリスト教