在学生・卒業生の声


清泉女子大学の学び、それがどのような価値を生み出すのか、実際にインタビューしてみました。

スペイン語スペイン文学科_在学生・卒業生の声01



在学生インタビュー

* インタビュー内容・学年は取材当時のものです。
全てを開く
瀬川 理彩子さん(私立 仙台育英学園高等学校 出身)
西文瀬川さん2022

初めて習うスペイン語でも
自分の意見を言えるまでに成長
やればできると自信がつきました


瀬川 理彩子さん
スペイン語スペイン文学科 4年(2020年度)
私立 仙台育英学園高等学校 出身
この学科を選んだのは、高校の時に訪れたキューバでスペイン語に触れ、スペイン語という言語や文化に強い関心を持ったからです。1年次はスペイン語の基礎を学びます。少人数のため毎回ネイティヴの先生と会話する機会があり、習ったスペイン語を実践で使うこともできます。2年次の「文法」の授業は難易度が高く、習得まで時間がかかりましたが、その分しっかりと定着したことを実感しました。勉強以外では、スペイン語スペイン文学会に所属して、高校生向けの学科イベントを企画・運営したり、新入生に学校生活のアドバイスをするなど、忙しい日々を送っていました。さまざまな人々と交流する機会を積極的に持ったことで、コミュニケーション能力も向上。友人たちとの出会いのなかで、自分の考え方や行動も刺激を受けたと感じています。就職はスペイン語圏とも取引のある物流企業に決まりました。学んだスペイン語を活かすために、今後も語学の勉強を続けていきたいと思っています。
高校生へのメッセージ
中学や高校と違って自分の専門分野を探しながら志望校を決めるのはなかなか大変なことだと思います。わたしも本当にスペイン語専攻でいいのだろうか、清泉でいいのだろうかと悩んだこともありましたが、あの時の決断は間違えていなかった思えるほど、この大学で充実した4年間を送ることができました。ぜひ自分が学びたいことが学べる環境を一番に考えてみてほしいと思います。
小林 史佳さん(私立 聖徳大学附属取手聖徳女子高等学校 出身)
西文_在学生・卒業生の声02

スペイン語の学びを通して
豊かな心が育まれ、
世界が広がりました


小林 史佳さん
スペイン語スペイン文学科 4年(2019年度)
私立 聖徳大学附属取手聖徳女子高等学校 出身
大学では、英語、中国語に次いで母語話者が多いスペイン語を少人数で学びたいと思い、本学科を選びました。英語も学べるため、2つの言語を習得することができれば、世界中の人々と話せると思ったことも大きな理由です。ほどんどが初心者の1年次ではスペイン語の基礎から学びます。先生方はしっかりと定着するよう、学生の反応を見ながら丁寧に授業を進めてくださいます。「スペイン語圏文化概論」では、同じ言語を話していても国や地域によって文化が異なることを学び、現地で実際に見てみたいと思いました。2年次に学科主催の研修旅行に参加し、スペインで文学や歴史を学ぶ機会を得ました。ゼロからスタートしたスペイン語で会話できた時の喜びは学びの原動力につながり、帰国後は国際交流会に参加し会話力を磨いています。4年間でしっかりとしたスペイン語を身につけることができたのは、先生方の指導と、共に学ぶ仲間の存在があったから。スペイン語を通して、世界が広がりました。
高校生へのメッセージ
受験勉強は日々の積み重ねです。辛いことの方が多いと思いますが、努力した分結果は付いてきます。自分が何を勉強したいのか、考えながら悔いのない大学選択が出来るよう祈っています。
髙橋 愛蓮さん(私立 新島学園高等学校 出身)
西文_在学生・卒業生の声03

基礎から学んだスペイン語
4年間で各国の人と会話できる
レベルまで上達しました


髙橋 愛蓮さん
スペイン語スペイン文学科 4年(2018年度)
私立 新島学園高等学校 出身
高校生の頃、抑揚のあるスペイン語のリズムにひかれ、スペイン語に興味を持ちました。また、本学科を卒業した母の友人が、スペイン語を使いながら充実した人生を送っていると聞いたこと、オープンキャンパスに来た時に受けた雰囲気の良さに感動したことも本学科を志望した理由です。ネイティヴの先生に習うスペイン語の授業では、アルファベットから始めて、文法、会話など基礎的なことを徹底的に教わります。課題も多く大変でしたが、2年次になるとスペイン語だけで行われる授業の内容をほぼ理解できるようになりました。3年次に半年間、協定校へ留学をした時には、英語以外の言語で外国の人とコミュニケーションを取れる喜びを実感しました。就職先では外国の方と話す機会も多くなるため、4年間で身につけた語学力を生かして積極的なコミュニケーション、円滑な人間関係を築いていきたいと思っています。
高校生へのメッセージ
大学に入るには何より勉強が大切ですが、目標がぶれないように気持ちを高めることも大切です。私は何度も大学へ足を運び、パンフレットを読み込み、スペイン語を聞いて、息抜きをしながらモチベーションをあげていました。大学に入ったら何がしたいか、何を勉強したいか、目標を持って頑張ってください。
勝俣 結木さん(神奈川県立 松陽高等学校 出身)
西文_在学生・卒業生の声04

スペイン語が初めてでも
自然に力がついて
留学にも挑戦できました


勝俣 結木さん
スペイン語スペイン文学科 4年(2017年度)
神奈川県立 松陽高等学校 出身
この学科を選んだのは、第一言語としてスペイン語を話す人が世界中にたくさんいると知り、スペイン語が話せたら将来役に立つのではと思ったからです。1年次はスペイン語の基礎を文法、読解、作文、会話を通して学ぶのですが、すべての授業が関連していて、自然と力がつくのを実感できました。そして2年次に履修した「スペイン語圏文化概論II」では、スペイン語でレポートを書きあげたことが自信となり、留学をしようと決意。寮生活をしながら半年間スペインで学んだことで、挑戦する楽しさを知ることができました。また、学業以外には国際交流、ラテンアメリカダンスなどのクラブやボランティアグループSeoに所属。清泉には何かをがんばっている学生がたくさんいて、そんな素敵な友人と出会えるのも魅力だと思います。目標だった教員採用試験にも合格することができたので、英語とスペイン語の両方を教えられる教師として楽しい授業をしていきたいです。
高校生へのメッセージ
清泉の先生方は、一人ひとりとしっかりと向き合い、学習面だけではなく、学外活動についても手厚くサポートしてくださいます。私はこの大学で、これから社会に出て生きていくのに必要なことも教えていただきました。みなさんにも素晴らしい出会いが待っていると思います。

卒業生インタビュー

* インタビュー内容・学年は取材当時のものです。
全てを開く
[株式会社パソナ] 田中 あずみさん
卒業生西文_田中さん2022

卒業後もつづく、
清泉の学びとつながり


[株式会社パソナ]
キャリアデベロップメント室 専門職社員チーム
田中 あずみさん
2014年 スペイン語スペイン文学科 卒業
私立 佼成学園女子高等学校 出身
(2020年インタビュー)
大学では専門のスペイン語を学ぶだけでなく、英語サークルに所属し、複数の女子大学の学生たちと協力して合同ディスカッション大会を開催しました。この経験によって新しいものを創り上げる喜びを実感し、卒業後はシステムエンジニアに。充実の日々でしたが、学生時代から興味のあった貿易の仕事に挑戦したいと考え、転職を決めました。現在は、(株)パソナの専門職社員チームに所属し、派遣先の商社で貿易事務に携わっています。スペインからオリーブオイルを輸入する際のやり取りでは、スペイン語を活用。英語だけでなくスペイン語を使うことで、現地の方と円滑にコミュニケーションがとれ、スペイン語スペイン文学科での学びに感謝しています。
転職を考えていた頃、大学を訪問。先生方との会話や言葉が自分の進むべき道を考える貴重な機会になり、語学力を活かせる今の仕事につながっています。
[株式会社イベロ・ジャパン ツアーオペレーター] 土屋 美由さん
西文_在学生・卒業生の声06

スペイン語で
日本と海外をつなぐ


[株式会社イベロ・ジャパン]
ツアーオペレーター
土屋 美由さん
2015年 スペイン語スペイン文学科 卒業
埼玉県立 進修館高等学校 出身
(2018年インタビュー)
私はツアーオペレーターとして、スペイン語圏から日本に観光にいらっしゃるお客さまのために、ホテルやバス、レストランの手配などを行っています。遠い外国からのお客さまが、人生で1度かもしれない日本旅行を「楽しかった」と思ってくださることに喜びとやりがいを感じています。就職活動で強くこだわったのは、スペイン語を生かせる仕事であること。実はこの会社の求人を教えてくださったのは、ゼミナールの恩師、齋藤先生。清泉の先生方は、学生一人ひとりの個性や性格までも把握していらっしゃって、いつも的確なアドバイスをくださいました。
もともとスペイン語に興味をもったのは、高校時代に交換留学でメキシコに行ったのがきっかけです。でも、スペイン語がますます好きになったのは、大学2年次のスペイン研修旅行のおかげだと思います。3週間のサマースクールに参加したとき、これまで学んだスペイン語が伝わる喜びを実感し、それが自信につながりました。さらに、清泉の4年間ではスペイン語だけでなく、心理学やフランス語、栄養学など、興味を持った授業は学科の枠を越えて学んでいました。何でも挑戦してみる積極性と、新しいことを知る楽しさは、社会に出てからもとても役に立っています。
[JICA 青年海外協力隊] 永渕 三惠さん WEB限定
西文_在学生・卒業生の声07

スペイン語や日本語教員課程など、今、仕事をするうえで大切なことは全て清泉女子大学で身につけたことばかりです


[JICA 青年海外協力隊]
永渕 三惠さん
2008年 スペイン語スペイン文学科 卒業
私立 植草学園文化女子高等学校 出身
(現:植草学園大学附属高等学校)
(2017年インタビュー)
Q1:現在の勤務先に就職されたきっかけ、理由を教えてください。
以前私はメキシコで日本語教師として働いていましたが、その仕事に悩み、辞めることも考えていました。そんな時、ボリビアで当時、青年海外協力隊の獣医として働いていた友人から「あなたは協力隊に向いていると思う」と言われ、同じように協力隊OBの上司からも「あなたの力を試せるから、進退はその後考えたらどう?」というアドバイスを頂きました。それがきっかけです。

Q2:現在のお仕事の内容について概要を教えてください。
今はドミニカ共和国の首都にある国内唯一の国立総合大学であるサントドミンゴ自治大学で、週2日の日本語のクラスを受け持っています。他にも校内で行われる日本文化イベントやスピーチコンテスト、ドミニカ日本語教師会との連携や中米カリブ日本語教育ネットワーク等々です。また、日本舞踊の名取という特技を生かし、日本舞踊を通した日本文化普及にも力を入れています。

Q3:現在のお仕事でやりがいを感じる点、良かったと思う点を教えてください。
日本人と話す機会など滅多にない国ですが、その言葉に興味を持ち、勉強したいと思う人たちがいます。一生懸命勉強し、どんどん上達する学生をみていると、この仕事を続けていてよかったと思います。また、今までわからなかったことが理解できた瞬間の眼の輝きを見ることができることは、日本語教師として何ものにも変え難い喜びです。遠く離れたこの地で多くの学生が最初に出会う「日本人」、「日本」は私です。そこで「日本語や日本は面白い」と、もっと感じてもらえるきっかけを作ることに、やりがいを感じています。

Q4:清泉女子大学で学んだ4年間がお仕事や生活など、人生で活かされていると感じることは、どんなことですか。
今でも大切にしているのは、自分が少しでも興味を持ったことはやってみるということです。大学時代は興味のある授業や、やりたいことなどに積極的にチャレンジしました。忙しく充実した4年間でした。スペイン語を勉強したことや日本語教員課程で学んだことなど、今、仕事をするうえで大切なことは全てここで身につけたことばかりです。大学で学ぶことは、「すぐに結果に結びつく」ことばかりではありませんが、後から顧みれば一つひとつが貴重な財産だったと感じます。勉学以外にも、スペイン語スペイン文学会やラテンアメリカダンスサークルに所属していました。そこでも様々なことを体験し、先輩や後輩、同級生と幅広く繋がることができました。お互い進んだ道は違いますが、今でも交流は続いています。

Q5:清泉女子大学の学生生活で印象に残っているエピソードがございましたら教えてください。
清泉祭での思い出は強く印象に残っています。スペイン語スペイン文学会でタコスを売ったこと、スペインのアパレルブランドのADOLFO DOMINGUEZ共催の校内でのファッションショーにモデルとして2回も参加したこと、ラテンアメリカダンスサークルとしてステージに立ったことなど、その時は息をつく暇もなく清泉祭が過ぎたと感じていましたが、今、思い起こせば「よくやったな。楽しかったな」と思えるよい思い出です。

Q6:今後、清泉女子大学で学んだことを活かして、成長していきたい姿、将来の夢や抱負、目標などを教えてください。
清泉女子大学で過ごした4年間は本当に良い時間だったと思います。在学中はもちろん、卒業後も、国内外で清泉女子大学の先輩方とお会いする機会が何度もありましたが、皆パワー溢れる魅力的な女性ばかりでした。そんな先輩方を見習って、周りに良い影響を与え、大学時代の精神を忘れずに、挑戦し続ける人間でもありたいと願っています。2年後にドミニカから帰国した時、もっと輝いている自分になっていることが今の目標です。

Q7:「キャリアデザイン」のために在学中にやっておいた方が良いことがありましたらアドバイスをお願いいたします。
「興味のあることには積極的に挑戦する」ということに尽きると思います。その時はこんなことが何の役に立つのだろうと思ったことでも、実は自分の次のステップへとつながる「肥やし」になっていることも多いと思います。4年間の大学生活の中で、どのくらいそれを蓄えることができるのか、がとても重要です。あっという間に過ぎ去ってしまう4年間の大学生活。ぜひ充実した日々を過ごしてください。

Q8:高校生へのメッセージとして、清泉女子大学の良いところを教えてください。
清泉女子大学はとても小さな大学です。他の大学と比べれば決して派手ではありませんが、家族のように包み込んでくれる温かみのある大学だと思います。卒業した後も、私は「清泉に帰る」ことがよくあります。清泉祭の時などは大学時代の友人との間で「清泉祭行く?」とメッセージが飛び交います。また、こうしたイベント以外にも私は清泉に「帰る」ことがあります。在学中も卒業後も、スペイン語学科の先生や他学科の先生、助手の方、職員の方は声をかけ、笑顔で迎えてくださいます。他大学の友人からは、「何で卒業してからも大学へ行くの?」と驚かれますが、清泉は「また帰りたい」と思えるところなのです。世の中にはたくさん大学がありますが、そう思える場所は多くはないと私は思っています。旧島津公爵邸の美しい庭で、都会では珍しい「土」を踏みしめながら、四季の移ろいを感じる4年間。きっと、ここで過ごして良かった!と感じる日々になると思います。
西文_在学生・卒業生の声08

[株式会社オーバーシーズ ワイン部 営業] 横須賀 未央さん
西文_在学生・卒業生の声09

時とともにワインが育つように、
清泉での日々が
“なりたい自分”をかなえてくれる


[株式会社オーバーシーズ]
ワイン部 営業
横須賀 未央さん
2009年 スペイン語スペイン文学科 卒業
東京都立 晴海総合高等学校 出身
(2016年インタビュー)
卒業後はスペインバルで働き、次にスペインワインと食材を輸入する貿易会社に就職しました。その後、ソムリエの資格を取ったことを機に世界中のワインを販売したいと思い、現在の会社へ転職しました。在学中はスペイン語を活かし、すぐにそれが使える仕事に就くことばかり考えていました。しかし、それだけで就職先を見つけるのは難しく、本当に好きなことを仕事にできたのは、いろいろな経験を積み、人脈もできた20代半ばになってからです。こうした経験から言えるのは、自分がどんな人生を送りたいかをしっかりとイメージすることで、今どんな仕事に就いているにせよ、それまでに培った経験を糧に努力を続ければ、思い描いた未来を現実のものにすることができるということです。
在学中は、放送研究会に在籍していました。奥庭での発声練習は懐かしい思い出のひとつです。話すことに磨きをかけたこの頃の経験は、現在行っているワインの営業という仕事にも活きています。また、私は清泉の留学制度を利用してスペインに1年間の長期留学をしました。語学の習得はもちろん、文化を学ぶために数多くの映画と建築物に触れました。取引先に商品を勧める際、生産者の考えやワイナリーの文化、風俗といった背景のストーリーまで魅力いっぱいに語れば、相手の反応もぐっと良くなります。これも部活やスペインで暮らした経験があればこそ。清泉で過ごした日々は、期待以上のものを与えてくれました。勉強だけでなく、人生に関することにも相談に乗ってくれた先生方や友人の存在は本当に大きく、密度の濃い時間が流れていました。いまは北海道の余市でオリジナルのワイン造りに取り組んでいるので、今度はこれをスペインに向けて輸出したい。
ワインが取り持つ日西交流、それが、今日まで出会った人々への私なりの恩返しです。
私の中の清泉スピリット
勉強だけでなく、人生に関することにも相談に乗ってくれた先生方や友人の存在は大きく、密度の濃い時間が流れていました。留学制度を利用した語学習得や文化を学んだ清泉の日々は期待以上のものを与えてくれました。