メッセージ/コンセプト

日本語を正確に理解し、分析し、伝えていく力を身につける

日本語・日本文学にとことん向き合って、深く考えられる人になりましょう

fujii_Web用主任画像
 国際化が進む現代にあって、日本語日本文学科で学んで何になるの? ─そう思っている人も多いかもしれません。でも、私たちが物事を考えるときに土台となるのは、母語です。外国語は、土台である母語以上に話せるようにはなりません。このメッセージを読んでいるほとんどの人の母語は日本語のはずです。日本語と日本文学に向き合うことは、自らの思考の根幹を見つめることに繋がります。それは、どんな時代にあっても必要とされる「自分で考える力」を養うために、とても大切なことなのです。
 思考力を伸ばすために、日本語日本文学科では、段階的なカリキュラムを用意しています。1年次から無理のないステップで考察力と表現力を磨き、4年次で卒業論文に取り組みます。1人1人の「好きなこと」を尊重し、一生涯の「自信」に繋がる学びの場を提供します。女子大ならではの和やかで居心地のよい雰囲気の中で、「考える」ことの楽しさをぜひ体験して下さい。
2022日文びの領域

日本語日本文学科のDiploma Policy

Policy1

日本語学・日本古典文学・日本近代文学の専門的知識を習得している。

Policy2

日本語学・日本古典文学・日本近代文学の知見に基づく調査能力と論理的思考力と表現力を習得している。