清泉女子大学

  • English
  • Español
  • 文字サイズ
  • -
  • +
seisenポータル

トップ >  清泉ラファエラ・アカデミア >  受講のご案内 > 会員規約

会員規約

*受講する前にお読みください。

清泉ラファエラ・アカデミア(以下「ラファエラ・アカデミア」という)は、清泉女子大学生涯学習センター(以下「当センター」という)が所管する公開講座の呼称であり、ラファエラ・アカデミアに関わる一切の事務は当センターが行います。
ラファエラ・アカデミアの通常講座および一日講座の受講生はラファエラ・アカデミアの会員となります。

第1条(会員登録)

1.ラファエラ・アカデミアの会員登録は、初めての受講申し込みの時点で行われます。
2.受講の権利は譲渡・転売できません。
3.最終受講年度から数えて10 年間受講履歴がない場合、会員資格は失効となります。

第2条(登録データの変更)

当センターからの連絡は、会員が届け出たデータに基づいて行います。データに変更が生じた場合は、ただちに当センターに申し出てください。データ変更の不備により生じた不利益について当センターは責任を負いません。

第3条(個人情報の取り扱い)

受講申し込みの際に取得した個人情報は、次の目的以外に利用することはありません。
1. 受講生への連絡および受講資料(受講料振込用紙、受講案内、教材、アンケート等)の送付
2. 講座関連情報のご案内(パンフレット、チラシ等)
3. 受講生に関する資料の作成(名簿、出欠表、講座履修表、統計資料等)
なお、会員の個人情報は、次の場合を除き、ご本人の同意なしに第三者に開示・提供することはありません。
 ・法令等に基づき提供する場合。
 ・当センターのご案内をするためのパンフレットを配送するにあたり、配送委託会社に提供する場合。
 ・学外で行われる講座の傷害保険に加入するにあたり、保険会社に提供する場合。
また、個人情報に変更が生じた場合は速やかに当センターにご連絡ください。会員の個人情報は、清泉女子大学にて厳重に管理いたします。

第4条(受講資格)

1. 会員本人であること。
2. 申し込みに応じて、当該講座の受講証を発行します。
3. 入構の際は必ず受講証を携帯してください。

第5条(修了証・受講証明書・受講料の領収証)

1.修了証は所定の申請をし、講座回数の3分の2以上出席すれば発行されます。再発行はいたしません。
2.受講証明書は所定の申請をすれば、受講年度に限り発行されます。
3.受講料の領収証は所定の申請をすれば発行されます。

第6条(受講の解約)

受講手続き完了後の解約はできません。ただし、当センターが特に認めた場合は、この限りではありません。

第7条(確認事項)

他の会員および当センターに対する以下の行為を禁止します。

1.財産権・著作権・プライバシーまたはその他の権利を侵害する行為
2.他の会員や講師を誹謗中傷する行為または名誉を傷つける行為等、信用を毀損する行為
3.政治・宗教の勧誘行為
4.選挙に関する依頼・勧誘行為
5.公序良俗に反する行為
6.違法行為もしくは違法行為に結びつく行為
7.自己以外の人物を名乗る行為
8.営利を目的とした他の会員への勧誘行為
9.受講証を不正に使用する行為
10.他の会員の個人情報を収集・蓄積する行為
11.その他、当センターが不適切と判断した行為

第8条(会員資格の取消)

会員が、講師、他の会員、当センターまたは清泉女子大学に対し、第7条の禁止行為、その他の迷惑行為を行った場合は、会員資格を取り消します。

第9条(『学校において予防すべき感染症』について)

受講日に『学校において予防すべき感染症』に罹患している場合は、出席停止期間中、講座を受講することはできません。また、出席停止中の受講料は返還しません(『学校において予防すべき感染症』・出席停止期間に関しては、文科省のホームページ、本学ウエルネスセンター・保健室のホームページを参照してください)。

第10条(交通事情・天災による休講)

1.以下の場合は休講となります。
      (1)大学が全学休講となった場合
  (2)台風等の自然災害やストライキによる首都圏全域に及ぶ交通機関の運行中止
  (3)午前6時の時点で気象庁が、東京23 区東部、東京23 区西部、神奈川東部のいずれかに暴風警報または
     大雪警報を発令した日の全講座
  (4)暴風または大雪の警戒警報が発令された時刻以降の講座
  (5)自然災害などのため、講座開講が困難な場合
2.上記⒈の理由による休講の場合、原則として補講を行いますが、日程の都合等で補講を行えない場合もあります。
  補講に出席できない場合、また補講が行えない場合も受講料の返金はいたしません。
3.休講の場合、受講生に個別の連絡はいたしませんので、大学ホームページその他で、各自確認してください。

第11条(免責)

1.受講に際しての体調管理・安全配慮は自己責任で行うものとします。個人に生じる病気・事故
  その他の損害について、当センターは責任を負いません。
2.ホームページからの申し込みに際して、アクセス状態・第三者の行為により会員が受けた被害について、
  当センターは責任を負いません。

TOP