古典文学を学ぶ意義

なぜ古典文学を学ぶのか

大学でなぜ「日本語・日本文学」を学ぶのか。

私たちは、「日本語、日本近代文学および古典文学と向き合うことで、社会に出てからも役に立つ調査・分析手法、深い考察力を身につけてほしい」と考えています。
日文Web用1-01
その中でもなぜ「古典文学」を学ぶのか。

この問いに対して、1年生必修科目の「日本古典文学入門演習」を受講している学生からは、次のような回答が寄せられています。

  • 中高の頃に作った土台をもとに大学で改めて古典を学ぶことで、新しく得た視点から物事を考える力を養えるから
  • 過去の人々の考え方や歴史を学ぶことで現在との違いを比較し、これからに活かしていくことが出来るから
  • 海外進出が謳われるこの世の中で、あえて自分の国を知ること(=古典を学ぶこと)は原点回帰となり必要なことだから
  • 日本のことをより深く知ることができるので、海外の人と交流を持ったときに自国について自信を持って紹介することができるから

日本語日本文学科では、古めかしい価値観を押し付けたり、現代社会とはかけ離れた仮想の世界に遊ぶことを勧めたりしているわけではありません。学生たちは、「今」の国際社会を生きるために、古典を学ぶことの意義をしっかり踏まえて学びを深めています。

「日本古典文学入門演習」(1年次必修科目)

「日本古典文学入門演習」では、高校古典の復習をしながら、文法や和歌の修辞についての理解を深め、古典文学をより深く味わえるような知識を蓄えていきます。高校では触れることのなかった古典作品も紹介し、文学に描かれた多様な「人間」の姿を学びます。古の日本の文化や思想を知ることが、今の私たちの生き方を考えることに繋がるのです。

動画公開中 オンライン授業「日本古典文学入門演習」動画(YouTube)
なぜ「けり」に詠嘆の意味があるのか?(4:48)
授業紹介藤井由紀子 教授

調査・分析手法、考察力の身につけ方

2年次の「基礎演習」、3年次の「演習」では、自分で調べ、考え、まとめ、発表するというステップを経験してもらいます。それは、卒業論文に向けての段階的な学びであると同時に、論理的な思考力やプレゼンテーション力という、これからの人生に役立つスキルを高めるための訓練でもあります。
古典文学はどのように学ぶの
日本語で書かれた文献を正しく理解し、わかりやすい日本語で相手に伝えること。日本語日本文学科の学びで身につけた力は、どんな社会にあっても必要とされるものです。

取得できる資格・取得した人数

2021年3月卒業者(単位:人)
中学校教諭一種(国語)9高等学校教諭一種(国語)9
中学校教諭一種(宗教)*0高等学校教諭一種(宗教)*0
司書教諭2司書20
学校司書1学芸員2
日本語教員7

*他学科の科目を履修することにより、教員免許取得の道が開かれています。

卒業後の進路

業種別就職先_日本文_2021.3
主な就職先(直近数年間)
商社・小売:国際紙パルプ商事/住友商事マシネックス/ダイキンHVACソリューション東京/TASAKI/TOTOエムテック/トヨタL&F神奈川/中山福/富士ゼロックス千葉/富士電機ITソリューション 情報通信:クレオ/クレスコ/JR東日本情報システム/システナ/ゼンリン/DTS/東海ソフト/東邦システムサイエンス/トランスコスモス/ユニアデックス 金融・保険:城南信用金庫/大東京信用組合/東京東信用金庫/みずほフィナンシャルグループ/明治安田生命保険 物流:トランコム サービス:白洋舎 メーカー:積水樹脂/大同信号/日本電気(NEC)/久光製薬/富士製薬工業 教育:埼玉県教育委員会/東京都教育委員会 宿泊・飲食:星野リゾート・マネジメント 建設:アサンテ/共同エンジニアリング 専門サービス:りらいあコミュニケーションズ 公務:大田区役所